京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都市下京区

西本願寺の埋め木。

西本願寺を訪れた時、埋め木の特集をやっていました。 西本願寺の埋め木は、瓢箪やハート、富士山などがあります。その特集を、写真に撮りました。 写真は、「西本願寺の埋め木」に掲載しています。◆西本願寺について◆西本願寺の場所は、京都市下京区です。 …

平清盛の終焉推定地(高倉天皇誕生地)。

平清盛の終焉推定地を訪れて、石碑を見てきました。 石碑の写真は、「平清盛の終焉推定地(高倉天皇誕生地)」に掲載しています。◆平清盛について◆平清盛は、平安時代末期の武将です。 平忠盛の長男として生まれ、後に平氏棟梁となりました。保元の乱や平治…

西本願寺のおてらかふぇ。

西本願寺を訪れた時、おてらかふぇに入ってみました。 おてらかふぇの写真は、「西本願寺のおてらかふぇ」に掲載しています。西本願寺は、京都市下京区にある寺院です。 浄土真宗本願寺派の本山でもあります。◆西本願寺のおてらかふぇについて◆西本願寺の境…

西本願寺の梵鐘。ライトアップも掲載。

西本願寺を、訪れました。 西本願寺花灯明の行事を、見るためです。この行事では、西本願寺の境内の建物がライトアップされます。 また、夜間拝観が行われ、夜の書院や飛雲閣を楽しめます。その西本願寺花灯明で、梵鐘の写真を撮影しました。 その時の写真は…

唐門のライトアップ。西本願寺で観賞。

西本願寺を、訪れました。 西本願寺花灯明の行事が、行われているためです。西本願寺花灯明では、境内の建物がライトアップされます。 また、書院や飛雲閣の夜間拝観が行われます。その西本願寺花灯明で、唐門のライトアップを見ました。 その時の写真は、「…

飛雲閣のライトアップ。特別公開で観賞。

西本願寺を、訪れました。 今回訪れた理由は、西本願寺花灯明を見るためです。西本願寺花灯明では、境内の建物がライトアップされます。 その中に、飛雲閣のライトアップも含まれています。飛雲閣の写真は、「飛雲閣のライトアップ」に掲載中です。飛雲閣を…

西本願寺花灯明。ライトアップされた境内。

西本願寺を訪れました。 目的は、西本願寺花灯明を見るためです。ライトアップされた西本願の写真は、「西本願寺花灯明」に掲載しています。西本願寺は、京都市下京区にあるお寺です。 京都市民からは「お西さん」と呼ばれ、親しまれています。◆西本願寺花灯…

京都大神宮の御朱印と御朱印帳。

京都大神宮では、御朱印を授与しています。 京都大神宮は、京都市下京区にある神社です。京都大神宮の御朱印は、通常のものが頂けます。 また、限定の御朱印も拝受可能です。それでは、オリジナルの御朱印帳はあるのでしょうか。 京都大神宮では、オリジナル…

繁昌神社の御朱印。

繁昌神社では、御朱印を授与しています。 繁昌神社は、京都市下京区にある神社です。昔は、班女神社と呼ばれていました。 それが訛って、繁昌神社と呼ばれるようになったそうです。班女神社の読み方は、「はんじょじんじゃ」。 繁昌神社の読み方は、「はんじ…

冠者殿社と誓文払い。

冠者殿社を、訪れました。 その時の写真は、「冠者殿社と誓文払い」に掲載しています。冠者殿社は、京都市下京区にある八坂神社の境外末社です。 冠者殿社と書いて、「かんじゃでんしゃ」と読みます。祭神は、素戔鳴尊(すさのおのみこと)です。 素戔鳴尊は…

神明神社と鵺退治。

神明神社を、訪れました。 その時の写真は、「神明神社と鵺退治」に掲載しています。神明神社は、京都市下京区にある神社です。 源頼政と鵺にゆかりがあります。源頼政は、平安時代末期の武将です。 京の夜を跋扈していた鵺を退治しました。その鵺の退治を命…

