読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

松尾大社へ初詣。亀と鯉に祈願。

松尾大社へ、初詣に行ってきました。
松尾大社の初詣では、毎年巨大絵馬が飾られる事で有名です。

その巨大絵馬や境内の混雑具合などを撮影しました。
その時の様子は、「松尾大社の初詣巡り」に掲載しています。

松尾大社は、京都市西京区にあります。
松尾大社への初詣の人出は多く、境内は混雑します。

元日を含め三が日には、参道に屋台が出店。
とても賑わい、お正月気分が味わえますよ。

阪急・松尾大社駅から歩いてすぐ。
アクセスの良好な神社です。

今回は、そんな松尾大社の初詣を紹介します。
何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



松尾大社で初詣の見所

松尾大社で初詣の概要

松尾大社で初詣は、健康長寿にご利益があります。
松尾大社へ初詣に訪れる人数は、約25万人です。

25万にと言えば、かなりの参詣者数になります。
しかし、身動き出来ないほど混雑するかと言えば、そうではありません。

伏見稲荷大社や八坂神社と比べると、混雑具合はかなり軽減されます。

(※伏見稲荷大社の初詣の混雑の様子は、こちらに写真を掲載しています。
伏見稲荷大社へ初詣。混雑や屋台の様子を撮影。

ちなみに、伏見稲荷大社の三が日の参詣者に人数は、約240万人と言われています。
京都の初詣先として、一番混雑する神社です。

松尾大社の三が日には、参道の両端に屋台(露店)も出店。
境内は、とても賑わいます。

また、松尾大社のお正月と言えば、巨大絵馬です。
私が京都で見てきた巨大絵馬の中でも、1番の大きさと思います。

この巨大絵馬を見たいがために、松尾大社に初詣に訪れる人もいる程です。

他にも、松尾大社には「樽占い」があります。
樽の的に自ら弓矢を射ち、その結果によって内容が変わるおみくじです。

この樽占いについては、「松尾大社の初詣巡り」の章で、写真付きで説明しています。

混雑が少な目で、お正月の雰囲気も十分味わいたい方。
そんな方は、松尾大社への初詣がおススメです。

穴場程空いてはいませんが、大混雑もしていません。

松尾大社の三が日の参拝時間は以下の通りとなっています。

★松尾大社の三が日の参拝時間★

松尾大社の三が日の参拝時間です。

12月31日の22時から1月1日の18時まで。
1月1日の6時より歳旦祭。

1月2日が、8時から18時まで。

1月3日が、8時から18時まで。
9時より元始祭、その後に干支祝寿祭。

-終了-

松尾大社のご利益

初詣で気になるのが、その神社のご利益だと思います。
松尾大社のご利益は、健康長寿など。

また、境内には、幸運の撫で亀。
そして、幸運の双鯉がいます。

幸運の撫で亀のご利益:寿命長寿と家庭円満。
幸運の双鯉のご利益:恋愛成就と立身出世、夫婦円満。

他にも、相生の松などもあります。
こちらは、恋愛成就と夫婦和合にご利益があります。

松尾大社の初詣巡り

京都の初詣巡りを、行いました。
今年に入って3回目です。

初詣巡りを行ったのは、1月12日。
目指したのは、嵐山方面にある松尾大社です。

松尾大社は、阪急・松尾大社駅で下車。
歩いてすぐの場所にあります。

f:id:sarunokinobori:20170113150020j:plain
阪急・松尾大社駅に、到着です。
奥に見えるのが、松尾大社の大鳥居となります。

f:id:sarunokinobori:20170113150027j:plain
駅から出て、大鳥居前へと移動しました。
この鳥居をくぐって、歩いて行けば松尾大社に行く事が出来ます。

f:id:sarunokinobori:20170113150034j:plain
2分程歩いて、楼門前へ到着。

楼門は、残念ながら修復工事中をしていました。
平成30年度に、修復工事は終わるみたいです。

この場所から見る限り、混雑はしていません。
また、参道にも、屋台(露店)は、出店してしていませんでした。

f:id:sarunokinobori:20170113150039j:plain
楼門をくぐった先には、巨大絵馬があります。
第一印象は、デカいです。

今年は、色々な場所で巨大絵馬を見て来ました(※)。
その中でも、1番の大きさです。

(※私が見た京都の巨大絵馬の写真は、こちらを参照して下さい。
酉年の巨大絵馬を飾っている京都の神社やお寺巡り。

これだけ大きいと、迫力があり見応えがあります。
巨大絵馬の写真を集めている私としては、大満足です。

f:id:sarunokinobori:20170113150054j:plain
さすがに1月12日となると、境内は空いています。
本殿前もこの通り、待つ事無く参拝出来ました。

