京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都御苑の紅梅2018。

京都御苑を、訪れました。 蝋梅を見るのが目的です。また、紅梅の開花状況も確かめました。◆京都御苑についての簡単な説明◆京都御苑は、京都市上京区にあります。 京都市民の憩いの公園です。江戸時代は、宮家などの邸宅が立ち並ぶ町でした。 しかし明治にな…

京都御苑の蝋梅2018。

京都御苑を、訪れました。 苑内で咲いている蝋梅を見るためです。◆京都御苑についての簡単な説明◆京都御苑は、京都市上京区にある公園です。 京都市民の憩いの公園となっています。江戸時代は、公家の邸宅が立ち並ぶ町でした。 しかし明治になって、公園へと…

京都御苑のソシンロウバイ。見頃や開花状況。

京都御苑を、訪れました。 苑内で蝋梅が咲いていると、聞いたためです。◆京都御苑についての簡単な説明◆京都御苑は、京都市上京区にある国民公園です。 京都市民の憩いの場となっています。かつては、公家の邸宅が立ち並ぶ町でした。 明治になって、公園へと…

大蓮寺の走り坊さん。

大蓮寺の蝋梅を見に行きました。※大蓮寺の蝋梅は、こちらをご覧ください。 ★大蓮寺の蝋梅。見頃や開花状況。その時に、気になったが「走り坊さん」です。◆大蓮寺についての簡単な説明◆大蓮寺は、京都市東山区にあります。 浄土宗のお寺です。本尊は、阿弥陀…

大蓮寺の御朱印と御朱印帳。

大蓮寺では、御朱印を授与しています。 京都市東山区にあるお寺です。大蓮寺の御朱印は、通常のものが頂けます。 調べてみると、3種類ありました。それでは、オリジナルの御朱印帳はあるのでしょうか。 大蓮寺には、洛陽三十三観音の御朱印帳が存在します。…

大蓮寺の蝋梅。見頃や開花状況。

大蓮寺は、京都の蝋梅の名所です。 大蓮寺の蝋梅は、ちょうど見頃の時期になります。そこで、蝋梅を見るため、大蓮寺を訪れました。◆大蓮寺についての簡単な説明◆大蓮寺は、京都市東山区にあります。 浄土宗のお寺です。本尊は、阿弥陀如来。 開基は、専蓮社…

晴明神社の四神門。

晴明神社を、訪れました。 境内には、安倍晴明に関するものが置いてありました。晴明神社の四神門も、その1つです。◆晴明神社についての簡単な説明◆晴明神社は、京都市上京区にあります。 安倍晴明を祀っている神社です。安倍晴明が亡くなった後、創建されま…

節分の日の京都の舞妓さん。

京都で節分巡りをしました。 目的は、豆まきの豆と無料接待です。法住寺では、ぜんざい接待(志納制)。 西福寺では、お蕎麦接待。えびす神社では、幸福茶接待。 仲源寺では、福豆を頂きました。京都の節分巡りでは、もう1つ目的があります。 それは、舞妓さ…

仲源寺の節分会2018。

仲源寺の前を通った時の事です。 ちょうど、節分祭が開催されていました。◆仲源寺についての簡単な説明◆仲源寺は、京都市東山区にあります。 目疾地蔵尊(めやみじぞうそん)とも呼ばれるお寺です。治安2年に定朝が、四条橋の東北に地蔵尊を祀ったのが始まり…

えびす神社の節分2018。幸福茶の接待。

節分の日に、えびす神社に立ち寄りました。 えびす神社は、京都ゑびす神社の事です。◆えびす神社についての簡単な説明◆えびす神社は、京都市東山区にあります。 七福神の1柱であるゑびす神を祀る神社です。建仁寺の建立にあたって、その鎮守として創建されま…

六波羅蜜寺の豆まき。舞妓さんを撮影。

六波羅蜜寺の豆まきに参加しました。 そして、登場した舞妓さんを撮影しました。◆六波羅蜜寺についての簡単な説明◆六波羅蜜寺は、京都市東山区にあります。 真言宗智山派のお寺です。空也上人が開きました。 本尊は、十一面観音です。平安時代や鎌倉時代の彫…

西福寺でそばと焼きみかんの無料接待。

西福寺で、節分の接待を受けました。 温かいお蕎麦と焼きみかんを頂きました。◆西福寺についての簡単な説明◆西福寺は、京都市東山区にあるお寺です。 正式名称は、桂光山敬信院といいます。江戸時代初期の「九想図絵(檀林皇后作)」を所蔵している事で有名…

智積院の紅梅の開花状況2018。

智積院の豆まきの参加しました。 その後、境内を散策。智積院の紅梅の開花状況を調査しました。◆智積院についての簡単な説明◆智積院は、京都市東山区にあります。 真言宗智山総本山のお寺です。ご本尊は、金剛界大日如来です。 金堂に安置されています。 智…

法住寺の豆まき。舞妓さんによる小餅まるめ。

法住寺を、訪れました。 法住寺の節分会を楽しむためです。◆法住寺についての簡単な説明◆法住寺は、京都市東山区にあります。 天台宗のお寺です。平安時代に、藤原為光により創られました。 その後この場所で、後白河上皇が「法住寺殿」を営みます。白河上皇…

智積院の大護摩共法要と追儺式2018。

智積院を、訪れました。 智積院の大護摩共法要と追儺式を見るためです。追儺式は、簡単に言えば豆まきの事です。 智積院では、明王殿内で行われます。◆智積院についての簡単な説明◆智積院は、京都市東山区にあります。 真言宗智山総本山のお寺です。金堂には…

