読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

智積院の雪のトンネルと白銀の境内。

京都観光 京都市東山区 京都の雪景色 京都のお寺

智積院の雪の境内を、撮影しました。

智積院は、新緑と紅葉の名所です。
新緑と紅葉の名所は、雪景色の名所でもあります。

雪の智積院も、とても美しいに違いない。
そう思って訪れたのですが、予想以上に見応えがありました。

直線の長い参道は、金堂(本堂)まで遮るものがありません。
見晴らしが良く、智積院の中でも絵になる光景の場所です。

その参道の木々は、四季によって色を変化させます。
新緑の緑、紅葉の赤、そして雪の白です。

今回は、白色の雪の華を咲かせていました。
その時の様子は、「雪の智積院」に掲載しています。

また、咲き始めた智積院の梅の花も撮影しました。
雪の中に咲く梅の花も、ぜひご覧ください。

今回は、雪の智積院を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



智積院の雪景色の見所

雪の智積院

伏見稲荷大社から始まった、雪の京都巡り(※)。

(※伏見稲荷大社の雪景色は、こちらをご覧下さい。
伏見稲荷大社の雪景色。夜明け前の幻想的な世界。

東福寺を経て、新熊野神社へ。
新熊野神社では、雪化粧の大樟を鑑賞。

その後、歩いて智積院へと向かいました。
新熊野神社から智積院までは、約500mです。

徒歩5分ほどで到着します。

f:id:sarunokinobori:20170121125037j:plain
智積院へ、到着しました。

この光景を見た瞬間、テンションが上がります。
予想していた以上の、白銀の世界が目の前に広がっていました。

期待を胸に、智積院の中へと入ります。

f:id:sarunokinobori:20170121125100j:plain
智積院の参道とその先にある金堂です。

参道の木々に、雪が積もっています。
さながら、冬に咲く雪の華ですね。

f:id:sarunokinobori:20170121125110j:plain
まずは、金堂に参拝です。
静寂に包まれた雪の世界で、心穏やかに手を合わせました。

金堂は、智積院の中で中心的な建物です。
他のお寺の本堂みたいな役割を果たしています。

f:id:sarunokinobori:20170121125121j:plain
金堂前から見た参道の光景です。
こちらからの参道も雪景色も、見応えがあります。

この後、金堂正面の左側にある大師堂へと移動しました。

f:id:sarunokinobori:20170121125134j:plain
階段を上がれば、大師堂です。

f:id:sarunokinobori:20170121125143j:plain
大師堂へ到着しました。
大師堂には、弘法大師空海のご尊像が、安置されています。

f:id:sarunokinobori:20170121125150j:plain
大師堂の前に安置されている弘法大師の像です。
傘に、大量の雪が積もっていました。

まるで、雪の帽子のようです。
某ホテルの社長を、思い出しました。

f:id:sarunokinobori:20170121125212j:plain
大師堂にも参拝したので、金堂の方へ戻ります。
何気に、ここから見る光景も好きです。

f:id:sarunokinobori:20170121125223j:plain
金堂正面の右の道を、歩いて行きます。
そうすると、一面雪に覆われた場所に出ました。

先へ行く事が出来る、階段が見えます。
しかし、引き返す事にしました。

確かこの先は、霊園だったからです。

f:id:sarunokinobori:20170121125316j:plain
金堂へ、引き返しています。
どこも、雪に覆われて、絵になる光景です。

参拝者もほとんどいないため、気を使う事なく撮影出来ます。

f:id:sarunokinobori:20170121125330j:plain
金堂正面の右にある明王殿です。
不動明王が、祀られています。

そのため、別名は不動堂です。

f:id:sarunokinobori:20170121125339j:plain
智積院の境内には、梅の木が植えられています。
その木に、赤い梅の花が咲いていました。

雪と梅の花。
積雪の時のみ見る事が出来る、珍しい光景です。

f:id:sarunokinobori:20170121125353j:plain
智積院からも京都タワーが見えました。
京都の名所から見る京都タワーの写真が、順調に集まっています。

f:id:sarunokinobori:20170121125405j:plain
雪化粧した智積院の鐘楼です。
この鐘楼の横にある道を、雪が降った日に通ってみて下さい。

f:id:sarunokinobori:20170121125421j:plain
雪のトンネルを、くぐる事が出来ます。
この場所は、雪の智積院の中でも、かなりおススメです。

f:id:sarunokinobori:20170121125433j:plain
訪れる時間が早かったため、庭園の拝観受付は開いていません。
そのため、受付前から庭園入口を撮影しました。

智積院の雪景色を、十分堪能。
次の場所へと、移動しました。

向かったのは、豊国神社です。
そして、豊国神社の次に、清水寺の雪景色を見に行きました(※)。

(※清水寺の雪景色は、こちらに掲載しています。
清水寺の雪の光景、青空と白銀の世界。

智積院の駐車場

智積院には、駐車場があります。
無料で駐車可能です。

バス10台、普通車30台を駐車出来ます。

智積院へのアクセス

智積院への行き方です。

京都駅から市バス100・206・208系統に乗車。
東山七条停留所で下車、徒歩約3分。

京阪電車・七条駅から徒歩約10分。

さらに詳しいアクセス方法は、こちらです。
智積院へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20150515231714j:plain
(周辺地図)

智積院の四季
智積院の新緑、青もみじの境内を散策。
智積院のさつき、見頃や開花情報。
智積院のあじさい、見頃や開花情報。
智積院の桔梗、見頃や開花情報。

智積院の行事・祭事
智積院の観月会。名勝庭園ライトアップ。
智積院の除夜の鐘。