京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

真如堂のあじさい、見頃や開花状況。

真如堂のあじさいは、アジサイ園で咲き誇ります。
アジサイ園がある場所は、本堂の裏の萬霊堂の周辺です。

◆真如堂についての簡単な説明◆

真如堂は、京都市左京区にあります。
アジサイ園を有するお寺です。

永観2年(984)に、戒算上人が延暦寺の常行堂に祀られていた阿弥陀如来像を、神楽岡に移しました。

それが、真如堂の始まりです。
その後、各地を移りかわります。

そして最後には、この地へ移ってきました。
元禄6年(1693)の事です。

真如堂は通称で、正式には真正極楽寺と言います。
正真正銘の極楽の寺という意味です。

本尊の阿弥陀如来像は、女人を救う仏と伝わっています。
「うなずきの弥陀」という別称で、親しまれています。

境内には、多くの伽藍が並んでいます。
京都指定文化財に指定されているものも多いです。

-終-

今回は、真如堂のあじさい、見頃や開花状況を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



真如堂のあじさいの概要

真如堂のあじさい、見頃や開花状況

真如堂は、四季が楽しめるお寺です。
花のお寺と呼べるほど、様々な花が咲きます。

桜、椿、萩などです。
京都の紅葉の名所でもあります。

そんな真如堂の境内を、初夏に彩る花が存在しています。
その花とは、あじさいです。

真如堂のあじさいは、萬霊堂周辺のアジサイ園で咲き誇ります。
萬霊堂がある場所は、本堂の裏です。

また、三重塔の前の茶室(休憩所)の横にも咲いています。
この場所に咲くあじさいは、少しだけです。

見頃の時期は、6月上旬から6月下旬になります。
混雑もしないので、あじさいをじっくり見たい方にお勧めです。

真如堂のあじさい園

真如堂では、あじさいを見る事が出来ます。
メインは、本堂の裏の萬霊堂にあるアジサイ園です。

おまけは、三重塔の前にある茶室の横になります。
まずは、おまけから紹介します。

f:id:sarunokinobori:20180609180656j:plain
茶室(休憩所)の横に植えられているあじさいです。
おまけなので、さらっと流します。

f:id:sarunokinobori:20180609180706j:plain
そして、アジサイ園のあじさいです。
この建物が萬霊堂で、建物周辺がアジサイ園になっています。

f:id:sarunokinobori:20180609180716j:plain
萬霊堂の周辺は、小路の両端にあじさいが植えられている状態です。

f:id:sarunokinobori:20180609180739j:plain
セイヨウアジサイ、ガクアジサイなど咲いています。
また、様々な色のあじさいを見る事が可能です。

f:id:sarunokinobori:20180609180749j:plain
アジサイまでの距離も近いので、写真が撮影しやすかったです。

f:id:sarunokinobori:20180609180758j:plain
人も少なく、混雑知らずで観賞出来ました。
私が訪れた時は、私を含め3人だけでした。

真如堂のアジサイ園は、数も色も豊富で見応え十分です。
また、人もあまりいないので、ゆったりと観賞出来ます。

初夏の京都をのんびり味わいたい方に、おススメの場所です。

真如堂の駐車場

真如堂には、駐車場があります。
この時期は混雑しないので、特に問題なく駐車出来ると思います。

真如堂へのアクセス

京都駅から市バスに乗車。
「真如堂前」または「錦林車庫前」で下車して、徒歩約6分。

f:id:sarunokinobori:20150808142532j:plain
(周辺地図)

真如堂の四季
真如堂の桜。見頃や開花情報。
真如堂の紅葉、見頃や現在の状況。無料で拝観可能。
真如堂の萩。見頃や開花状況。