京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都観光

三千院のツワブキ2018、見頃や開花状況。

三千院の境内で、ツワブキの花を見る事が出来ます。 ツワブキが咲く場所は、三千院の庭園です。◆三千院についての簡単な説明◆三千院は、京都市左京区にあるお寺です。 天台宗五箇室門跡の1つに数えられます。最澄が比叡山で庵を結びました。 その時に、東塔…

蓮華寺のツワブキ2018、見頃や開花状況。

蓮華寺の境内では、ツワブキの花が咲きます。 ツワブキは黄色い花は、訪れる人の秋の訪れを教えてくれます。◆蓮華寺についての簡単な説明◆蓮華寺は、京都市左京区にあるお寺です。 市内には他の蓮華寺と区別するため、洛北蓮華寺と呼ばれています。創建の時…

圓徳院のツワブキ2018、見頃や開花状況。

圓徳院は、ツワブキの花が咲くお寺です。 初秋になると、ツワブキは黄色い花を咲かせます。◆圓徳院についての簡単な説明◆圓徳院は、京都市東山区にあるお寺です。 もとは、木下利房の邸宅でした。木下利房は、北政所ねねの甥にあたる人物です。 利房が邸宅を…

紫式部の墓所のムラサキシキブ2018、見頃や実り具合。

紫式部墓所は、京都の町中にあります。 その紫式部のお墓のそばで、ムラサキシキブが実を結びます。◆紫式部の墓所についての簡単な説明◆紫式部は、平安時代中期の女性作家、歌人です。 「源氏物語」の作者として名が知られています。紫式部のお墓は、その名…

実光院の紫式部2018、見頃や実り具合。

実光院は、京都で紫式部を見る事が出来る神社です。 紫式部は、紫の美しい実を結びます。◆実光院についての簡単な説明◆実光院は、円仁の9代目の弟子寂源が創建したお寺です。 天台声明を伝承するために建てました。勝林院の子院で、2つの庭園が見所です。 池…

平野神社の紫式部2018、見頃や実り具合。

平野神社は、京都で紫式部を見る事が出来る神社です。 秋になると境内で、紫式部が実を結びます。◆平野神社についての簡単な説明◆平野神社は、桓武天皇が平安遷都の際に、大和国の四座の神を勧請したのが始まりです。創建は、延暦13年(794)になります。 朝…

源光庵のススキ2018、見頃や場所。

源光庵は、京都でススキを見る事が出来るお寺です。 秋になると風に揺られ、訪れる人を出迎えてくれます。◆源光庵についての簡単な説明◆源光庵は、京都市北区鷹峯北鷹峯町にあります。 曹洞宗のお寺です。創建は、貞和2年(1364)の事になります。 創建当時…

等持院の山茶花2018、見頃や開花状況。

等持院は、京都で山茶花が咲くお寺です。 静寂の中、心穏やかに山茶花を眺める事が出来ます。◆等持院についての簡単な説明◆等持院は、京都市北区等持院北町にあります。 臨済宗天龍寺派の禅寺です。創建は、暦応4年(1341)になります。 夢窓疎石を開山とし…

金福寺の山茶花2018、見頃や開花状況。

金福寺は、京都で山茶花が咲くお寺です。 静寂の中、心穏やかに山茶花を眺める事が出来ます。◆金福寺についての簡単な説明◆金福寺は、京都市左京区一乗寺にあります。 もとは天台宗のお寺でしたが、現在は臨済宗南禅寺派のお寺です。創建は、貞観6年(864)…

城南宮の山茶花2018、見頃や開花状況。

城南宮は、京都の山茶花の名所です。 「源氏物語花の庭」で、美しく咲きます。◆城南宮についての簡単な説明◆城南宮は、平安遷都の際に建てられました。 都の南を守護するためです。国常立尊と八千矛神と神功皇后が祀られています。 ご利益は、方除、旅行安全…

恭仁宮跡コスモス畑2018、見頃や開花状況。

恭仁宮跡コスモス畑は、京都のコスモスの名所です。 コスモス畑は、恭仁小学校の児童達が栽培しています。◆恭仁宮跡についての簡単な説明◆恭仁宮は、平城京から遷都された都です。聖武天皇は平城京を離れ、伊賀、伊勢などを行幸して、天平12年(740)に恭仁…

静原コスモス畑2018、見頃や開花状況。

静原コスモス畑は、京都のコスモスの名所です。 コスモス畑は、静原町の各場所に点在しています。◆静原コスモス畑についての簡単な説明◆静原コスモス畑は、京都でもかなりの規模を誇るコスモス畑です。 京都市左京区静市静原町にあります。1つ1つのコスモス…

京都の梅擬が咲く名所。

京都には、梅擬の名所が存在しています。 京都の梅擬が楽しめる場所は、主にお寺などです。梅擬は、モチノキ科の落葉低木です。 梅擬と書いて、読み方は「ウメモドキ」になります。葉や枝ぶり、そして赤い実のつき方が梅に似ている植物です。 この事から、「…

京都の嵯峨菊が咲く名所。

京都には、嵯峨菊の名所が存在しています。 京都の嵯峨菊が楽しめる場所は、主にお寺などです。嵯峨菊は、京都府右京区嵯峨で育成された菊一品種群です。 約160年ほどの歴史があります。花の周りに長さ10cmほどの糸のように細い管状の花弁を多く付けるのがこ…

京都の石蕗が咲く名所。

京都には、石蕗の名所が存在しています。 京都の石蕗が楽しめる場所は、お寺や神社などです。石蕗は、黄色い綺麗な花を咲かせます。 石蕗と書いて、読み方は「ツワブキ」です。石蕗の名の由来は、葉がつやがあり蕗(ふき)に似ている事から「つやふき」、そ…

