読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

二條家邸跡の石碑。

二條家邸跡の石碑を、発見しました。 その時の写真は、「二條家邸跡の石碑」に掲載しています。二條家とは、有名な家柄なのでしょうか。 日本の歴史に詳しい方なら、知っていると思います。ただ、そうでない方は、知らないのではないでしょうか。 私は、石碑…

京都大神宮の御朱印と御朱印帳。

京都大神宮では、御朱印を授与しています。 京都大神宮は、京都市下京区にある神社です。京都大神宮の御朱印は、通常のものが頂けます。 また、限定の御朱印も拝受可能です。それでは、オリジナルの御朱印帳はあるのでしょうか。 京都大神宮では、オリジナル…

繁昌神社の御朱印。

繁昌神社では、御朱印を授与しています。 繁昌神社は、京都市下京区にある神社です。昔は、班女神社と呼ばれていました。 それが訛って、繁昌神社と呼ばれるようになったそうです。班女神社の読み方は、「はんじょじんじゃ」。 繁昌神社の読み方は、「はんじ…

藤森神社の鳥居と近藤勇。

藤森神社を訪れた時、気になっていた所をチェックしました。 それは、藤野神社の南の鳥居です。なぜ、藤森神社の鳥居が気になったのでしょうか。 その理由は、「藤森神社の鳥居と近藤勇」に掲載しています。藤森神社は、京都市伏見区にある神社です。 勝運、…

坂本龍馬妻お龍寓居跡の石碑。

坂本龍馬妻お龍寓居跡の石碑を、発見しました。 石碑の写真は、「坂本龍馬妻お龍寓居跡の石碑」に掲載しています。坂本龍馬は、江戸時代末期の志士です。 人気がある人物なので、知っている方も多いのではないでしょうか。その坂本龍馬の妻が、お龍こと楢崎…

冠者殿社と誓文払い。

冠者殿社を、訪れました。 その時の写真は、「冠者殿社と誓文払い」に掲載しています。冠者殿社は、京都市下京区にある八坂神社の境外末社です。 冠者殿社と書いて、「かんじゃでんしゃ」と読みます。祭神は、素戔鳴尊(すさのおのみこと)です。 素戔鳴尊は…

神明神社と鵺退治。

神明神社を、訪れました。 その時の写真は、「神明神社と鵺退治」に掲載しています。神明神社は、京都市下京区にある神社です。 源頼政と鵺にゆかりがあります。源頼政は、平安時代末期の武将です。 京の夜を跋扈していた鵺を退治しました。その鵺の退治を命…

新玉津島神社と俊成社に参詣。

新玉津島神社と俊成社を、訪れました。 その時の様子は、「新玉津島神社と俊成社を参詣」に掲載しています。◆新玉津島神社についての簡単な説明◆文治2年(1186)に、後鳥羽天皇の勅命により、藤原俊成が和歌山県和歌浦の玉津島神社に祀られている歌道の神「…

鴨川の桜と鷺と鴨。

鴨川沿いを歩いて、桜を見てきました。 その時の写真は、「鴨川沿いの桜」に掲載しています。鴨川は、京都市の南北を流れる河川です。 約23キロの長さがあります。その鴨川沿いは、京都市民の憩いの場所です。 休息や散策、ジョギングしている方が、多くいま…

耳塚の桜。豊国神社前で満開。

耳塚の満開の桜を、見ました。 その時の写真は、「耳塚公園と耳塚の桜」に掲載しています。耳塚は、京都市東山区にある石塔と塚です。 豊臣秀吉の遺構の1つとなっています。◆耳塚についての簡単な説明◆天下統一を果たした豊臣秀吉は、朝鮮半島の支配のため侵…

豊国神社の桜。見頃や開花状況。

豊国神社を訪れて、桜の花を見てきました。 その時の写真は、「豊国神社の桜」に掲載しています。豊国神社は、京都市東山区にあるお寺です。 祭神として、豊臣秀吉を祀っています。境内は、無料で散策可能です。 ただし、宝物殿に入る場合は、拝観料金が必要…

智積院の桜。見頃や開花状況。

智積院を訪れて、境内に咲く桜を見てきました。 その時の写真は、「智積院の桜」に掲載しています。智積院は、京都市東山区にあるお寺です。 季節の花や移り変わりが楽しめます。智積院は、庭園の鑑賞は有料です。 しかし、それ以外の場所では、無料で散策出…

一文橋の由来。

一文橋を、見ました。 その時の様子は、「一文橋の由来」に掲載しています。一文橋は、長岡京市と向日市に架かる橋です。 どこにでもありそうな、コンクリート橋です。しかし、他とは一目で違いが分かる点もあります。 それは、欄干に巨大な一文銭が飾られて…

