京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

法金剛院の嵯峨菊2018、見頃や開花状況。

法金剛院の境内で、嵯峨菊を見る事が出来ます。
嵯峨菊は、秋の訪れを告げる花の1つです。

◆法金剛院についての簡単な説明◆

法金剛院は、京都市右京区にあります。
律宗のお寺です。

平安時代に清原夏野が山荘を建てた場所にあり、もとはそこで双丘寺が営まれていました。

その後、文徳天皇が大伽藍を建てて天安寺とします。
さらに、中宮待賢門院が復興して法金剛院となりました。

極楽浄土を模した庭が有名です。
その庭の庭では蓮が咲き、人気を集めています。

拝観料金は、一般:500円、小中高生:300円。
拝観時間は、9時から16時。

-終-

今回は、法金剛院の嵯峨菊、見頃や開花状況をお届けします。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

三千院のツワブキ2018、見頃や開花状況。

三千院の境内で、ツワブキの花を見る事が出来ます。
ツワブキが咲く場所は、三千院の庭園です。

◆三千院についての簡単な説明◆

三千院は、京都市左京区にあるお寺です。
天台宗五箇室門跡の1つに数えられます。

最澄が比叡山で庵を結びました。
その時に、東塔南谷に一堂を建立したのが三千院の始まりです。

自然を生かした境内には、客殿や宸殿が立ち並んでいます。
また、聚碧園や有清園などの美しい庭園を有しているお寺です。

拝観料金は、一般:700円、中高生:400円、小学生:100円。
拝観時間は、8時30分から17時。

-終-

今回は、三千院のツワブキ2018、見頃や開花状況をお届けします。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

蓮華寺のツワブキ2018、見頃や開花状況。

蓮華寺の境内では、ツワブキの花が咲きます。
ツワブキは黄色い花は、訪れる人の秋の訪れを教えてくれます。

◆蓮華寺についての簡単な説明◆

蓮華寺は、京都市左京区にあるお寺です。
市内には他の蓮華寺と区別するため、洛北蓮華寺と呼ばれています。

創建の時期は、不明です。
もとは洛中にあった時宗のお寺でした。

お寺は、応仁・文明の乱の後に荒廃します。
その後、加賀藩の家老・今枝近義が現在へ地に再興しました。

石川丈山作とも伝わる蓮華寺の庭園は、輝くような新緑と鮮やかな紅葉の美しい光景を見る事が出来る庭園です。

そんな蓮華寺へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、叡山電鉄「三宅八幡駅」になります。

「三宅八幡駅」から徒歩です。
10分ほど歩けば到着です。

駐車場は、あります。
ただし、駐車台数は、少ないので注意が必要です。

今回は、蓮華寺のツワブキの紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。

-終-

今回は、蓮華寺のツワブキ2018、見頃や開花状況をお届けします。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

圓徳院のツワブキ2018、見頃や開花状況。

圓徳院は、ツワブキの花が咲くお寺です。
初秋になると、ツワブキは黄色い花を咲かせます。

◆圓徳院についての簡単な説明◆

圓徳院は、京都市東山区にあるお寺です。
もとは、木下利房の邸宅でした。

木下利房は、北政所ねねの甥にあたる人物です。
利房が邸宅を寺に改めて創建したが、円徳院になります。

円徳院は、北政所が晩年過ごしたお寺です。
亡くなる77歳まで、圓徳院で過ごしました。

円徳院の北書院北庭は、伏見城にあった北政所の化粧御殿前庭を移したものです。

桃山期の庭園様式を伝える貴重な庭になっています。

拝観料金:大人500円、中高生200円。
拝観時間:10時~17時。

-終-

今回は、圓徳院のツワブキ2018、見頃や開花状況をお届けします。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

紫式部の墓所のムラサキシキブ2018、見頃や実り具合。

紫式部墓所は、京都の町中にあります。
その紫式部のお墓のそばで、ムラサキシキブが実を結びます。

◆紫式部の墓所についての簡単な説明◆

紫式部は、平安時代中期の女性作家、歌人です。
「源氏物語」の作者として名が知られています。

紫式部のお墓は、その名の通り紫式部のお墓です。
正式な名称は、「紫式部墓所」といいます。

お墓の場所は、京都市北区紫野西御所田町内です。
墓所は開放されいるので、誰でもお参りする事が出来ます。

墓所内に設けられているのは、紫式部の墓石と石塔、顕彰碑です。
小屋も建っており、紫式部の肖像画や顕彰碑の解説を読む事が出来ます。

-終-

今回は、紫式部の墓所の紫式部、見頃や実り具合をお届けします。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む