京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

下鴨神社と糺の森の紅葉2016、見ごろや現在の状況。

下鴨神社は、京都市左京区にあります。
境内にある糺の森と合わせて、京都の紅葉の名所です。

秋の下鴨神社(糺の森も含む)では、紅葉だけではなくイチョウの黄葉も楽しめるのが特徴となっています。

また、過去には(※)、秋の下賀茂神社で、ライトアップ企画も実施されました。
その時は、美しくライトアップされたのは、本殿なのです。

(※平成27年(2015)の秋に実施)

多くの参拝者が訪れて、昼間とは違った雰囲気を満喫。
ただ、残念な事は、下鴨神社の紅葉の見頃が、遅い事です。

同じ秋の行事でもライトアップ期間中には、紅葉が楽しめませんでした。
混雑の回避には、同じ時期に実施しない方が、正解だったのかもしれません。

また、秋の下鴨神社のライトアップは、毎年実施されません。
その点も、残念な所です。

下鴨神社の境内は、無料で自由に散策可能です。
広い境内を、ゆったりと歩きながら紅葉狩りが出来ますよ。

今回は、そんな下鴨神社の紅葉の見ごろや色づき具合の紹介です。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



下鴨神社の紅葉の色づき具合

下鴨神社の紅葉

下鴨神社の紅葉や黄葉は、境内に至る場所で楽しめます。
糺の森が紅葉、楼門付近で黄葉の美しい光景を見る事が可能です。

f:id:sarunokinobori:20161210001153j:plain
例年の下鴨神社の紅葉の色づき始めが、11月下旬。
そして、見頃が11月下旬から12月中旬となっています。

下鴨神社の紅葉は、京都の中でも色づきが遅いです。
そのため、他の紅葉の名所で既に紅葉が散っていた場合でも、下鴨神社や糺の森へ行けば見る事が出来る可能性があります。

京都の紅葉を楽しみたいけど、見頃の時期は過ぎたかも。
そう思っている方は、下鴨神社へ訪れてみませんか?

糺の森や下鴨神社で、紅葉狩りが楽しめるかもしれませんよ。
黄葉も満喫できるので、一石二鳥です。

下鴨神社の紅葉の観賞場所や撮影スポット

下鴨神社の紅葉の観賞場所や撮影スポットの紹介です。

糺の森

下鴨神社の紅葉のメインスポット「糺の森」。
ヤマモミジやイロハモミジなど約500本が、綺麗に紅葉します。

奈良の小川付近や紅葉橋付近の紅葉が、人気が高いです。

河合神社

糺の森の南側に位置する場所にある河合神社。
下鴨神社の摂社です。

鴨長明ゆかりの社としても有名な河合神社。
美しくなるご利益がある神社としても有名です。

そんな河合神社では、イチョウの黄葉が楽しめます。

本殿の周辺

境内を流れる御手洗川の周辺で、イチョウの黄葉が満喫出来ます。
また、鳥居付近では、紅葉も美しく彩ります。

下鴨神社のライトアップ

下鴨神社では、過去にライトアップが実施されています。
京都非公開文化財特別公開のイベントとして行われました。

ライトアップ期間は、平成27年(2015)10月30日から11月8日まで。
受付時間は、17時30分から20時30分です。

普段は境内無料の下鴨神社。
ライトアップを見るには拝観料金が必要となります。

拝観料金は、大人800円です。
無料ではないので、ご注意ください。

本殿を始め、その周辺の社殿、舞殿が美しくライトアップ。
闇夜に浮かぶ下鴨神社を満喫出来ますよ。

下鴨神社の紅葉の時期とは、若干ズレます。
それでも、秋の京都のオススメの行事の1つです。

※毎年実施される訳ではありません。
その点は、ご注意ください。

下鴨神社・糺の森で紅葉狩り

12月に入って、1週間以上が過ぎました。
さすがにこの時期になると、京都の紅葉が楽しめる場所は限られます。

限られるという事は、楽しめる場所があるという事です。
京都の紅葉が、まだ満喫できる場所。

それは、下鴨神社。
そして、糺の森です。

そういう訳で、下鴨神社へと訪れました。
京都の中で、最も遅く見頃を迎えると言われる糺の森の紅葉。

12月9日現在でも、楽しめるのでしょうか?