平重衡受戒の石碑。

京都駅から東寺へと歩いていました。 その時に、発見したのが平重衡受戒の石碑です。◆平重衡についての簡単な説明◆平重衡は、平安時代の武将です。 平清盛の五男として生を受けました。南都焼討で東大寺や興福寺を焼失。 水島の戦いなどで活躍し、勝利します…

粟田口の石碑。

京阪三条駅から粟田神社へ向かっている時の事です。 粟田口の石碑を発見しました。◆粟田口についての簡単な説明◆粟田口は、地名です。 三条通の白川橋東から蹴上付近の地名となります。上記の土地付近は、粟田氏が本拠地としていました。 その事から、粟田郷…

晴明神社の日月柱と太陰太極図。

晴明神社には、陰陽師関連のものが多くあります。 日月柱と太陰太極図などです。◆晴明神社についての簡単な説明◆晴明神社は、京都市上京区にあります。 安倍晴明が祀られている神社です。安倍晴明は、平安時代の陰陽師です。 天文暦学の道を極めました。その…

千利休屋敷跡の石碑。

晴明神社を、訪れた時の事です。 「千利休居士聚楽屋敷趾」の石碑を発見しました。「千利休居士聚楽屋敷趾」とは、千利休屋敷跡の事です。◆千利休についての簡単な説明◆千利休は、安土桃山時代の茶人です。 わび茶の完成に、努めました。茶聖とも呼ばれ、茶…

晴明神社の厄除桃。

晴明神社を、訪れました。 境内には、様々なものが置かれていました。厄除桃も、その1つになります。 置かれている場所は、本殿の前です。◆晴明神社についての簡単な説明◆晴明神社は、京都市上京区にある神社です。 祭神として、安倍晴明を祀っています。安…

閑院址。

豊臣秀吉妙顕寺城跡の石碑を発見。 そして、その横に閑院址も発見しました。◆閑院についての簡単な説明◆閑院は、藤原氏の邸です。 平安時代から鎌倉時代の初期までありました。当初は、藤原冬嗣邸でした。 11世紀初頭に、藤原公季になります。そして、藤原公…

禁裏道場蹟。

京都を歩いていた時の事です。 気になる石碑を発見しました。禁裏道場蹟です。◆禁裏道場についての簡単な説明◆禁裏道場は、般舟三昧院の事です。後土御門天皇が幼少期に住んでいた伏見殿に、仏閣を建立して勅願寺とした事が始まりと伝わっています。天台・真…

豊臣秀吉妙顕寺城跡の石碑。

御金神社の近くを歩いていた時の事です。 とある石碑を発見しました。豊臣秀吉妙顕寺城跡の石碑です。◆豊臣秀吉についての簡単な説明◆豊臣秀吉は、戦国時代の武将です。 三英傑の一人に数えられています。織田信長に仕官し、天下人への道を歩み始めました。 …

伊藤仁斎宅(古義堂)跡並びに書庫の石碑。

晴明神社から御金神社へ歩いていた時の事です。 ある石碑を発見しました。伊藤仁斎宅(古義堂)跡並びに書庫の石碑です。◆伊藤仁斎についての簡単な説明◆伊藤仁斎は、江戸時代の漢学者であり思想家です。 京都にて、生まれました。初めは朱子学を修めました…

御金神社のイチョウの葉。金運にご利益あり。

御金神社を、訪れました。 境内には、机に御神木の葉が置かれていました。イチョウの葉で、持つと金運にご利益があるという事です。◆御金神社についての簡単な説明◆御金神社は、京都市中京区にあります。 金山毘古神を祀っている神社です。金山毘古神は、鉱…

わら天神宮の綾杉明神。

わら天神宮を、訪れました。 初詣のためです。◆わら天神宮についての簡単な説明◆わら天神宮は、京都市北区にある神社です。 木花開耶姫命を祀っています。京都の神社の中でも、人気が高い安産・子授けにご利益がある神社です。わら天神宮で人気が高いお守り…

晴明井で病気平癒。

晴明神社を訪れました。 境内には、安倍晴明ゆかりのものが存在しています。晴明井も、その1つです。 晴明井は、二の鳥居を入った右側にあります。◆晴明神社についての簡単な説明◆晴明神社は、京都市上京区にあります。 安倍晴明を祀っている神社です。神社…

晴明神社の一条戻橋。

一条戻橋を、渡りました。 一条戻橋の由来。一条戻橋は、この他の場所にもう1つあります。 その場所とは、晴明神社です。◆晴明神社についての簡単な説明◆晴明神社は、京都市上京区にある神社です。 魔除けや厄除けに、ご利益があります。祭神は、安倍晴明で…

一条戻橋の由来。

一条戻橋を、渡りました。 奇妙な伝説が残る橋です。◆一条戻橋についての簡単な説明◆一条戻橋は、京都市上京区に架かる橋です。 一条戻橋の由来は、死者が舞い戻った伝説からきています。次のような話が伝わっています。 延喜18年の事です。文章博士・三善清…

わら天神宮の御朱印と御朱印帳。

わら天神宮こと敷地神社は、御朱印が頂ける神社です。 本殿と摂社の2種類の御朱印が頂けます。期間限定などの限定の御朱印は、どうなのでしょうか。 私が調べた限り、発見出来ませんでした。それでは、オリジナルの御朱印帳はあるのでしょうか。 わら天神宮…