読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

恵美須神社(ゑびす神社)のお参りの仕方。

恵美須神社のお参りの仕方は、他とは少し違っています。
違っていると言っても、難しい訳ではありません。

やり方は「恵美須神社(ゑびす神社)のお参りの仕方」に掲載しています。

恵美須神社は、京都市東山区にあります。
京のえべっさんとも呼ばれている神社です。

◆恵美須神社についての簡単な説明◆

恵美須神社は、建仁寺の鎮守として創建されました。
日本三大ゑびすの1つに数えられています。

他に2社は、西宮神社。
そして、今宮戎神社です。

祭神は、八代古言代主大神(※)が祀られています。
(読み方は:「やえことしろぬしのおおかみ」)

七福神の1柱で、商売繁盛にご利益があります。
多くの商売人から、信仰がされている神様です。

また毎年1月に行われる十日ゑびすでは、多くの人で境内が賑わいます。
夜通し行われる、とても活気がある行事です。

-終-

今回は、そんな恵美須神社(ゑびす神社)のお参りの仕方を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

【スポンサーリンク】



恵美須神社のお参りの仕方の概要

恵美須神社(ゑびす神社)のお参りの仕方

京都のゑびす神社では、他の神社と違った参拝方法があります。
お参りの仕方は、とても簡単です。

f:id:sarunokinobori:20170503214309j:plain
まずは、本殿前で手を合わせて祈願します。
ここまでは、他の神社と同じです。

この後、本殿の左側へとまわります。

f:id:sarunokinobori:20170503214322j:plain
左側は、このような感じです。
赤い矢印の位置まで、移動してください。

f:id:sarunokinobori:20170503214340j:plain
赤い矢印の場所です。
写真の右側に、何か書いてあります。

f:id:sarunokinobori:20170503214348j:plain
「優しくトントンと叩いてください」

指示に従って、格子を優しく肩を叩くようにトントンしましょう。
そうする事によって、ゑびす様に参拝した事を知らせます。

なぜこのような事をするのでしょうか。
ゑびす様は、高齢な神様です。

そのため、耳が遠くなってしまいました。
だから、肩を叩いて神社へ来た事を知らせます。

以上で、恵美須神社(ゑびす神社)のお参りの仕方は終了です。
難しい事もなく、とても簡単ですよね。

1.恵美須神社へ訪れた時は、まずは本殿の正面で参拝。
2.その後、東側にまわって、格子を優しく叩いてお知らせ。

恵美須神社へ訪れた時は、このやり方で参拝して下さいね。

恵美須神社(京都ゑびす神社)の駐車場

恵美須神社には、駐車場はあります。
ただし、2台しか止める事が出来ません。

周辺の有料駐車場を利用。
もしくは、公共交通機関で行くのが無難かもしれません。

恵美須神社(京都ゑびす神社)へのアクセス

恵美須神社への行き方です。

市バス31・46・201・203・207系統に乗車。
四条京阪前停留所で下車して、歩約5分。

あるいは、京阪祇園四条駅から徒歩5分。

f:id:sarunokinobori:20160101203925j:plain
(周辺地図)

恵美須神社(京都ゑびす神社)の祭事・行事
恵美須神社の十日ゑびす大祭(初ゑびす)。
恵美須神社の二十日ゑびす大祭(ゑびす講)。

恵美須神社(京都ゑびす神社)の関連情報
恵美須神社(ゑびす神社)の御朱印。