読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

伏見稲荷大社の雪景色。夜明け前の幻想的な世界。

伏見稲荷大社の雪景色を、夜明け前に撮影してきました。
早朝に訪れたのは、雪が解ける前に写真を撮りたかったからです。

夜明け前の伏見稲荷大社には、ほとんど参拝者がいません。
静寂とほんのりとした光に包まれて、凛とした雰囲気です。

さらに、雪が加わると、とても幻想的な世界が目の前に広がります。
真っ暗なので撮影は難しかったのですが、それでも訪れて良かったです。

この時の境内の様子や雪景色の写真は、「夜明け前の雪の伏見稲荷大社」の章に、掲載しています。

伏見稲荷大社で、雪の境内を撮影した後に、東福寺へ向かいました。
そして、清水寺に参拝して、再び伏見稲荷大社へ戻ります。

この時には、日が昇っており、境内は太陽の光に照らされていました。
その時の様子も、「日中の雪の伏見稲荷大社」の章に、掲載しています。

夜明け前と日中の伏見稲荷大社。
良かったら、雰囲気の違いを見比べてみて下さいね。

また、伏見稲荷大社の初詣の混雑した境内と、夜明け前の雪の閑散とした境内を、見比べるのも面白いかもしれません。

※伏見稲荷の初詣の混雑した様子は、こちらに掲載しています。
伏見稲荷大社で初詣。参拝時間や混雑の様子。

今回は、伏見稲荷大社の雪景色を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



伏見稲荷大社の雪景色の見所

夜明け前の雪の伏見稲荷大社

鞍馬寺と貴船神社の雪景色を、見て来ました。
今年の京都の雪景色は、これで終了と思っていたのですが……。

1月15日の夜に、伏見区に雪が降っている事を知ります。
調べてみたら、夜の伏見稲荷大社に、雪が積もっている事も分かりました。

1月16日の京都の天気を調べてみると、どうやら昼から曇り。
京都の雪が溶けるのは早いので、曇りでもすぐに溶けてしまいそうです。

そう思ったので、早朝に伏見稲荷大社へと訪れる事にしました。

f:id:sarunokinobori:20170117181801j:plain
夜明け前の伏見稲荷大社へ到着です。
この時、雪がかなり降っていました。

雪が光に反射して、とても綺麗です。
しかし、出来れば止んで欲しいと思いました。

雪が降っておらず、積雪の状態で撮影するのが、個人的には理想です。
雪の中、傘を片手に撮影すると、滑って転びそうで怖いんですよね。

f:id:sarunokinobori:20170117181844j:plain
伏見稲荷大社へ行くと、まず最初に出迎えてくれる狐です。
こちらの狐の像も、雪が積もって寒そうに見えます。

ちなみに狐がくわえている物は、稲穂です。
五穀豊穣にご利益がある、伏見稲荷大社らしいものをくわえていますね。

f:id:sarunokinobori:20170117181912j:plain
二の鳥居から楼門が見えるように、撮影しました。

撮った事を記憶しやすい構図なので、時間経過でどのように伏見稲荷大社の光景が変わるのか、調べたい時に重宝します。

f:id:sarunokinobori:20170117181937j:plain
楼門です。
積雪の楼門は、ほんのりとした光に包まれて、とても幻想的です。

ところで、まだ賀正と書かれたのぼり旗が、立っていますね。

まだ、初詣でも大丈夫という事なのでしょうか。
そうすると、伏見稲荷大社へは、今年3回目の初詣となります。

あるいは、新年1回目の参詣だけが、初詣。
その後は、ただの参拝になるのでしょうか。

いずれにして、今年3回目の伏見稲荷大社です。

f:id:sarunokinobori:20170117182008j:plain
楼門前の狛狐です。
頭に雪が積もっています。

f:id:sarunokinobori:20170117182037j:plain
三が日に訪れた時の同じように、楼門前の階段の上から撮影しました。
日中の伏見稲荷大社と違い、人が一人もいません。

