京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

吉祥院天満宮の御朱印と御朱印帳。サイズや時間。

吉祥院天満宮では、御朱印を授与しています。
御朱印の数は、3種類です。

2種類とも、いつ参詣しても書いて頂く事が出来ます。
限定の御朱印は、京都十六社朱印めぐりのものになります。

それでは、オリジナルの御朱印帳はあるのでしょうか?
オリジナルの御朱印帳も、存在しています。

御朱印が頂ける場所は、社務所(授与所)です。
時間は、9時から17時となっています。

吉祥院天満宮の参拝は、24時間開放なので、お参りはいつ訪れても可能です。

今回は、吉祥院天満宮の御朱印と御朱印帳を紹介します。
何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】


吉祥院天満宮の御朱印と御朱印帳

吉祥院天満宮の御朱印の種類

吉祥院天満宮の通常の御朱印は、御朱印帳に直接書いて頂けます。
京都十六社朱印めぐりは、専用の朱印帳が必要です。

御朱印の種類は、3種類です。

1.菅原大神の御朱印

墨書きは、日付と奉拝、菅原大神です。
印は、吉祥院天満宮と菅原御殿になります。

料金は、300円です。

2.吉祥天女の御朱印

墨書きは、日付と奉拝、吉祥天女です。
印は、吉祥院天満宮になります。

値段は、300円です。

3.京都十六社朱印めぐりの御朱印

期間限定で頂ける「京都十六社朱印めぐり」の御朱印です。

専用の御朱印帳に、菅原御殿の印を押して頂けます。
期間は、元旦から2月15日まで。

1社につき、300円となっています。

吉祥院天満宮の御朱印帳

吉祥院天満宮には、オリジナルの御朱印帳があります。

吉祥天の御朱印帳

吉祥天女がデザインされた御朱印帳です。
11×16の小さなサイズとなっています。

吉祥院天満宮について【歴史・見所】

f:id:sarunokinobori:20181201214548j:plain
(イメージイラスト)

吉祥院天満宮は、最初の天満宮と呼ばれています。
菅原道真の祖父が、邸内に建物を建立したのが始まりです。

その建物は、吉祥院と名付けられて、菅原家の氏寺になりました。
その後、朱雀天皇が道真の像を刻み、社殿を築き道真の像を祀ります。

吉祥院天満宮と呼ばれるようになったのは、この頃からです。
境内には、見所が数多く存在しています。

まずは、天女社です。
吉祥天女が祀られています。

吉祥天女は、道真が海で嵐に巻き込まれた時に現れて、嵐を鎮めて道真を助けた神様です。

その事に感謝した道真は、自宅にお堂を建てて、吉祥天女の像を祀りました。
このような縁から、吉祥院天満宮にも、天女社が建てられています。

他にも、道真が参朝の時に顔を写した「鑑の井」や道真のへその緒が埋められていると伝わる「胞衣塚」など、菅原道真に関係するものが点在しています。

また本殿(拝殿)前に置かれている可愛らしい姿をした菅原道真の人形も、見所の1つです。

元旦から2月15日の期間に訪れると、3種御朱印を頂く事が出来るので、オススメですよ。

吉祥院天満宮の駐車場

広場に駐車可能です。

吉祥院天満宮へのアクセス

吉祥院天満宮への行き方です。

JR「西大路駅」で下車。
徒歩15分で到着。

市バス「吉祥院天満宮前」で下車。
徒歩3分で到着。

f:id:sarunokinobori:20181201214534j:plain
(吉祥院天満宮の周辺地図)