新玉津島神社と俊成社に参詣。

新玉津島神社と俊成社を、訪れました。 その時の様子は、「新玉津島神社と俊成社を参詣」に掲載しています。◆新玉津島神社についての簡単な説明◆文治2年(1186)に、後鳥羽天皇の勅命により、藤原俊成が和歌山県和歌浦の玉津島神社に祀られている歌道の神「…

三日月宗近を、四条大宮駅で撮影。

三日月宗近を、撮影しました。三日月宗近は、刀の銘です。 ただ、私が撮影したのは、等身大パネルの方となります。しかも、刀のパネルを撮影したのではありません。 刀剣男士の等身大パネルを、撮影しました。刀剣男士とは、擬人化した刀の事です。 刀剣乱舞…

京都駅前の羅城門。

京都駅に前に、羅城門が置かれています。 その羅生門を、撮影しました。また、羅城門には、小銭が置かれているのを発見。 お賽銭か何かでしょうか?その時の羅城門の写真は、「京都駅前の羅城門」の掲載しています。羅城門は、平安京の南に建てられて門です…

市比賣神社の御朱印と御朱印帳。

市比賣神社は、京都市下京区にあります。 御朱印が頂ける神社です。市比賣神社の御朱印は、通常のものがあります。 また、京都十六社朱印めぐりの御朱印も頂く事が可能です。京都十六社朱印めぐりの御朱印は、期間限定での授与。 ある意味限定の御朱印にあた…

京都駅のスタンプと設置場所。

京都駅には、JR京都駅や近鉄京都駅が存在しています。 オリジナルスタンプが、設置してあります。スタンプが設置されている場所は、2箇所です。 1つはJR京都駅、もう1つが京都総合観光案内所。JR京都駅は、駅構内にあります。 スタンプの設置場所は、西口改…

西本願寺の紅葉。イチョウが見頃。

西本願寺は、京都市下京区にあるお寺です。 広大な敷地の中には、イチョウが点在しています。秋には、そのイチョウが綺麗に紅葉(黄葉)。 西本願寺の境内を、美しく彩ります。イチョウと言えば、高い木のイメージがありませんか? 西本願寺の木々も、基本的…

西本願寺の献菊展2016。

西本願寺は、京都市下京区にあります。 御影堂や飛雲閣など、国宝が多いお寺です。そんな西本願寺で、秋に恒例の行事が行われます。 本願寺献菊展です。西本願寺の秋の風物詩である献菊展。 毎年この行事を楽しみにしてる人もいる程です。西本願寺は、誰でも…

京都タワー階段のぼり2016。春と秋に開催。

京都タワーは、京都市下京区にあります。 世界一高い「無鉄骨建築」です。京都市の玄関口、京都駅の目の前に建っています。 その形から、ローソクがモチーフと思う人もいるのでは?しかし、残念ながら違います。 海を照らす灯台がモチーフの建造物です。そん…

西本願寺のライトアップ2016。混雑具合や時間。

西本願寺は、京都市下京区にある寺院です。 約400年の歴史で初めて、西本願寺のライトアップが開催。普段は混雑もなく、ゆったりと時間が過ごせる西本願寺。 しかし、西本願寺のライトアップ期間は、混雑が予想されます。西本願寺のライトアップの題は、「花…

京都タワーのライトアップ!!個人サービス開始。

京都タワーは、京都市下京区にあります。 世界一高い「無鉄骨建築」です。京都市の玄関口「JR京都駅」。 そのJR京都駅の中央改札口を出た所に建っている京都タワー。そのため、京都市を訪れた人は、頻繁に目にします。 1度は見たことがある方も、多いのでは…

夏の夜のすいぞくかん2016。京都水族館のナイトツアー。

京都水族館は、京都市下京区にあります。 京都市内で水の生物が楽しめる場所です。そんな京都水族館では、夏に様々なイベントを開催。 夏の夜のすいぞくかんも、その内に1つです。その名称から分かる通り、夜に京都水族館が楽しめます。 大人から子供まで、…