法住寺のしだれ桜とツバキ。見頃や開花状況。

法住寺を訪れた時、しだれ桜とツバキを見ました。 その時の写真は、「法住寺のしだれ桜とツバキ」に掲載しています。法住寺は、京都市東山区にあるお寺です。 ご本尊として、身代不動明王が祀られています。法住寺は、拝観料金が必要な観光寺院です。 しかし…

向日神社の桜。窓から見た光景。

向日神社の桜を、ちらっと見ました。 ちらっとしか見なかったのには、理由があります。それは、バスの乗っていたからです。 バスの窓越しに、向日神社の桜を鑑賞しました。窓越しですが、向日神社の桜を撮影。 その時の写真は、「向日神社の桜」に掲載してま…

JR長岡京駅の桜。

JR長岡京駅に、行く機会がありました。 その時に、駅周辺に桜を発見します。せっかくなので、桜の花を撮影しました。 その時の写真は、「JR長岡京駅の桜」に掲載しています。JR長岡京駅は、東海道本線にあるJRの駅です。 長岡天満宮などの名所の最寄駅になり…

光明寺の桜。見頃や開花状況。

光明寺の桜を、ぷらりと訪れて見てきました。 その時の写真は、「光明寺の桜」に掲載しています。光明寺は、京都府長岡京市にあるお寺です。 西山浄土宗の総本山となります。京都府の紅葉の名所です。 また、桜の花も楽しめます。ただ、紅葉の名所の方が有名…

長岡天満宮の桜。見頃や開花状況。

長岡天満宮の桜を、ぷらりと見に行きました。 その時の写真は、「長岡天満宮の桜」に掲載しています。長岡天満宮は、京都府長岡京市にある神社です。 菅原道真が、祭神として祀られています。地元の人から「天神さん」と呼ばれ親しまれる長岡天満宮。 四季の…

長徳寺のオカメ桜と寒緋桜。見頃や開花状況。

長徳寺のオカメ桜を、ぷらりと見に行きました。 その時の写真は、「長徳寺のオカメ桜」に掲載しています。長徳寺は、京都市左京区にあるお寺です。 朱雀・村上天皇の勅願所でした。阿弥陀寺も、京都市上京区にあるお寺です。 鴨川と高野川が合流するの近くに…

佛陀寺の桜と阿弥陀寺の桜。

佛陀寺と阿弥陀寺の桜を、ちらっと見てきました。 その時の写真は、「佛陀寺と阿弥陀寺の桜」に掲載しています。佛陀寺は、京都市上京区にあるお寺です。 朱雀・村上天皇の勅願所でした。阿弥陀寺も、京都市上京区にあるお寺です。 正親町天皇の勅願所でした…

白峯神宮の桜。

白峯神宮へ、桜の開花状況を見に行ってきました。 その時の写真は、「白峯神宮の桜」に掲載しています。白峯神宮は、京都市上京区にある神社です。 蹴鞠が有名で、境内に鞠庭があります。また、境内には蹴鞠の守護神を祀る摂社があります。 その摂社には、球…

平野神社の魁桜。

平野神社へ、満開の魁桜を見に行ってきました。 その時の写真は、「平野神社の魁桜」に掲載しています。平野神社は、京都市北区にある神社です。 京都の桜の名所でもあります。平野神社では、多くの種類を見る事が可能です。 染井吉野、平野寝覚、胡蝶や虎の…

本満寺のしだれ桜。見頃や開花状況。

本満寺へ、満開のしだれ桜を見に行ってきました。 その時の写真は、「本満寺のしだれ桜」に掲載しています。本満寺は、京都市上京区にあるお寺です。 京都の桜、そして牡丹の名所でもあります。特にしだれ桜は綺麗に咲くと、有名です。 本満寺しだれ桜は、西…

水火天満宮の登天石と菅原道真。

水火天満宮へ訪れた時、登天石を見ました。 登天石の説明は、「水火天満宮の登天石と影向松」に掲載しています。水火天満宮は、京都市上京区にある神社です。 天満宮から分かる通り、菅原道真を祀っています。境内はそれ程広くありません。 しかし、見所はた…

八坂庚申堂の三猿「見ざる言わざる聞かざる」。

八坂庚申堂を訪れた時、境内にいる三猿を探しました。 三猿といっても、本物の猿ではありません。「見ざる言わざる聞かざる」の三猿の意匠です。 八坂庚申堂の境内の至る場所に、存在しています。八坂庚申堂の三猿の写真は、「八坂庚申堂の三猿」に掲載して…

