京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都市外

藤森神社の蒙古塚。

藤森神社に、参詣しました。藤森神社の境内には、石碑や像などが多くあります。 蒙古塚も、その中の1つです。その写真は、「藤森神社の蒙古塚」に掲載しています。藤森神社についての簡単な説明藤森神社は、京都市伏見区にあります。 ご利益が、勝運・学問・…

浮島十三重石塔。

宇治浮島に、ある石塔が存在しています。 十三重石塔です。その写真は、「浮島十三重石塔」に掲載しています。十三重石塔についての簡単な説明十三重石塔は、宇治の浮島(※)に建つ石塔です。 (※京都府立宇治公園中の島)現存する石塔の中で、日本最大の最…

鴨川会場のライトアップ、京の七夕2017。

京の七夕2017が、京都で行われています。 京の七夕は、京都で開催される夏のイベントです。◆京の七夕についての簡単な説明◆旧暦の七夕に開催される京都の夏のイベントです。 開催場所が京都市の各地にあります 。鴨川会場と堀川会場が、メイン会場です。 様…

願行寺の霧がくれの弥陀。

願行寺の前を通った時、気になる案内板を発見しました。 願行寺の仏像を紹介する案内板です。この時の様子は、「願行寺の霧がくれの弥陀」に掲載しています。願行寺についての簡単な説明願行寺は、京都府宇治市にあるお寺です。 もとは慈心院尊勝寺と称して…

線刻阿弥陀三尊石仏(蜻蛉石)。

宇治を散策していた時の事です。 線刻阿弥陀三尊石仏を発見しました。その写真は、「線刻阿弥陀三尊石仏(蜻蛉石)」に掲載しています。◆線刻阿弥陀三尊石仏の説明◆阿弥陀三尊仏の来迎が、自然石に線彫りされている石仏です。 京都翔英高の近くに、自然石が…

宇治橋にある紫式部石像。

宇治橋を渡った時、ある石像を発見しました。 紫式部の石像です。その写真は、「宇治橋にある紫式部石像」に掲載しています。◆紫式部についての簡単な説明◆紫式部は、平安時代中期の女性文学者です。 源氏物語の作者としても、知られています。源氏物語は、…

宇治神社の木造狛犬。

宇治神社を、参詣しました。 その時に、木造の狛犬の存在を知りました。その写真は、「宇治神社の木造狛犬」に掲載しています。◆宇治神社についての簡単な説明◆宇治神社は、京都府宇治市にある神社です。 祭神として、菟道稚郎子が祀られています。菟道稚郎…

宇治川先陣の碑。

宇治を訪れた時、色々と散策しました。 散策の時に発見したのが、宇治川先陣の碑です。その写真は、「宇治川先陣の碑」に掲載しています。◆宇治川先陣の碑についての簡単な説明◆昔より水陸交通の要衝であった宇治。 様々な戦の舞台となりました。木曽義仲と…

宇治神社の兎楽の樹。

宇治神社を、参詣しました。 その時に、兎楽の樹も見てきました。その写真は、「宇治神社の兎楽の樹」に掲載しています。◆宇治神社についての簡単な説明◆宇治神社は、京都府宇治市にある神社です。 菟道稚郎子命が、祭神として祀られています。菟道稚郎子は…

宇治神社のみかえり兎。

宇治神社を、参詣しました。 その時に、本殿に祀られているみかえり兎を見ました。その写真は、「宇治神社のみかえり兎」に掲載しています。◆宇治神社についての簡単な説明◆宇治神社は、京都府宇治市にあります。 祭神は、菟道稚郎子命です。宇治橋の上流宇…

橋姫神社のご利益。縁切りの効果があり。

橋姫神社を、訪れました。 京都府宇治市にある小さな神社です。ご利益は、縁切りです。 悪縁を絶ち切ってくれる効果があります。祭神は、瀬織津媛。 様々な伝承が持っている神様です。瀬織津媛の伝承につていは、「橋姫神社に伝わる話」に掲載しています。◆…

三室戸寺のお願い地蔵。

三室戸寺社を訪れた時、お願い地蔵に祈願しました。 お願い地蔵は、1つだけ願いを叶えてくれます。その時の写真は、「三室戸寺のお願い地蔵」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあるお寺です。 光仁天皇の勅願により、創建され…

三室戸寺のハスとトンボ。

三室戸寺社を訪れた時、ハスの花を見ました。 また、蓮の葉に止まっていたトンボも撮影しました。その時の写真は、「三室戸寺のハスとトンボ」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあるお寺です。 光仁天皇の勅願により、行表が…

三室戸寺の浮舟の古跡碑。

三室戸寺社を訪れた時、古跡碑を発見しました。 発見した古跡碑は、浮舟のものです。その時の写真は、「三室戸寺の浮舟の古跡碑」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあるお寺です。 光仁天皇の勅願により、創建されました。西…

三室戸寺の貴乃花と若乃花の手形。

三室戸寺社を訪れた時、手形を見ました。 手形の主は、貴乃花と若乃花です。その時の写真は、「貴乃花と若乃花の手形」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあります。 光仁天皇の勅願により、創建されたお寺です。西国三十三所…

