読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

野宮神社の節分祭。ぜんざいの接待あり。

野宮神社の節分祭に、行ってきました。
その時の境内の様子は、「野宮神社の節分祭」に掲載しています。

野宮神社は、京都市右京区にあります。
良縁と子宝、学問のご利益がある神社です。

そんな野宮神社で行われる節分祭。
除災招福の節分祭となります。

立春大吉の御神札の授与。
そして、ぜんざいの無料接待が行われます。

ぜんざいの無料接待の開始は、11時からです。
14時頃まで配られますが、無くなり次第終了となります。

また、1人1杯まで注意書きが貼ってありました。
おかわりは出来ませんので、ご注意ください。

今回は、野宮神社の節分祭を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



野宮神社の節分祭の見所

野宮神社の節分祭

毎年、京都の節分祭を回っています。
今年は、嵐山の節分祭を訪れました。

時間の関係で、それ程多くの場所を訪れる事が出来ません。
そこで今回は、2か所に行き先を絞りました。

1つは、野宮神社。
もう1つは、天龍寺です。

まずは、野宮神社へ訪れました。

野宮神社は、かつて斎王が伊勢神宮へ仕える前に、身を清めていた場所です。
現在は、縁結びの神様、子宝安産の神様が祀られています。

f:id:sarunokinobori:20170208230227j:plain
野宮神社へ到着です。
鳥居前で、ぜんざいの無料接待が行われていました。

しかし、まずは本殿への参拝が先です。

f:id:sarunokinobori:20170208230234j:plain
野宮神社へ訪れると、いつも鳥居を見上げてしまいます。
野宮神社の鳥居は、黒木鳥居です。

黒木鳥居とは、どういった鳥居の事だと思いますか。
それは、樹皮がついたままの鳥居の事を指します。

鳥居の形式としては、日本最古のものだそうです。

鳥居をくぐって、本殿を参拝。
本殿へ参拝後は、境内を散策しました。

節分の日でしたが、いつも通りの野宮神社です。
しかし、若干人は多めでした。

f:id:sarunokinobori:20170208230241j:plain
いつも通り綺麗な野宮神社の苔の庭です。

f:id:sarunokinobori:20170208230249j:plain
恋愛にご利益がある野宮神社らしい絵馬。
こちらも、いつも通り光景です。

境内の散策したので、ぜんざいを頂く事にしました。

f:id:sarunokinobori:20170208230255j:plain
こちらが、頂いたぜんざいです。
とても甘くて、美味しいぜんざいでした。

f:id:sarunokinobori:20170208230553j:plain
この後、竹林を散策。
御神神社へ寄った後、天龍寺へと向かいました。

野宮神社の駐車場

野宮神社には、駐車場はありません。
公共交通機関を利用して下さい。

野宮神社へのアクセス

野宮神社への行き方です。

JR京都駅から乗車。
JR嵯峨嵐山駅で下車、徒歩約8分。

f:id:sarunokinobori:20160926204912j:plain
(周辺地図)

野宮神社の祭事・行事
斎宮行列。募集や雨天の情報。
嵯峨祭。神幸祭と還幸祭が見応えあり。