京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都の像

菖蒲の節句発祥の地の石碑と像。

藤森神社に、行ってきました。藤森神社は、菖蒲発祥の地です。 境内には、菖蒲の節句発祥の地の石碑と像があります。その写真は、「菖蒲の節句発祥の地の石碑と像」に掲載しています。藤森神社についての簡単な説明藤森神社は、京都市伏見区にあります。 ご…

十二支エト達磨大師。

法輪寺を訪れた時、達磨大師の像を見ました。 十二支エト達磨大師です。その時の写真は、「法輪寺」に掲載しています。法輪寺についての簡単な説明法輪寺は、京都市上京区にあります。 別名「達磨寺」とも呼ばれるお寺です。境内に達磨堂があり、多くの達磨…

田辺朔郎の銅像。

インクラインに桜を見に行った時の事です。 その近くにある蹴上疏水公園で、ある銅像を見ました。田辺朔郎の銅像です。 その時の写真は、「田辺朔郎の銅像」に掲載しています。田辺朔郎についての簡単な説明田辺朔郎は、田辺孫次郎の長男として生まれました…

出雲の阿国の石像。

四条大橋の北東側に、ある像が立っています。 出雲の阿国の石像です。◆出雲の阿国についての簡単な説明◆ややこ踊りを基にして、かぶき踊りを創始した人物です。 その事から、歌舞伎の元祖と言われてます。出雲国杵築中村の里の鍛冶中村三右衛門の娘ではない…

首ふり地蔵で恋愛成就。

地蔵院善光寺堂を、参詣しました。 そして、首ふり地蔵に拝んできましたその時の様子は、「地蔵院善光寺堂の首ふり地蔵」に掲載しています。◆地蔵院善光寺堂について◆地蔵院善光寺堂は、清水寺の仁王門手前にあります。 縁結びにご利益があると、密かに人気…

宇治橋にある紫式部石像。

宇治橋を渡った時、ある石像を発見しました。 紫式部の石像です。その写真は、「宇治橋にある紫式部石像」に掲載しています。◆紫式部についての簡単な説明◆紫式部は、平安時代中期の女性文学者です。 源氏物語の作者としても、知られています。源氏物語は、…

宇治神社の木造狛犬。

宇治神社を、参詣しました。 その時に、木造の狛犬の存在を知りました。その写真は、「宇治神社の木造狛犬」に掲載しています。◆宇治神社についての簡単な説明◆宇治神社は、京都府宇治市にある神社です。 祭神として、菟道稚郎子が祀られています。菟道稚郎…

宇治神社のみかえり兎。

宇治神社を、参詣しました。 その時に、本殿に祀られているみかえり兎を見ました。その写真は、「宇治神社のみかえり兎」に掲載しています。◆宇治神社についての簡単な説明◆宇治神社は、京都府宇治市にあります。 祭神は、菟道稚郎子命です。宇治橋の上流宇…

松風天満宮(松宿院)の狛犬。

松風天満宮で、狛犬を見ました。 松風天満宮の狛犬は、京都で一番恐ろしい面構えをしています。その写真は、「松風天満宮(松宿院)の狛犬」に掲載しています。◆松風天満宮についての簡単な説明◆松風天満宮は、京都市東山区にある知恩院の塔頭です。 松宿院…

千本ゑんま堂(引接寺)の紫式部供養塔。

千本ゑんま堂を、訪れました。 その時に、境内に紫式部供養塔を発見しました。その写真は、「千本ゑんま堂の紫式部供養塔」に掲載しています。◆千本ゑんま堂についての簡単な説明◆千本ゑんま堂は、京都市上京区にあります。 正式名称は、光明山歓喜院引接寺…

桂小五郎像と長州藩邸跡の石碑。

桂小五郎像と長州藩邸跡の石碑を、見てきました。 2つは、京都ホテルオークラの周りにあります。◆桂小五郎についての簡単な説明◆幕末から明治にかけて活躍した武士であり政治家です。長州藩士で、吉田松陰の門下生でもあります。 維新後は、木戸孝之と改名し…

弥次喜多像と撫で石。

三条大橋の西南に、像と石が置いてあります。 弥次喜多像と撫で石です。◆弥次喜多についての簡単な説明◆十返舎一九が書いた滑稽本「東海道中膝栗毛」。 この本は、江戸時代後期に書かれました。その主人公が、弥次郎兵衛と喜多八。 弥次喜多の2人です。東海…