1月12日の松尾大社は、混雑を全然していません。
快適に、参詣出来ました。

f:id:sarunokinobori:20170113150101j:plain
本殿正面の左側にある幸運の撫で亀です。
もちろん亀を撫でて、ご利益を頂きました。

この後、幸運の双鯉に祈願といきたい所なのですが、幸運の双鯉の存在に気づく事が出来ませんでした。

f:id:sarunokinobori:20170113150109j:plain
こちらの写真をご覧ください。
右側に、建造物があるのがお分かり頂けるかと思います。

幸運の双鯉が置かれいるのは、この裏にです。
さすがに訪れた時は、気づきませんでした。

幸運の双鯉の存在を知ったのは、帰宅後です。
次回訪れた時には、双鯉から幸運を授かりたいと思います。

f:id:sarunokinobori:20170113150124j:plain
幸運の撫で亀の隣にある重軽の石です。
石に刻まれている紋は、双葉でしょうか。

重さによって、願いが叶うか占う石です。

f:id:sarunokinobori:20170113150130j:plain
そして、こちらが相生の松となります。
恋愛成就や夫婦和合に、ご利益がある松の木です。

こちらにも、手を合わせます。

f:id:sarunokinobori:20170113150138j:plain
ご縁を結ぶ葵絵馬です。
授与所で、拝受する事が出来ます。

f:id:sarunokinobori:20170113150144j:plain
このように、葵絵馬専用のハートの形をした絵馬掛けも用意されています。

そして、お正月と言えば、おみくじです。
松尾大社にも、もちろんおみくじがあります。

普通のおみくじ、そして樽占いです。

f:id:sarunokinobori:20170113150151j:plain
こちらが、松尾大社の名物・樽占いです。

自ら弓矢を射ち、矢が当たった場所で、今年の運勢を占うおみくじとなります。

また、矢が当たった場所によって、福守りが授与されるのも、樽占いの特徴です。

f:id:sarunokinobori:20170113150159j:plain
黒い所が、大吉となります。
弓が黒い的を射抜いているストラップです。

f:id:sarunokinobori:20170113150211j:plain
赤い所が、当たりとなります。
鯉と亀がデザインのされた開運ストラップです。

角度によって、鯉や亀に変化します。

f:id:sarunokinobori:20170113150218j:plain
樽の中に当たらなかったら、あまり福となります。
その場合は、福亀です。

当たらなかった場合でも、福は頂けるおみくじとなっています。

f:id:sarunokinobori:20170113150257j:plain
さらに、境内をぷらぷら。
発見したのが、神使の庭にある亀と鯉の像です。

神使だけあって、境内には亀と鯉が至る場所にいました。

この後、松尾大社から梅宮大社へと移動。
梅宮大社でも、初詣を楽しみました。

★1月12日の松尾大社のまとめ★

混雑する事無く、参詣出来ました。
境内には、まだ巨大絵馬も飾られており、お正月の雰囲気を少し残っていたので良かったです。

また、重軽の石や幸運の撫で亀などの、見頃も多く楽しめます。

ただし、屋台(露店)は、既に撤収済み。
屋台(露店)を楽しみたい方は、三が日に訪れて下さい。

個人的には、巨大絵馬が撮影出来たので、大満足です。

-終-

松尾大社の駐車場

松尾大社には、駐車場があります。
車で行かれる予定の方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

松尾大社へのアクセス

松尾大社への行き方です。

京都駅から市バス28号系統に乗車、「松尾大社前」下車。
京都駅から京都バス73, 83系統「松尾大社前」下車。

阪急嵐山線「松尾大社駅」下車、徒歩約3分~5分。

さらに詳しいアクセス方法は、こちらです。
松尾大社へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20150411183120j:plain
(周辺地図)

京都で初詣が楽しめる寺社
京都の初詣。おすすめから穴場の神社まで。

松尾大社の四季
松尾大社の山吹。見頃や開花状況。ライトアップも開催。
松尾大社のあじさい。見頃や開花情報。

松尾大社の祭事・行事
松尾大社の八朔祭、相撲や屋台あり。
松尾大社の七夕まつり。ライトアップあり。
松尾大社の観月祭。月見まんじゅうあり。