京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

通天橋と紫陽花。

東福寺を訪れると、必ず臥雲橋から通天橋を見ます。
逆は、拝観料金が必要になるので、時々です。

夏の東福寺を訪れた時、いつも通り臥雲橋を渡りました。
その時、紫陽花が咲いているのを発見します。

◆通天橋についての簡単な説明◆

通天橋は、「東福寺三名橋」の1つです。
残りは、偃月橋と臥雲橋になります。

通天橋は、東福寺の境内に架かる橋です。
仏殿から常楽庵に至る渓谷「洗玉澗」に架けられています。

通天橋が建てられたのは、天授6年(1380)です。
春屋妙葩が谷を渡る僧の労苦を見て架けたと伝わっています。

通天橋は、昭和34年(1959)の台風により倒壊しました。
その後、昭和36年(1961)に再建されます。

通天橋から見る東福寺の紅葉は、絶景の一言です。
ただし、近年混雑による危険から橋からの撮影は禁止されています。

撮影禁止の期間は、東福寺の紅葉の見頃の時期です。

-終-

今回は、通天橋と紫陽花を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

東福寺の参道に咲く芙蓉と木槿。

東福寺の蓮が、見頃を迎えました。
東福寺の蓮、見頃や開花状況。

その時に、東福寺の南の山門で、芙蓉(フヨウ)を見ました。
そして、中大門付近で、木槿(ムクゲ)を発見します。

◆東福寺についての簡単な説明◆

東福寺は、臨済宗東福寺派の本山です。
九條家の菩提寺として、九條道家が創建しました。

奈良最大の寺院である「東大寺」。
奈良で最も盛大を極めた「興福寺」。

この2つの寺になぞらえようと「東」と「福」の字を取り、東福寺と名付けられました。

聖一国師が、開山です。
嘉禎2年(1236)から19年の歳月をかけて七堂伽藍を完成させます。

しかし、度重なる兵火と明治14年の失火で仏殿などが焼失します。
その後、焼失した伽藍は再建されました。

室町最古の三門や東司など貴重な建築も残っています。
三門は、国宝に指定されている建築物です。

また、京都の紅葉の名所でもあります。
通天橋や臥雲橋から望む紅葉の景色は、絶景と評判です。

-終-

今回は、東福寺の芙蓉を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

東福寺の境内で色づく半夏生。

東福寺へ、蓮を見るために訪れました。
東福寺の蓮、見頃や開花状況。

その時に、白色をした葉がある事に気づきます。
東福寺の半夏生です。

◆東福寺についての簡単な説明◆

東福寺は、臨済宗東福寺派の本山です。
九條道家が、九條家の菩提寺として創建しました。

奈良最大の寺院である「東大寺」。
奈良で最も盛大を極めた「興福寺」。

この2つの寺になぞらえようと「東」と「福」の字を取り、東福寺と名付けられました。

開山は聖一国師です。
嘉禎2年(1236)から19年の歳月をかけて七堂伽藍を完成させます。

しかし、度重なる兵火と明治14年の失火で仏殿などが焼失します。
その後、焼失した伽藍は再建されました。

室町最古の三門や東司など貴重な建築も残っています。
三門は、国宝に指定されている建築物です。

また、京都の紅葉の名所でもあります。
通天橋や臥雲橋から望む紅葉の景色は、絶景と評判です。

-終-

今回は、東福寺の半夏生を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

東福寺の本堂の東に咲く紫陽花。

東福寺へ、蓮を見るために訪れました。
東福寺の蓮、見頃や開花状況。

その時に、他の花も咲いているのに気づきます。
その花とは、紫陽花です。

◆東福寺についての簡単な説明◆

東福寺は、臨済宗東福寺派の本山です。
九條道家が、九條家の菩提寺として創建しました。

聖一国師を開山として、嘉禎2年(1236)から19年の歳月をかけて七堂伽藍を完成させました。

その後、度重なる兵火と明治14年の失火で仏殿などが焼失します。
しかし、焼失した伽藍は再建されて現在へ至ります。

室町最古の三門や東司など貴重な建築も残っています。
三門は、国宝に指定されている建築物です。。

また、京都の紅葉の名所でもあります。
通天橋や臥雲橋から望む紅葉の景色は、絶景です。

-終-

今回は、東福寺の蓮を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

天得院の御朱印と御朱印帳。

天得院では、御朱印を授与しています。
京都市東山区にある東福寺の塔頭です。

天得院の御朱印は、通常のものが頂けます。
種類は、神社名の御朱印1種類だけです。

それでは、オリジナルの御朱印帳はあるのでしょうか。
天得院には、御朱印帳が存在します。

御朱印を頂ける場所は、拝観受付です。
建物を入ったすぐの場所にあります。

拝観時間は、10時から16時30分まで。
ただし、通常は非公開のお寺です。

特別拝観の時のみ、御朱印の拝受が可能です。
また、御朱印は書置きのみのとなっています。

今回は、天得院の御朱印と御朱印帳を紹介します。
何かの役に立てば幸いです。

続きを読む