京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都市南区

東寺の贔屓。

東寺を訪れた時に、贔屓を見ました。 贔屓と書いて、読み方は「ひいき」です。その時の写真は、「東寺の贔屓と万病ぬぐいの布」に掲載しています。ところで、贔屓って何だと思いますか?◆贔屓についての簡単な説明◆贔屓とは、中国で生まれた想像上の動物です…

羅城門跡の石碑。

羅城門跡の石碑を見てきました。 その時の様子は、「羅城門跡の石碑を発見」に掲載しています。羅城門は、平安京の朱雀大路の南に建てられた大門です。 羅城とは、都城の城壁の事を指します。平安京の正面玄関で、幅50m、高さ24m、奥行き21m。 平安京のシン…

六孫王神社の紅葉。見頃や現在の状況。

六孫王神社は、京都市南区にあります。 清和源氏始祖の源経基を祀っている神社です。秋には境内で、紅葉が楽しめます。 綺麗に見る事が出来るのですが、混雑はしません。ゆったりと観賞出来ますよ。 京都の紅葉の穴場です。六孫王神社は、JR京都駅から徒歩圏…

吉祥院天満宮の吉祥院六斎念仏踊2016。

吉祥院天満宮は、京都市南区にあります。 朱雀天皇が菅原道真を尊崇して勅祀した天満宮です。境内には、菅原道真ゆかりの遺跡が残っています。 道真が参朝した時に顔を写した鑑の井。道真のへその緒を埋めたと伝えられる菅公胞衣塚など。 菅原道真ファンなら…

六孫王神社の藤2017、見頃や開花状況。

六孫王神社は、京都市南区にあります。 京都の桜の隠れた名所です。染井吉野が散った後には、境内に八重桜が開花。 その八重桜が見頃を迎える頃、六孫王神社の藤が咲き始めます。春の花が楽しめる六孫王神社。 春の京都の観光名所の中で、かなりオススメです…

六孫王神社の桜2017。見頃や開花状況。新幹線とコラボ。

六孫王神社は、京都市南区にあります。 源氏三神社の1つとされている神社です。六孫王神社の桜は、京都の桜の穴場スポット。 知る人は知る場所となっています。京都駅からも徒歩で行く事が可能です。 京都駅から六孫王神社までは、約1.2キロ。帰りの新幹線(…

六孫王神社へのアクセス。京都駅からの行き方。

六孫王神社は、京都市南区にあります。 京都の桜の名所の1つとしても有名な神社です。六孫王神社へのアクセス方法は、バスや徒歩など。 京都駅から行く場合、バスよりも徒歩がオススメです。京都駅から六孫王神社の距離は、約1.2キロ。 それ程疲れる事無く、…

東寺の紅葉2017、見ごろや現在の状況。ライトアップあり。

東寺は、京都市南区にあります。 京都のシンボル的存在の五重塔があるお寺です。JR京都駅から徒歩でアクセスも可能な東寺。 気軽に行く事が出来るのが出来ますよ。東寺は、京都の世界遺産の1つです。 それなのに、境内の散策が無料で出来るの嬉しいです。そ…

東寺へのアクセス。京都駅から徒歩での行き方を紹介。

京都駅から東寺へ、徒歩で行ってきました。 アクセスしやすいように、京都駅から東寺までの道のりを写真付きで紹介します。まずはその前に、徒歩以外での東寺へアクセス方法です。電車で行く場合、近鉄電車を利用してください。京都駅からだと「東寺駅」で下…

東寺の河津桜が開花していた話。

東寺は、京都市南区にある寺院です。 教王護国寺とも呼ばれる東寺には、多くの見所があります。有料拝観場所が楽しめるのはもちろんの事、無料で拝観できる場所でも十分魅力的です。御影堂(大師堂)では、毎朝6時に一の善・二の善・お茶をお供えする生身供…

東寺の桜2017。見頃や開花状況。ライトアップあり。

東寺は、京都の桜の名所の1つです。 京都散策していた時に、その事を県外から訪れた人に話したら、驚かれました。春になると不二桜などがライトアップ。 注目はされるのですが、意外に知らない人が多いのかもしれませんね。東寺と言えば、世界遺産に指定され…

東寺の初弘法2017。

東寺は、京都市南区にあるお寺。 京都にある世界遺産の1つです。 また、平安京の遺構でもあります。境内には、東寺のシンボル的な存在の五重塔。 金堂・御影堂などがあり、どれも国宝に指定されています。高さは55メートルもある五重塔は、日本に現存する木…