京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

平安神宮の西神苑に咲く花菖蒲。

平安神宮の西神苑には、花菖蒲が美しく咲き誇ります。
その花菖蒲を一目見ようと、多くの人が神苑に足を運びます。

◆平安神宮の神苑についての簡単な説明◆

平安神宮は、京都市左京区にあります。
その社殿を囲むように、神苑が作られています。

平安神宮の神苑は、7代目小川治兵衛の作品です。
神苑は、東・中・西・南の4つの庭で構成されています。

それぞれの庭で、四季の花を楽しむ事が可能です。
春はしだれ桜、初夏は花菖蒲、秋は紅葉、冬は雪景色。

いつ訪れても、何か発見がある庭です。
そんな神苑の大きさは、約10,000坪になります。

神苑は、池泉回遊式庭園です。
池を中心に配し、その周囲を歩いて散策する事が出来る庭園です。

拝観料金は、大人600円、小人300円。
年に2回、無料で入苑出来る日を設けています。

-終-

今回は、平安神宮の西神苑に咲く花菖蒲を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



平安神宮の花菖蒲の概要

平安神宮の西神苑に咲く花菖蒲

平成30年(2018)の初夏の平安神宮の神苑の公開日は、6月8日です。
平安神宮の花菖蒲を見たくなったので、行ってみました。

天気は、曇時々雨。
私が平安神宮へ到着した時には、雨が降っていました。

雨だから人は少な目と期待をしたのですが、期待は見事に裏切られます。
平安神宮の神苑には、結構な人がいました。

自分もその中の1人なので、混雑していても特に不満はないです。
混雑と言っても、歩けない程ではありません。

とぼとぼ歩いて、西神苑へ向かいます。
今回の目的の花菖蒲は、西神苑の白虎池に咲いているからです。

f:id:sarunokinobori:20180608214659j:plain
西神苑の白虎池に、到着しました。
西神苑の白虎池には、花菖蒲が美しく咲いていました。

f:id:sarunokinobori:20180608214710j:plain
白虎池には、約200種2,000株の花菖蒲が咲き誇ります。
凄いと思うのですが、私には色の違い以外全く分かりません。

f:id:sarunokinobori:20180608214722j:plain
ただ種類は分らなくても、十分に楽しめました。
これだけ数があると、迫力もあり見応えがあります。

f:id:sarunokinobori:20180608214730j:plain
平安神宮の花菖蒲の見頃は、まさに今です。
花菖蒲が見応えがある内に、ぜひ平安神宮の神苑へ訪れて下さいね。

平安神宮の駐車場

平安神宮の境内には、一般参拝者が利用できる駐車場はありません。
車で訪れる方は、近くの京都市市営駐車場を利用して下さい。

平安神宮へのアクセス

平安神宮への行き方です。

JR京都駅・阪急河原町駅から市バス5系統に乗車。
平安神宮前で下車、すぐ。

京阪三条駅、神宮丸太町より歩いて15分。
地下鉄東山駅より歩いて10分です。

さらに詳しいアクセス方法は、こちらを参照して下さい。
平安神宮へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20150217172337j:plain
(周辺地図)

平安神宮の四季
平安神宮の桜。見頃や開花状況。ライトアップ情報。
平安神宮の花菖蒲、見ごろや開花情報。

平安神宮の関連情報
平安神宮の御朱印と御朱印帳。
平安神宮の神苑無料公開日。

平安神宮の祭事・行事
平安神宮で初詣。参拝時間や混雑、屋台の様子。
京都薪能。平安神宮で能と狂言。雨天決行。