お茶の京都博とさくら茶会。

お茶の京都博が、開幕しました。 そのオープニングイベントが、背割堤が行われます。オープニングイベント名は、さくら茶会。 そのさくら茶会に、行ってみました。その時の様子は、「お茶の京都博と背割堤馬」に掲載しています。◆さくら茶会の簡単な説明◆さ…

岬神社(土佐稲荷)と坂本龍馬。

岬神社を、訪れました。 その時の写真は、「岬神社(土佐稲荷)と坂本龍馬」に掲載しています。岬神社は、京都府中京区にある神社です。 倉稲魂命を祀る事から、土佐稲荷とも呼ばれています。◆岬神社(土佐稲荷)の簡単な説明◆岬神社は、倉稲魂命と石栄神の…

飛行神社の鳥居。

飛行神社の前を通った時、鳥居を見てきました。 その時の写真は、「飛行神社の鳥居」に掲載しています。飛行神社は、京都府八幡市にある神社です。 空の神と伝わる饒速日命(にぎはやひのみこと)を祀っています。◆飛行神社と二宮忠八◆飛行神社は、二宮忠八に…

坂本龍馬中岡慎太郎遭難之地(近江屋)。

坂本龍馬中岡慎太郎遭難之地を、見てきました。 その時の写真は、「坂本龍馬中岡慎太郎遭難之地」に掲載しています。坂本龍馬と中岡慎太郎。 共に、幕末の志士です。そして、共に暗殺者に襲われました。 襲われた場所は、醤油商であった近江屋です。◆坂本龍…

坂本龍馬寓居之跡と酢屋。

坂本龍馬寓居之跡と酢屋を、見てきました。 その時の写真は、「坂本龍馬寓居之跡と酢屋」に掲載しています。坂本龍馬寓居之跡の石碑は、酢屋の前に建っています。 その酢屋は、坂本龍馬と海援隊士をかくまった材木商です。◆酢屋についての簡単な説明◆江戸時…

なすあり地蔵菩薩に祈願。

なすあり地蔵菩薩に、祈願しました。 その時の写真は、「なすあり地蔵菩薩に祈願」に掲載しています。なすあり地蔵菩薩は、地域のお地蔵様です。 そのため、知っている方は、少ないと思います。私も偶々花見小路通を歩いていた時に、発見しました。 それまで…

土佐藩邸跡の石碑。

土佐藩邸跡の石碑が、蛸薬師橋に置かれています。 蛸薬師橋を訪れて、土佐藩邸跡の石碑の写真を撮影しました。その時の写真は、「土佐藩邸跡の石碑」に掲載しています。土佐藩は、土佐国を領有した外様藩です。 土佐国とは、現在の高知県となります。幕末に…

五条大橋の牛若丸と弁慶の像。

牛若丸と武蔵坊弁慶の像が、五条大橋の近くに置かれています。 その2体の像が置かれている場所に訪れて、写真を撮影しました。その時の写真は、「五条大橋の牛若丸と弁慶の像」に掲載しています。牛若丸は、源義経の幼名です。 平氏打倒の功労者であり、様々…

鍾馗さんを京都の町で撮影。

鍾馗さんを、京都の町で撮影してきました。 様々なタイプあり、撮影していて楽しかったです。その時の写真は、「京都の町の鍾馗さん」に掲載しています。 良かったら、見ていって下さい。◆鍾馗さんの簡単な説明◆主に屋根の上に置かれている魔除けの瓦人形で…

十念寺の本堂。

十念寺の本堂を、見てきました。 その時の写真は、「十念寺の本堂」に掲載しています。十念寺は、京都市上京区にあるお寺です。 近代的な本堂が建っています。もとは、誓願寺内にあったお寺です。 しかし、豊臣秀吉の命により現在の地へと移りました。十念寺…

応仁の乱、勃発の地。

応仁の乱の勃発の地を、見てきました。 その時の写真は、「応仁の乱の勃発の地の碑」に掲載しています。◆応仁の乱についての簡単な説明◆室町時代の応仁元年に発生した内乱です。 その後、約11年も戦は続きました。畠山氏の家督争いが、事の始まりです。 その…

誓願寺の扇塚。

誓願寺の扇塚を、見てきました。 誓願寺の扇塚の写真は、「誓願寺の扇塚」に掲載しています。誓願寺は、京都市中京区にあります。 新京極の繁華街の中にあるお寺です。多くの歴史上の人物との縁があるお寺でもあります。 清少納言、和泉式部、松の丸殿などで…

