読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

錦天満宮の初詣。撫で牛で学業成就。

京都観光 京都市中京区 京都の初詣 京都の神社

錦天満宮は、京都市中京区にあります。
京都の初詣場所として、干支が丑年の時に人気が高い神社です。

錦天満宮は、繁華街(新京極商店街)にあります。
繁華街にあるため、境内があまり広くありません。

そういう訳で、元日は本殿への参拝者で列が出来ます。
1月2日以降も、本殿への参拝には、多少時間がかかる神社です。

錦天満宮は、菅原道真を祀っています。
菅原道真は、生前牛と深い関りがある人物です。

左遷になった菅原道真は、太宰府へと旅立つ事になりました。
その道中、刺客に命を狙われます。

その時、菅原道真の命を救ったのが、白牛です。
菅原道真は、その白牛に乗って、旅を続けます。

また、菅原道真が薨去(こうきょ)したのも丑の日でした。
そのため、天満宮の境内には、牛の像が奉納されるようになったそうです。

もちろん、錦天満宮にも牛の像があります。
干支が丑年の時に人気がある理由は、牛に縁がある神社だからです。

今回は、そんな錦天満宮の初詣の紹介です。
参拝時間やご利益などを、掲載しています。

【スポンサーリンク】



錦天満宮の初詣の見所

錦天満宮の初詣の概要

錦天満宮の初詣は、学業成就にご利益があります。
錦天満宮へ初詣に訪れる人数は、未発表です。

私が初詣に訪れた感じでは、それ程ではありませんでした。
ただ、錦天満宮の境内は、狭いです。

そのため、人数以上に混雑を感じかもしれません。
また、本殿への参拝には、少し並びます。

錦天満宮の参拝出来る時間帯は、以下の通りです。

★錦天満宮の参拝出来る時間帯★

錦天満宮の境内の開門時間は、8時から20時30分までです。

12月31日と1月1日は、時間帯が変わります。

12月31日の8時から1月1日の1時まで開門。
そして、1月1日の元日は、7時から門が開きます。

大晦日、元旦でも、終日開いている訳ではありません。
元旦に初詣巡りを考えている方は、ご注意ください。

-終了-

三が日の昼は、錦天満宮への本殿への並ぶ列は、長くなると思います。
私が、1月2日の昼に参拝した時は、5分~6分程並びました。

並ぶ時間としては、短い方だとは思います。

錦天満宮のご利益

初詣で気になるのが、その神社で授かるご利益です。
錦天満宮のご利益は、知恵・ 学問 ・ 商才 ・ 招福・厄除けなど。

菅原道真を祀っているので、学業成就・合格祈願が人気のご利益です。
また、繁華街にある事から、商売繁盛を祈願する人も訪れます。

錦天満宮の初詣巡り

八坂神社から始まった、1月2日の京都初詣巡り。
平安神宮と下鴨神社を経て、再び八坂神社の最寄駅に降り立ちました。

八坂神社の最寄駅は、京阪・祇園四条駅です。
なぜ、再びこの駅で降りたのか?

それは、錦天満宮に行きたかったからです。
下鴨神社を参拝していた時に、ふと錦天満宮の事を思い出しました。

この後、伏見稲荷大社にも行く予定となっています。
祇園四条駅から急ぎ足で、錦天満宮へと向かいました。

f:id:sarunokinobori:20170103203123j:plain
そして到着、錦天満宮。
ビルにめり込んだ鳥居が有名な神社です。

この鳥居の光景は、京都の珍スポットの1つ。
鳥居を壊さずビルを建てた結果、このようになりました。

f:id:sarunokinobori:20170103203131j:plain
鳥居の目の前に、錦天満宮があります。
昼だったので、そこそこ人がいました。

f:id:sarunokinobori:20170103203142j:plain
本殿への参拝の列は、入口付近まで並んでいました。
参拝まで時間がかかるかな?

そう思ったのですが、並んだ時間は5分程度です。
無事に参拝出来たので、境内をぷらりと散策しました。

f:id:sarunokinobori:20170103203150j:plain
本殿の北側にある塩竈神社です。
光源氏のモデルと言われている源融が祀られています。

ご利益は、安産です。

f:id:sarunokinobori:20170103203158j:plain
続いては、日之出稲荷神社です。
五穀豊穣を守護する神である倉稲魂命が祀られています。

ご利益は、商売繁盛です。

f:id:sarunokinobori:20170103203206j:plain
そして、白太夫神社です。
渡會春彦が祀られています。

ご利益は、子授けです。

本殿と違い、こちらに参拝する人は、皆無。
そのおかげで、ゆったりと祈願する事が出来ました。

f:id:sarunokinobori:20170103203213j:plain
天満宮と言えば、こちら。
「撫で牛」こと臥牛です。

この臥牛は、勤勉・慈愛・健康の象徴として奉納されたそうです。

せっかくなので、私も牛の頭をなでなで。
そして、錦天満宮を後にしました。

以上が、1月2日の昼の錦天満宮の様子です。

少しは本殿への列は出来ます。
しかし、並ぶ時間はそれ程ではなかった事が分かりました。

来年以降、錦天満宮へ初詣へ行こうと思っている方。
少しでも、何かの参考になれば幸いです。

伏見稲荷大社の初詣の様子は、こちらを参考にして下さい。
予想以上の大混雑でした。
伏見稲荷大社で初詣。参拝時間や夜の混雑具合。屋台あり。

-平成29年(2017)1月2日参拝-

錦天満宮の駐車場

錦天満宮には、駐車場がありません。
公共交通機関を利用して訪れて下さい。

錦天満宮へのアクセス

錦天満宮への行き方です。

市バス「四条河原町」の停留所で下車。
そこから、徒歩5分で到着。

f:id:sarunokinobori:20170103202654j:plain
(周辺地図)

京都で初詣が楽しめる寺社
京都の初詣。おすすめから穴場の神社まで。