f:id:sarunokinobori:20170117182050j:plain
楼門をくぐって、中へと入りました。
外拝殿にも、雪が積もっています。

f:id:sarunokinobori:20170117182156j:plain
外拝殿の南側にある東丸神社です。
学問の神様を、祀っています。

f:id:sarunokinobori:20170117182206j:plain
本殿前の狛狐です。
積雪の木が、良い感じの雰囲気を出してます。

f:id:sarunokinobori:20170117182320j:plain
そして、本殿です。

昼間は、喧騒に包まれる伏見稲荷大社。
本殿には、祈願するに人が常にいる状態です。

しかし夜明け前の本殿は、静寂に包まれてます。
凛とした空気が、厳かで神聖な雰囲気を漂わせていました。

そんな中、本殿前で手を合わせます。

f:id:sarunokinobori:20170117182418j:plain
本殿へ参拝した後に、後ろを振り返ると、月が出ているのに気づきました。
外拝殿と一緒に撮る事が出来るか挑戦。

何とか、両方一緒に撮る事が出来ました。

f:id:sarunokinobori:20170117182537j:plain
本殿の次は、奥社への参拝です。

f:id:sarunokinobori:20170117182549j:plain
ここの狛狐にも、雪が積もっています。

f:id:sarunokinobori:20170117182557j:plain
鳥居をくぐり、階段を上がると、玉山稲荷社です。
光に包まれた玉山稲荷社の雪景色は、本当に綺麗でした。

夜などの暗い内に訪れて、伏見稲荷大社の雪景色を楽しもうと思っている方は、この場所はおススメです。

十分満喫した後、右に曲がって、千本鳥居を目指します。

f:id:sarunokinobori:20170117182625j:plain
この階段を上がって、右に行けば千本鳥居です。
この場所も、夜明け前の雪の伏見稲荷大社のオススメ場所となります。

雪の木を、良い感じに光が照らしてくれます。
ライトアップされた雪の木は、とても美しく見応えがありました。

f:id:sarunokinobori:20170117182815j:plain
いよいよ、千本鳥居へ突入です。
暗闇に光る静寂の千本鳥居は、厳かというよりも怖い。

狐の化身でも、出て来そうな雰囲気でした。
もちろん、実際は狐の化身のみならず、人にすら出会いませんでした。

無事に、奥社へ到着。

f:id:sarunokinobori:20170117182838j:plain
奥社へ参拝後、狛狐の撮影しました。
光に照らされる狐は、ヒーロー登場みたいで、かっこいいです。

f:id:sarunokinobori:20170117182846j:plain
対になっている狛狐です。
こちらも、光でライトアップされていました。

f:id:sarunokinobori:20170117182903j:plain
奥社と言えば、おもかる石。
この時間には、誰もおもかる石の前にはいませんでした。

持ち上げ放題です。
初詣の時も持ち上げたのですが、今回も持ち上げました。

夜明け前の奥社も満喫。
本殿へ戻る事にしました。

f:id:sarunokinobori:20170117183111j:plain
その帰りの道中で、薄っすらとですが夜が明けてきます。
まさに、「夜明け前の紫のハイウェイ」状態です。

雪景色と合わさって、良い感じの写真を撮影出来ました。

f:id:sarunokinobori:20170117183139j:plain
再び、玉山稲荷社です。
先ほどよりも、空が青みを帯びています。

f:id:sarunokinobori:20170117183148j:plain
そして、本殿前です。
雪の降りが、強くなってきました。

f:id:sarunokinobori:20170117183157j:plain
夜明け前に撮影した時よりも、かなり明るいです。
ただ、参拝者がいないのは、変わりありません。

f:id:sarunokinobori:20170117183222j:plain
この後、裏参道から東福寺へと向かいました。
ここから東福寺までは、徒歩15分ほどです。