谷崎潤一郎文学の着物を見る展。

アサヒビール大山崎山荘美術館で、「谷崎潤一郎文学の着物を見る展」が行われます。◆アサヒビール大山崎山荘美術館についての簡単な説明◆アサヒビール大山崎山荘美術館は、「大山崎山荘」を利用した美術館です。「大山崎山荘」は、関西の実業家・加賀正太郎…

京都の杜鵑草が咲く名所。

京都には、杜鵑草の名所が存在しています。 京都の杜鵑草が楽しめる場所は、お寺や神社などです。杜鵑草は、紫色をした花を咲かせます。 杜鵑草と書いて、読み方は「ホトトギス」です。杜鵑草の名の由来は、鳥のホトトギスからきています。杜鵑草は、花や若…

京都の紫式部が咲く名所。

京都には、紫式部の名所が存在しています。 京都の紫式部が楽しめる場所は、お寺や神社などです。紫式部は、紫色の実がなる植物です。 紫式部の名の由来には、諸説あります。紫の実が清楚な感じがする事から、源氏物語の作者「紫式部」の名を付けられたとい…

京都の秋明菊が咲く名所。

京都には、秋明菊の名所が存在しています。 京都の秋明菊が楽しめる場所は、お寺や神社などです。秋明菊は、菊に似た花を咲かせます。 その事が、花の名の由来です。秋明菊と書いて、読み方は「しゅうめいぎく」です。そんな秋明菊は、秋に咲きます 例年の京…

京都の秋海棠が咲く名所。

京都には、秋海棠の名所がいくつかあります。 京都の秋海棠が楽しめる場所は、お寺や神社などです。秋海棠は、中国原産の花になります。 秋海棠と書いて、読み方は「しゅうかいどう」です。そんな秋海棠は、晩夏から秋にかけて咲きます 例年の京都での見頃の…

京都のススキが綺麗な名所。

京都には、ススキの名所がいくつかあります。 京都のススキの名所は、お寺や神社などです。特に庭園で、ススキを見る事が出来ます。 ススキは、秋の七草の一つで「尾花」とも書きます。そんなススキは、秋に風に美しく揺られます 例年の見頃の時期は、9月下…

萬福寺の月見の煎茶会2018。

萬福寺では、月見の煎茶会が行われます。 毎年中秋の頃に開催される煎茶会です。◆萬福寺についての簡単な説明◆萬福寺は、黄檗宗の大本山です。 中国の高僧、隠元禅師が開きました。隠元禅師は、もともとは中国福州府の黄檗山萬福寺の住持です。 江戸時代に渡…

モシュ印・コケ寺リウム、5つのお寺で開催。

モシュ印・コケ寺リウムが、京都市で開催されます。 モシュ印・コケ寺リウムとは、「苔」を用いたアート作品の展示展です。モシュ印とは、苔の英訳「moss(モス)」と御朱印を合わせた造語です。 御朱印の苔バージョンになります。苔を使って御朱印が、再現さ…

京都の百日紅が咲く名所。

京都には、百日紅の名所がいくつかあります。 京都らしい雰囲気を楽しみたいのなら、お寺で咲いている百日紅を見るのがオススメです。百日紅は、夏から初秋にかけて咲きます。 例年の見頃や開花時期は、7月下旬から9月下旬です。もちろん咲く場所によって、…

宙フェス2018、混雑するので2日間開催。

京都の嵐山で、宙フェス2018が開催されます。 宙フェスは、京都の初秋の定番になりつつあるイベントです。◆宙フェスについての簡単な説明◆宙フェスは、「上を向いて遊ぼう!」を合言葉に行われる秋の嵐山で行われるイベントです。第1回目の開催は、平成26年…

猿丸神社の紅葉2018、見頃や現在の状況。

猿丸神社の境内は、秋になるとカエデの木が紅葉します。 猿丸神社は、京都の隠れた紅葉の名所です。◆猿丸神社についての簡単な説明◆猿丸神社は、京都府宇治田原町にあります。 猿丸大夫を祀っている神社です。「奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声聞くときぞ …

大徳寺真珠庵の特別公開2018、襖絵公開。

大徳寺真珠庵で、平成30年(2018)に特別公開が行われます。 特別公開では、現代作家が描く襖絵を見る事が出来ます。◆大徳寺真珠庵についての簡単な説明◆大徳寺真珠庵は、大徳寺の塔頭です。 開祖は、一休禅師になります。創建は、永享年間です。 応仁の乱で…

笠置寺もみじ公園の紅葉2018、見頃や現在の状況。

笠置寺の境内には、もみじ公園があります。 秋になるともみじ公園の木々が色づき、紅葉します。◆笠置寺についての簡単な説明◆笠置寺は、奈良時代に始まったお寺です。 巨石に仏が刻まれ、寺院が建立されました。現在でも笠置寺の境内では、磨崖仏を見る事が…

大御堂観音寺の紅葉2018、見頃や現在の状況。

大御堂観音寺の境内の木々は、秋になると紅葉します。 大御堂観音寺は、京都府田辺市の紅葉スポットです。◆大御堂観音寺についての簡単な説明◆大御堂観音寺は、天武天皇の勅願により建てられました。 義淵僧正が創建したお寺です。そして聖武天皇の御願によ…

南禅寺の法堂の雲龍図。

南禅寺の法堂の天井には、雲龍図が描かれています。 南禅寺の雲龍図は、日本画家・今尾景年による大作です。◆南禅寺の法堂についての簡単な説明◆南禅寺は、臨済宗南禅寺派大本山の寺院です。 亀山法皇が開基、無関普門を開山として、創建されました。南禅寺…