三室戸寺の狛牛。宝勝牛で勝運を祈願。

三室戸寺社を訪れた時、狛牛を見ました。 三室戸寺の狛牛は、宝勝牛の像の事です。その時の写真は、「三室戸寺の狛牛」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあります。 光仁天皇の勅願により、創建されたお寺です。ご本尊の千手…

三室戸寺の狛兎。福徳兎で運気アップ。

三室戸寺社を訪れた時、狛兎を見ました。 三室戸寺の狛兎は、福徳兎の像の事です。その時の写真は、「三室戸寺の狛兎」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあります。 光仁天皇の勅願により、創建されたお寺です。西国観音霊場…

三室戸寺の狛蛇。宇賀神で金運アップ。

三室戸寺社を訪れた時、狛蛇を見ました。 三室戸寺の狛蛇は、宇賀神の像の事です。その時の写真は、「三室戸寺の狛蛇」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあるお寺です。 光仁天皇の勅願により、創建されました。西国観音霊場…

三室戸寺のハート紫陽花と雨。

三室戸寺社を訪れた時、紫陽花を撮影しました。 その時の写真は、「三室戸寺のハート紫陽花と雨」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあるお寺です。 光仁天皇の勅願により、創建されました。西国観音霊場十番の札所、本山修験…

飛雲閣のライトアップ。特別公開で観賞。

西本願寺を、訪れました。 今回訪れた理由は、西本願寺花灯明を見るためです。西本願寺花灯明では、境内の建物がライトアップされます。 その中に、飛雲閣のライトアップも含まれています。飛雲閣の写真は、「飛雲閣のライトアップ」に掲載中です。飛雲閣を…

杉山谷不動尊(ひきめの滝)の新緑。

京都府八幡市を訪れた時、杉山谷不動尊を訪れました。 その時の写真は、「杉山谷不動尊の新緑」に掲載しています。杉山谷不動尊は、京都府八幡市にあります。 場所は、八幡宮頓宮西側、神応寺のさらに奥です。◆杉山谷不動尊について◆杉山谷不動尊は、八幡神…

神応寺の新緑。

京都府八幡市を訪れた時、神応寺を訪れました。 その時の写真は、「神応寺の新緑」に掲載しています。神応寺は、京都府八幡市にある曹洞宗のお寺です。 男山の北側に位置する場所に、存在しています。◆神応寺について◆神応寺は、貞観年間に創建されたと伝え…

安居橋の由来。

京都府八幡市を訪れた時、安居橋を渡りました。 その時の写真は、「安居橋の由来」に掲載しています。安居橋は、石清水八幡宮の近くに架かっている橋です。 石清水祭の舞台として親しまれています。◆石清水祭について◆石清水祭は、石清水八幡宮の神事の1つで…

善法律寺の新緑。

善法律寺を訪れて、新緑を見てきました。 その時の写真は、「善法律寺の新緑」に掲載しています。善法律寺は、京都府八幡市のあるお寺です。 八幡市の紅葉の名所となっています。◆善法律寺について◆善法律寺は、奈良唐招提寺末で律宗に属しているお寺です。 …

石清水八幡宮の新緑。

石清水八幡宮を訪れて、新緑を見てきました。 その時の写真は、「石清水八幡宮の新緑」に掲載しています。石清水八幡宮は、京都府八幡市のある神社です。 本殿や楼門が、国宝に指定されています。◆石清水八幡宮について◆平安時代に、八幡宮総本社の宇佐神宮…

石清水八幡宮五輪塔(航海記念塔)。

石清水八幡宮五輪塔を、見てきました。 その時の写真は、「石清水八幡宮五輪塔」に掲載しています。石清水八幡宮五輪塔は、京都府八幡市のある石塔です。 神応寺の山門の近くにあります。◆石清水八幡宮五輪塔について◆鎌倉時代に制作された五輪石塔です。 国…

さくらであい館の展望台。

さくらであい館を訪れて、展望台(展望塔?)に上ってみました。 その時の写真は、「さくらであい館の展望台」に掲載しています。さくらであい館は、京都府八幡市のあるランドマークです。 背割堤のすぐ近くにあります。背割堤は、京都府の桜の名所です。 全…

背割堤の新緑。

背割堤を訪れて、新緑を見てきました。 その時の写真は、「背割堤の新緑」に掲載しています。背割堤は、京都府八幡市にある堤防です。 全長約1.4キロある堤防となっています。背割堤は、京都府の桜の名所です。 また、飲食が出来るお花見の名所でもあります…

藤森神社の鳥居と近藤勇。

藤森神社を訪れた時、気になっていた所をチェックしました。 それは、藤野神社の南の鳥居です。なぜ、藤森神社の鳥居が気になったのでしょうか。 その理由は、「藤森神社の鳥居と近藤勇」に掲載しています。藤森神社は、京都市伏見区にある神社です。 勝運、…

一文橋の由来。

一文橋を、見ました。 その時の様子は、「一文橋の由来」に掲載しています。一文橋は、長岡京市と向日市に架かる橋です。 どこにでもありそうな、コンクリート橋です。しかし、他とは一目で違いが分かる点もあります。 それは、欄干に巨大な一文銭が飾られて…