雪の東福寺の光景は、こちらに掲載しています。
東福寺の雪、氷の雲海に浮かぶ通天橋。

以上、夜明け前の雪の伏見稲荷大社からお届けしました。

1月16日の夜明け前の雪の伏見稲荷大社のまとめ

夜明け前の伏見稲荷大社は、とても美しく幻想的な世界でした。
ただ、基本的に暗いので、撮影は難しいです。

三脚を使えば、楽に撮影出来るかもしれません。
ただ、混雑の有無に関わらず、寺社で三脚を利用する事があまり好きではありません。

そのため、全て手持ちでの撮影となります。

参拝者の方ですが、ほとんどいませんでした。
出会った参拝者の人数は、4人です。

人が写らないという点では、神経質にならずに撮影出来ました。

-終了-

日中の雪の伏見稲荷大社

東福寺や清水寺で、雪景色を鑑賞。
そして、再び伏見稲荷大社へと戻ってきました。

f:id:sarunokinobori:20170117184125j:plain
伏見稲荷大社の一の鳥居前に到着。
時間は、10時7分です。

早朝とはうってかわり、青空が広がっています。
気になるのが、現在の雪の状況です。

楼門の方に目を向けると、雪が残っているのが確認出来ました。

f:id:sarunokinobori:20170117184152j:plain
早朝に同じ構図で撮影。
参拝者の方は、そこそこいました。

夜明け前も良かったのですが、青空の下の雪景色も良いですね。
人は写りますが、あまり気にならない人数です。

f:id:sarunokinobori:20170117184335j:plain
外拝殿にも、まだ雪が積もっています。

f:id:sarunokinobori:20170117184415j:plain
今日2度目となる、本殿への参拝です。
この辺りの雪は、かなり溶けていました。

f:id:sarunokinobori:20170117184423j:plain
本殿を背にして、外拝殿を撮影。
青空に、白い雪が映えますね。

この後、奥社へと向かいました。

f:id:sarunokinobori:20170117184431j:plain
狛狐です。
ここの狛狐は、まだ雪が残っています。

他の場所は、溶けてなくなっていました。

f:id:sarunokinobori:20170117184447j:plain
日中の玉山稲荷社の様子です。
こちらは、夜明け前の方が、断然綺麗だと思います。

千本鳥居を抜けて、奥社へと到着。
再び手を合わせた後、おもかる石の方へと移動します。

f:id:sarunokinobori:20170117184520j:plain
特に並ぶ事無く、石を持ち上げる事が出来ました。
石を持った感想は、早朝と変わらないです。

ここも、かなり雪が溶けていました。

f:id:sarunokinobori:20170117184527j:plain
やる事をやったので、千本鳥居を抜けて戻ります。

どこもかしこも、ほとんど雪が溶けている状況。
建造物の屋根に、残っているぐらいです。

日が差すと、あっと言う間に、雪は溶けますね。

f:id:sarunokinobori:20170117184615j:plain
裏参道に残っていた積雪です。
鳥居の上に、薄っすらと雪が残っています。

裏参道の雪の状態も確認したので、伏見稲荷大社を後にしました。

以上が、日中の雪の伏見稲荷大社の状況です。

1月16日の日中の雪の伏見稲荷大社のまとめ

予想以上に、雪が溶けていました。

太陽が昇ると、一気に雪が無くなる事が分かりました。
そのため、日中の伏見稲荷大社の雪景色の撮影は、短時間勝負です。

雪の伏見稲荷大社を撮りたい方は、9時頃までには訪れた方が無難だと思います。

-終-

伏見稲荷大社の駐車場

伏見稲荷大社には、駐車場が存在します。
普通車約170台を止める事が可能です。

日中に伏見稲荷大社へと、車で参拝を予定している方。
利用を検討してみては、いかがでしょうか。

伏見稲荷大社へのアクセス

伏見稲荷大社への行き方です。

京阪伏見稲荷駅から徒歩5~6分。
JR稲荷駅から徒歩3~5分で、伏見稲荷大社に到着します。

f:id:sarunokinobori:20150207003626j:plain
(周辺地図)

伏見稲荷大社の関連情報
伏見稲荷大社の御朱印と御朱印帳。

伏見稲荷大社の祭事・行事
伏見稲荷大社の初午大祭。しるしの杉で商売繁盛。
伏見稲荷大社の節分祭。福豆を食べて商売繁盛。
伏見稲荷大社の本宮祭。宵宮祭はライトアップあり!
伏見稲荷大社の火焚祭と御神楽。雨天決行。