京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

東寺の五重塔。特別拝観で内部見学可能。

東寺の五重塔は、京都のある意味象徴です。
一目見て、京都だと分かる建造物だと思います。

そんな東寺の五重塔は、外からだけなく内部からも楽しめます。
内部の見学は、特別拝観の時のみ可能です。

◆東寺についての簡単な説明◆

東寺は、京都市南区にあるお寺です。
真言宗の根本道場で、真言宗全体の総本山になります。

建暦13年(794)に、平安京が造営されました。
その2年後に、羅城門の東西に2つの寺院が建立されます。

その寺院の1つ、羅城門の東側に建ったのが東寺です。
左大寺や教王護国寺とも言われています。

もう1つの寺院である西寺は、衰退し無くなりました。
現在は、東寺しか現存していません。

平安京鎮護のため建てられた東寺。
その後、嵯峨天皇より空海へ下賜されます。

そして、真言密教の根本道場として栄えました。
境内には、国宝の金堂や大師堂が建っています。

京都のシンボルである五重塔も、東寺にある国宝の建造物の1つです。

-終-

今回は、そんな東寺にある五重塔を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

【スポンサーリンク】



東寺の五重塔の概要

東寺の五重塔の紹介

東寺の五重塔は、京都をランドマーク的存在の建築物です。
高さは、木造の建築物の中で日本一を誇ります。

その高さは、約55mです。
また内部には、空海が唐より持ち帰った仏舎利が納められています。

f:id:sarunokinobori:20180421215016j:plain
東寺の五重塔の歴史は、空海より始まりました。
空海が嵯峨天皇より東寺を下賜された後、五重塔の建設が開始されます。

完成は、空海が亡くなった後の事でした。
883年に、初代五重塔は完成します。

しかし、1055年に五重塔は、落雷に遭います。
その事で、五重塔は焼失してしまいました。

この後、再び五重塔は建てられます。
しかし、またまた焼失。

現在の東寺の五重塔が建てられたのは、江戸時代になってからです。
1644年、徳川家光によって再建されました。

現在の五重塔は、初代から数えると5代目になります。

東寺の五重塔の内部

東寺の初層内部は、極彩色で彩られています。
また、中央に心柱が各層を貫いています。

この心柱は、大日如来に見ててられた柱です。
その柱を中心として、四方に四尊の如来と八尊の菩薩が安置されています。

四面の側柱には八大龍王、壁には真言八祖像が描かれているのも特徴です。

そんな東寺の五重塔の内部ですが、通常は非公開になっています。
しかし、全く見る事が出来ない訳ではありません。

年に2回程、五重塔初層の内部公開が行われます。
今年は、「京の冬の旅」と「春期特別公開」で、見る事が出来ました。

見る事出来るイベントは変わるかもしれませんが、来年以降も五重塔初層の内部公開が行われると思います。

何十年に1回の公開という訳ではありません。
今年見逃した方は、来年以降に機会があれば、東寺に訪れて見てみて下さい。

五重塔初層、金堂・講堂を見る事が出来て、拝観料金は800円です。
ただ、値上がりする可能性もあるので、ご注意ください。

また、東寺は内部拝観のみ、拝観料金が必要になります。
境内の散策は、無料です。

外から東寺の建築物の写真だけ撮りたい方は、無料で楽しめます。

東寺の駐車場

東寺には、駐車場があります。
自家用車は、2時間600円です。

ただし、毎月21日の弘法市の日は利用できません。
ご注意ください。

東寺へのアクセス

東寺の行き方。

JR京都駅から徒歩15分。

近鉄京都駅から乗車。
1駅目の東寺駅で下車して、徒歩10分。

京都駅から東寺へのアクセスを、下記にて写真付きで紹介しています。
東寺へのアクセス。京都駅から徒歩での行き方を紹介。

f:id:sarunokinobori:20150215180318j:plain
(周辺地図)

京都の五重塔
京都の五重塔、全4選。

東寺の四季
東寺の桜。見頃や開花状況。ライトアップあり。
東寺の紅葉、見ごろや現在の状況。ライトアップあり。