八ッ橋発祥の地と西尾為治の像。

熊野神社を訪れた時、八ッ橋発祥の地の石碑を見ました。 その時の写真は、「八ッ橋発祥の地と西尾為治の像」に掲載しています。◆熊野神社についての簡単な説明◆熊野神社は、京都市左京区聖護院にあります。 京都三熊野の1つです。縁結びや安産、病気平癒、鎮…

三室戸寺のお願い地蔵。

三室戸寺社を訪れた時、お願い地蔵に祈願しました。 お願い地蔵は、1つだけ願いを叶えてくれます。その時の写真は、「三室戸寺のお願い地蔵」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあるお寺です。 光仁天皇の勅願により、創建され…

三室戸寺の狛牛。宝勝牛で勝運を祈願。

三室戸寺社を訪れた時、狛牛を見ました。 三室戸寺の狛牛は、宝勝牛の像の事です。その時の写真は、「三室戸寺の狛牛」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあります。 光仁天皇の勅願により、創建されたお寺です。ご本尊の千手…

三室戸寺の狛兎。福徳兎で運気アップ。

三室戸寺社を訪れた時、狛兎を見ました。 三室戸寺の狛兎は、福徳兎の像の事です。その時の写真は、「三室戸寺の狛兎」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあります。 光仁天皇の勅願により、創建されたお寺です。西国観音霊場…

三室戸寺の狛蛇。宇賀神で金運アップ。

三室戸寺社を訪れた時、狛蛇を見ました。 三室戸寺の狛蛇は、宇賀神の像の事です。その時の写真は、「三室戸寺の狛蛇」に掲載しています。◆三室戸寺についての簡単な説明◆京都府宇治市にあるお寺です。 光仁天皇の勅願により、創建されました。西国観音霊場…

宗忠神社の逆立ちした狛犬。

宗忠神社を訪れた時、狛犬を見ました。 宗忠神社の狛犬は、逆立ちをしています。その写真は、「宗忠神社の逆立ちした狛犬」に掲載しています。◆宗忠神社について◆宗忠神社は、黒住教の教祖である黒住宗忠を祀る神社です。 文久2年(1862)2月25日に、創建さ…

西院春日神社の一願蛙。

西院春日神社を訪れた時、一願蛙を見ました。 その時の写真は、「西院春日神社の一願蛙」に掲載しています。西院春日神社は、京都市右京区にある神社です。 病気平癒にご利益がある疱瘡石が、存在しています。◆西院春日神社についての簡単な説明◆西院春日神…

東寺の贔屓。

東寺を訪れた時に、贔屓を見ました。 贔屓と書いて、読み方は「ひいき」です。その時の写真は、「東寺の贔屓と万病ぬぐいの布」に掲載しています。ところで、贔屓って何だと思いますか?◆贔屓についての簡単な説明◆贔屓とは、中国で生まれた想像上の動物です…

岬神社(土佐稲荷)と坂本龍馬。

岬神社を、訪れました。 その時の写真は、「岬神社(土佐稲荷)と坂本龍馬」に掲載しています。岬神社は、京都府中京区にある神社です。 倉稲魂命を祀る事から、土佐稲荷とも呼ばれています。◆岬神社(土佐稲荷)の簡単な説明◆岬神社は、倉稲魂命と石栄神の…

五条大橋の牛若丸と弁慶の像。

牛若丸と武蔵坊弁慶の像が、五条大橋の近くに置かれています。 その2体の像が置かれている場所に訪れて、写真を撮影しました。その時の写真は、「五条大橋の牛若丸と弁慶の像」に掲載しています。牛若丸は、源義経の幼名です。 平氏打倒の功労者であり、様々…

鍾馗さんを京都の町で撮影。

鍾馗さんを、京都の町で撮影してきました。 様々なタイプあり、撮影していて楽しかったです。その時の写真は、「京都の町の鍾馗さん」に掲載しています。 良かったら、見ていって下さい。◆鍾馗さんの簡単な説明◆主に屋根の上に置かれている魔除けの瓦人形で…

三十三間堂の夜泣泉と夜泣き封じのお地蔵さま。

三十三間堂を訪れた時、夜泣き封じのお地蔵さまに手を合わせました。 その時の写真は、「三十三間堂の夜泣泉」に掲載しています。三十三間堂は、京都市東山区にあるお寺です。 訪れる多くの人の目的は、仏像だと思います。国宝の千手観音坐像の気高い姿。 そ…

高山彦九郎像(土下座像)の正体。

高山彦九郎像は、京都市東山区にあります。 三条大橋の東側に、存在感ある姿で存在。高山彦九郎……。 そんな人の像なんて、あったかな? いやそもそも、高山彦九郎って誰なの?そう思われる方も、次の通称を聞けば像の存在を思い出すのでは? 高山彦九郎像、…