京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

本能寺の御朱印と御朱印帳。

本能寺は、京都市中京区にあります。
御朱印と御首題が頂けるお寺です。

御首題は、日蓮宗の御朱印。
基本的に、御首題に書いて頂く事が出来ます。

本能寺の御朱印は、限定のものはありません。
もし発見したら、追記します。

御朱印が頂ける場所は、寺務所(御朱印所)。
頂ける場所の写真は、参拝記に掲載しています。

寺務所の時間は、9時から17時。
拝観料金は、無料です。

今回は、本能寺の御朱印を紹介します。
何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



本能寺の御朱印と御朱印帳

本能寺の御朱印と御朱印帳の種類

本能寺の御朱印は、通常のものがあります。
手に入れた御朱印の写真は、下記の参拝記録に掲載中です。

妙法の御朱印
いつ参拝しても、授与して頂けます。
妙法と書かれた御朱印です。

納経料(料金)は、300円です。

本能寺の御首題
いつ参拝しても、授与して頂けます。
南無妙法蓮華経と書かれた御首題です。

御首題帳に書いてもらうのが基本です。
他宗派の御朱印が書かれている御朱印帳では、頂けない場合もあります。

本能寺は、頂けるようです。
納経料(料金)は、300円です。

本能寺の御朱印帳

本能寺には、オリジナルの御朱印帳があります。

本能寺の御朱印帳
織田木瓜が描かれている御朱印帳が1冊。
寺紋が描かれている御朱印帳が色違いで3冊です。

どの御朱印帳にも長方形の白い部分があります。
そこは、「御朱印帳」もしくは「御首題帳」と記載する欄です。

価格は、1,000円となっています。

本能寺の御朱印袋
本能寺には、オリジナルの御朱印袋も存在しています。
しわになりにくい素材を使用しているので、持ち運びに便利です。

本能寺の御朱印巡り

天性寺で御朱印を頂きました(※)。

(※その時の様子は、下記の参拝記の項に書いています。
天性寺の御朱印。

次に向かった先は、織田信長にゆかりがある寺院の本能寺です。

本能寺と言えば、明智光秀が織田信長を襲撃した所。
本能寺の変の舞台となったお寺です。

ただし、現在の本能寺で襲撃にあった訳ではありません。
本能寺は移転したので、移転前の本能寺で明智光秀に襲われました。

旧本能寺跡には、昔の面影は全くありません。
ただ、石碑が設置されているだけです。

京都がっかりスポットとして、時々紹介される旧本能寺跡。
個人的には、石碑があるだけマシとは思うのですが……。

f:id:sarunokinobori:20161115212601j:plain
天性寺のすぐ隣になるので、あっという間に到着です。

f:id:sarunokinobori:20161115212610j:plain
門の横には、日蓮大聖人の像が安置されています。

f:id:sarunokinobori:20161115212618j:plain
まずは、本堂へ参拝。
手を合わせて、祈願。

f:id:sarunokinobori:20161115212628j:plain
そして、寺務所へ移動。
寺務所は、門を入って少し歩いた左手にあります。

御朱印所と書いたあるので、迷う事はないです。
ちなみに赤い矢印の先が、御朱印所の入口となっています。

f:id:sarunokinobori:20161115212700j:plain
そして頂いた本能寺の御朱印。
妙法と書かれています。

この文字を見て、正直少しホッとしました。
実は本能寺の御朱印は、書き手によってかなり個性が出ます。

本能寺の御朱印を調べた時、んっ?と思う字体がありました。
今回頂いた字体は、私の好みの字体です。

それで、少しホッとした訳です。
ちなみに、御首題は頂きませんでした。

御首題帳を新たに作った時に、御首題は頂きたいと思います。
さて、次に向かった先は、檀王法林寺。

黒招き猫の伝説が残るお寺です。

その時の様子は、こちらを参照して下さい。
檀王法林寺の御朱印。

-平成28年(2016)10月4日参拝-

本能寺の駐車場

本能寺には、駐車場があります。
駐車台数20台、200円/30分です。

本能寺へのアクセス

本能寺への行き方です。

地下鉄京都駅から乗車。
京都市役所前で下車。

そこから、徒歩約5分。
本能寺へ到着です。

さらに詳しいアクセス方法は、こちらを参考にして下さい。
本能寺へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20161115212721j:plain
(周辺地図)