f:id:sarunokinobori:20161210001214j:plain
京阪電車出町柳駅から徒歩5分。
下鴨神社の糺の森へ到着です。

f:id:sarunokinobori:20161210001223j:plain
私の心配を見事に吹き飛ばす見頃の紅葉。
こんなに色濃く彩っているとは、思いませんでした。

多少は、散ってはいましたが、十分見頃です。
ボリュームも、まだまだありました。

また、落葉も良い感じで、敷き詰められています。
今の時期に、京都の紅葉を見たいのなら、糺の森はオススメです。

f:id:sarunokinobori:20161210001236j:plain
糺の森を抜けると、下鴨神社へと到着します。

f:id:sarunokinobori:20161210001244j:plain
下鴨神社の楼門前です。
混雑とまではいきませんが、参拝者はそこそこいました。

下鴨神社と言えば、楼門の近くに立つ銀杏の木。
ここの紅葉が美しく人気があります。

しかし、残念ながら、もう散っていました。

f:id:sarunokinobori:20161210001258j:plain
しかし、西参道の鳥居の紅葉は、見頃。
色が濃く、また鮮やか。

十分な見応えがあります。

f:id:sarunokinobori:20161210001308j:plain
そして、こちらが河合神社の紅葉となります。
河合神社は、下鴨神社の摂末社です。

糺の森を流れる瀬見の小川。
その西側に、河合神社は存在しています。

現在の下鴨神社と糺の森は、見頃の紅葉が多数存在。
特に、糺の森は、見頃の木ばかりです。

今年は、京都の紅葉に縁がなかったな。
そう思っている方は、下鴨神社へと訪れて下さい。

見頃の紅葉が、出迎えてくれますよ。

-平成28年(2016)12月9日撮影-

下鴨神社の紅葉の見頃の時期と状況

今年の下鴨神社の紅葉の見ごろや色づき具合を紹介します。

平成28年(2016)
平成28年(2016)10月22日:まだ青葉。
平成28年(2016)11月2日:まだまだ青葉。
平成28年(2016)11月12日:糺の森、まだ青葉。
平成28年(2016)11月17日:糺の森、色づき始めています。
平成28年(2016)11月19日:糺の森、一部赤い木があります。
平成28年(2016)11月26日:順調に色づいています。
平成28年(2016)12月3日:一部見頃を迎えています。
平成28年(2016)12月5日:見頃となりました。
平成28年(2016)12月9日:見頃継続中。

過去の下鴨神社の紅葉の見ごろ情報

過去の見頃を知る事により、今年の見ごろの予想に役立てて下さい。

平成26年(2014)の色づき具合
平成26年(2014)11月15日:色づき始め。
平成26年(2014)12月3日:ほぼ見頃。

平成27年(2015)
平成27年(2015)11月4日:全体的にまだ青葉。
平成27年(2015)11月13日:全体的に色づき始め。
平成27年(2015)11月16日:色づき進行中。
平成27年(2015)11月21日:糺の森、さらに色づき進行中。
平成27年(2015)11月27日:色づき進行中。しかし、まだ見頃前。
平成27年(2015)12月8日:糺の森。ほぼ見頃です。

下鴨神社の駐車場

下鴨神社には、参拝者駐車場が用意されています。
下鴨神社西駐車場は、普通車約150台駐車可能で24時間営業。

料金は、基本30分毎に200円。
ただし、お正月や大文字などの特別な日は1時間500円となります。

下鴨神社へのアクセス

まずは、京都駅からの行き方です。
バスターミナルから市バス4番・205番に乗車、下鴨神社前で下車。

地下鉄北大路駅からでも、同じく市バス4番・205番に乗車して下さい。

京阪電車・叡山電車の出町柳駅からだと、徒歩で約10分。
糺の森までだと、5分くらいで到着します。

f:id:sarunokinobori:20150216143842j:plain
(周辺地図)

京都の紅葉の名所
京都の紅葉、見頃や時期。名所や穴場も掲載。

葵祭
葵祭、観覧席以外の撮影場所と混雑状況。
下鴨神社の流鏑馬神事。
斎王代禊の儀。

下鴨神社の祭事・行事
下鴨神社で初詣。参拝時間や夜の混雑具合。さるやは営業中。
下鴨神社の御手洗祭。混雑回避の時間。
下鴨神社の流し雛。和紙の雛人形を流して無病息災祈願。

下鴨神社の四季
下鴨神社の蛍、時期や場所。雨でも観賞可能。