河合神社の鏡絵馬と美人水。

河合神社を訪れた時、鏡絵馬を見て、美人水を飲みました。 これらについては、「河合神社の鏡絵馬と美人水」に掲載しています。河合神社は、京都市左京区にある神社です。 下鴨神社の境内摂末社となります。祭神は、玉依姫命です。 女性の美の神様として信仰…

野宮神社の鳥居。

野宮神社の鳥居は、日本最古の様式の鳥居です。 野宮神社の鳥居の写真は、「野宮神社の鳥居」に掲載しています。野宮神社は、京都市右京区にあります。 源氏物語ゆかりの神社です。ご利益は、良縁・子宝・学問。 特に人気が高いのが、良縁と子宝です。そして…

戒光寺の釈迦如来像。身代わりお釈迦様を鑑賞。

戒光寺を訪れた時、釈迦如来像を見ました。 釈迦如来像については、「戒光寺の釈迦如来像」に掲載しています。戒光寺は、京都市東山区にあるお寺です。 泉涌寺の塔頭となります。本尊は、丈六釈迦如来像です。 別名「身代わりお釈迦様」と呼ばれ、信仰されて…

錦天満宮の鳥居。

錦天満宮の鳥居は、京都の珍スポットの1つです。 錦天満宮の鳥居の写真は、「錦天満宮の鳥居」に掲載しています。錦天満宮は、京都市中京区にあります。 新京極の繁華街にある神社です。創建は、平安時代になります。 知恵・学問・商才にご利益がある神社と…

幽霊子育飴。由来や通販情報。

幽霊子育飴というのをご存知ですか。 みなとや幽霊子育飴本舗で、販売されている飴です。みなとや幽霊子育飴本舗は、京都市東山区にあります。 場所は、六波羅蜜寺のすぐ近くです。幽霊子育飴本舗の歴史は、450年以上。 飴屋さんに中では、老舗の飴屋さんで…

三十三間堂の夜泣泉と夜泣き封じのお地蔵さま。

三十三間堂を訪れた時、夜泣き封じのお地蔵さまに手を合わせました。 その時の写真は、「三十三間堂の夜泣泉」に掲載しています。三十三間堂は、京都市東山区にあるお寺です。 訪れる多くの人の目的は、仏像だと思います。国宝の千手観音坐像の気高い姿。 そ…

西福寺の梅。

西福寺を訪れた時、梅を見てきました。 その時の写真は、「西福寺の梅」に掲載しています。西福寺は、京都市東山区にあるお寺です。 正式名称は、桂光山敬信院といいます。本尊は、阿弥陀如来坐像。 そして、境内には子育地蔵が鎮座しています。この子育地蔵…

元祇園梛神社の御朱印。

元祇園梛神社では、御朱印を授与しています。 元祇園梛神社は、京都市中京区壬生にある神社です。通称「元祇園社」と呼ばれています。 また境内には、隼神社も鎮座しています。元祇園梛神社の御朱印は、通常のもの頂く事が可能です。 書置きではなく、御朱印…

西福寺の御朱印。

西福寺は、御朱印を拝受する事が出来ます。 西福寺は、京都市東山区にあるお寺です。所蔵品として、壇林皇后を描いたといわれる「九想図」。 「地獄絵図(六道十界図)」などが有名です。西福寺の御朱印は、通常のものがあります。 ただし、書置きのみの対応…

智積院の御朱印。

智積院で、御朱印を頂きました。 智積院は、京都市東山区にあるお寺です。智積院の御朱印は、通常のものがあります。 通常頂ける御朱印の種類は、いくつか存在しています。それでは、限定の御朱印はあるのでしょうか。 限定の御朱印も、青葉まつりの時に拝受…

三十三間堂の御朱印と御朱印帳。

三十三間堂の御朱印を、拝受しました。 三十三間堂は、京都市東山区にあります。三十三間堂と言えば、仏像です。 本堂には、多くの仏像が立ち並んでいます。国宝の千手観音坐像。 そして千体の千手観音立像です。そんな三十三間堂の御朱印は、通常のものがあ…

智積院の梅。

智積院を訪れた時、梅を見てきました。 その時の写真は、「智積院の梅」に掲載しています。智積院は、京都市東山区にあるお寺です。 京都の四季の花が楽しめる、隠れた名所となっています。梅、桜、アジサイ、つつじ、さつきなど。 広い境内のあちらこちらで…

法住寺の梅。

法住寺を訪れた時、梅を見てきました。 その時の写真は、「法住寺の梅」に掲載しています。法住寺は、京都市東山区にあるお寺です。 平安時代に、藤原為光によって創建されました。その後、後白河上皇が、この場所で院政を開始。 そして、木曾義仲に焼き討ち…