文子天満宮へのアクセス。京都駅からの行き方。

文子天満宮は、京都市下京区にあります。 菅原道真と乳母多治比文子を祀っている神社です。京都駅から徒歩圏内。 境内は、無料で散策可能となっています。京都駅から行く場合は、オススメはもちろん徒歩。 歩いて10分ほどで到着します。他にも、市バスやタク…

文子天満宮の夏越の大祓2016。水無月の接待あり。

文子天満宮は、京都市下京区にあります。 天神信仰発祥の神社です。そんな文子天満宮で、夏に行われる行事があります。 文子天満宮の夏越の大祓です。夏越の大祓では、茅の輪くぐりも一緒に行われる事が多いです。 しかし、文子天満宮では、茅の輪くぐりは行…

京都鉄道博物館、ゴールデンウィークにオススメ!

京都鉄道博物館は、京都市下京区にあります。 グランドオープンは、ゴールデンウィークの前半。4月29日に、開業されます。 京都でGW(ゴールデンウィーク)を過ごされる方。そんな方に、オススメの場所の1つです。 ただ、GW中は混雑すると思うので、ご注意く…

佛光寺のしだれ桜2017。見頃や開花状況。

佛光寺は、京都市下京区にあります。 京都造形芸術大学とのコラボカフェがあるお寺です。佛光寺には、宮家お手植えの紅しだれ桜が植えられています。 町中で美しい桜を見る事が出来るとあって人気です。京都の桜の名所は、とても混雑します。 その名所と比較…

佛光寺へのアクセス。京都駅からの行き方。

佛光寺は、京都市下京区にあるお寺です。 京都造形芸術大学とのコラボカフェが存在しています。アクセス方法は、地下鉄(電車)やバス・徒歩など。 京都駅からだと、市バスか地下鉄でアクセスが良いですよ。市バス・地下鉄とも最寄駅から近いので、迷わず到…

梅小路公園へのアクセス。京都駅からの行き方。

梅小路公園は、京都市下京区にあります。 京都市民憩いの都市公園です。アクセス方法は、徒歩かバス、タクシーなど。 最寄駅から歩きますが、電車で行く事も可能です。ちなみに電車の最寄駅からは、徒歩1キロほど歩きます。 歩くのが苦手な方は、バスの利用…

京都水族館へのアクセス。京都駅からの行き方。

京都水族館は、京都市下京区にあります。 梅小路公園内の水族館です。アクセス方法は、徒歩かバス、タクシーなど。 電車でも行く場合は、最寄駅から少し歩きます。最寄駅からは、徒歩1キロほど到着です。 2019年に新駅が完成したら、徒歩での移動距離が短く…

京都鉄道博物館へのアクセス。京都駅からの行き方。

京都鉄道博物館は、京都市下京区にあります。 前身は、梅小路蒸気機関車館です。アクセス方法は、徒歩かバス、タクシーです。 電車でも行く事が出来ますが、最寄駅から少し歩かなければいけません。最寄駅からは、徒歩1キロほどです。 ただ、2019年に新駅が…

市比賣神社へのアクセス。京都駅からの行き方。

市比賣神社(いちひめじんじゃ)は、京都市下京区にあります。 女人守護の神社です。アクセス方法は、京都駅からだと徒歩かバス。 地下鉄を利用して、訪れる事が出来ます。地下鉄の最寄駅は、五条駅。 京阪電車だと、清水五条駅です。女性の方には、1度は訪…

渉成園へのアクセス。京都駅からの行き方。

渉成園は、京都市下京区にあります。 京都駅周辺の観光地の中で、オススメの場所です。アクセス方法は、京都駅からだと徒歩。 バスやタクシーを利用するには、近すぎます。最寄駅は、約50メートルの差で地下鉄・五条駅。 しかし、京都駅からだと地下鉄を利用…

