読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

三十三間堂の河津桜。

京都観光 京都市東山区 京都の桜 京都のお寺

三十三間堂を訪れた時、河津桜を見てきました。
その時の写真は、「三十三間堂の河津桜」に掲載しています。

三十三間堂は、京都市東山区にあるお寺です。
国宝の仏像や千体の千手観音立像を、見る事が出来ます。

ただ、三十三間堂は、拝観寺院です。
そのため、拝観料金が必要となります。

一般600円、高校中学400円、子供300円です。
拝観料金としては、妥当な値段だと思います。

しかし、高いと思われる方もいるかもしれません。
そんな方は、無料拝観日に訪れてみてはいかがでしょうか。

通し矢が行われる1月15日。
春桃会か行われる3月3日は、無料で境内に入る事が可能です。

私は、3月3日の春桃会の時に訪れました。
そして、国宝の仏像や境内に咲く花々を満喫しました。

今回は、三十三間堂の河津桜を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



三十三間堂の河津桜の見所

三十三間堂の河津桜

三十三間堂を、訪れました。
訪れた日は、3月3日です。

この日は、三十三間堂の春桃会が行われる日(※)。
拝観料金が、無料となります。

(※三十三間堂の春桃会については、こちらを参照して下さい。
三十三間堂の春桃会。桃のお守りの授与あり。

f:id:sarunokinobori:20170305215036j:plain
三十三間堂に、着きました。
午前中だったためか、混雑はする程ではありません。

三十三間堂に入って、初めにする事。
それは、本堂の中で仏像の数々を見る事です。

国宝の千手観音坐像や風神・雷神と二十八部衆。
荘厳と立ち並ぶ千体の千手観音立像を、観賞しました。

数の力は、偉大です。
千体の千手観音立像は、とても見応えがありました。

その後、境内をぷらぷら。
三十三間堂に刺さっている弓矢など見て、楽しみました。

(※三十三間堂の春桃会については、こちらを参照して下さい。
三十三間堂に刺さる弓矢。

他にも、境内に咲いている花も楽しみます。
その1つが、河津桜です。

河津桜は、3月上中旬に満開になります。
咲き始めは、2月上旬ころからです。

それから、約1か月かけて見頃を迎えます。
染井吉野と違い、長期間楽しめるのが特徴です。

f:id:sarunokinobori:20170305215046j:plain
こちらが、三十三間堂の河津桜となります。
まだ、見頃は迎えていませんでした。

咲いている場所は、三十三間堂の西側。
通し矢通し矢射場に、咲いています。

f:id:sarunokinobori:20170305215052j:plain
それでも、綺麗に咲いている桜の花を、見る事が出来ました。

f:id:sarunokinobori:20170305215059j:plain
河津桜を見ると、春もそこまで訪れているような気がします。

本格的な桜の季節が訪れたら、京都市内を巡る予定です。
その時の京都市内の桜の様子も、またこのブログで紹介します。

三十三間堂への駐車場

三十三間堂には、駐車場があります。
車で行かれる方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

三十三間堂へのアクセス

京都駅から市バス100・206・208系統に乗車。
博物館三十三間堂前で下車、すぐ。
徒歩だと30分ぐらいで到着します。

f:id:sarunokinobori:20150217144613j:plain