西本願寺へのアクセス。京都駅からの行き方。

西本願寺は、京都市下京区にあります。 京都駅周辺の寺院の中で、オススメの観光場所です。アクセス方法は、市バスか徒歩、タクシーなど。 京都駅からだと、徒歩かバスがオススメです。タクシーで行くには、近すぎるような気がします。 京都駅から電車の場合…

上徳寺の世継地蔵尊大祭2017。無料接待あり。

上徳寺は、京都市下京区にあります。 境内にある世継地蔵が有名な神社です。世継地蔵に祈願すると、良い世継ぎが生まれると伝えられています。 そのため、安産や子授けを祈願する参拝者が、多く訪れる寺院です。そんな上徳寺で世継地蔵尊大祭が行われます。 …

上徳寺(世継地蔵)へのアクセス。京都駅からの行き方。

上徳寺は、京都市下京区にあります。 通称世継地蔵で知られるお寺です。アクセス方法は、バスかタクシー、電車や徒歩。 様々な方法で行く事が出来ます。京都駅から行く時は、バスか徒歩がオススメです。 私の場合は、徒歩で行く事がほとんど。京都駅から上徳…

京都タワーで初日の出2018。入場料や営業時間の情報。

元日と言えば、何を思い浮かべますか? 私は、初詣が頭に浮かびました。それでは、元旦と言えば? 初日の出の事を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。ちなみに、元日は1月1日の事。 元旦は、元日の日の出頃の時間帯を指します。初日の出を見るのに最…

梅小路公園の紅葉2016、見ごろや現在の状況。朱雀の庭がライトアップ。

梅小路公園は、京都市下京区にあります。 敷地面積約13.7ヘクタールある京都市民憩いの都市公園です。市街地にありながら、緑が豊かで季節の植物を見る事が出来ます。 また、京都水族館や日本庭園「朱雀の庭」などの施設の存在。 いつ訪れても、楽しめる公園…

東本願寺へのアクセス。京都駅からの行き方。

東本願寺は、京都市下京区にあります。 ただ東本願寺は通称で、正式名称は真宗本廟です。京都駅からすぐに行く事が出来て、さらに境内の散策は無料。 気軽に訪れる事が出来る京都の名所の1つです。京都駅から徒歩6分~7分。 そのため、東本願寺へのアクセス…

鉄輪の井戸で縁切りのご利益。地図と写真でアクセス案内。

鉄輪の井戸は、京都市下京区にあります。 命婦稲荷社内にある縁切井戸です。鉄輪の井戸と書いて、読み方は「かなわのいど」。 「てつわのいど」とは読みません。この井戸は、少し分かり難い場所にあります。 後ほど地図と写真で行き方を紹介するので、安心し…

渉成園の桜2017。見頃や開花状況。穴場です。

渉成園(枳殻邸)は、東本願寺の飛地境内地(※)の庭園です。 京都市下京区にあります。この庭園は、春には桜、秋には紅葉が楽しめる事で、地元の方に人気があります。 (※境外にある土地、渉成園は東本願寺別邸の庭園)京都駅から近い事もあって、おすすめ…

市比賣神社のハッピーカードは、幸運のご利益のお守りです。

市比賣神社(いちひめじんじゃ)は、京都市下京区にある神社です。 地元の人達からは、いちひめさんと親しまれています。この市比賣神社のハッピーカード(カード型お守り)。 幸運のご利益が授かると、女性に大人気です。女優の羽田美智子さんもハッピーカ…

市比賣神社のひいなまつり2017。ひと雛は一見の価値あり。

市比賣神社は、京都市下京区にあります。 市比賣神社と書いて、読み方は「いちひめじんじゃ」。祭神が全て女神様。 そのため、京都の中でも女人厄除けの大変珍しい神社です。知る人ぞ知る神社だったのですが、神社を一躍有名にする出来事がありました。 それ…