京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

宇治市植物公園の蛍2017、時期や時間。シャトルバスも運行中。

宇治市植物公園は、その名の通り宇治市にあります。
丘陵地に広がる植物園の敷地は、約100,000平方メートル。

四季の植物も楽しめますが、初夏の時期は蛍も満喫可能。
園内で育った蛍(ホタル)が、見頃の時期にモミジの間を飛び交います。

ここの蛍の群生は、とても美しいと評判です。
ぜひ、見ていみたい。

そう思った方は、宇治市植物公園のほたるナイターで見学出来ますよ。
毎年、5月下旬から6月中旬に開催されるイベントです。

【スポンサーリンク】



宇治市植物公園のホタルを観賞

宇治市植物公園のほたるナイター

宇治市植物公園で開催されるほたるナイター。
今年の開催時期は、平成28年(2015)5月21日から6月12日まで。

夜間入園料金が、大人300円・小人150円。
午後4時以降が、夜間入園になります。

時間は、午後7時から9時30分まで営業。
緑の館・蛍観賞区域・主園路が開放されます。

ホタルを捕まえたり、触ったりする事は禁止。
また、ビデオ撮影や写真の撮影も禁止です。

ルールを守って、ぜひ暗闇の中、光輝くホタルを観賞して下さい。

シャトルバスも運行中

ほたるナイター開催期間中の土曜日と日曜日に、シャトルバスが運行。
宇治市役所駐車場と植物公園を、約15分間隔で行き来します。

無料ですので、ぜひ利用して下さい。

宇治市植物公園の駐車場

駐車場は完備しています。
普通車400円、大型車1,500円です。

ただし、ほたるナイターは混雑する可能性があります。
公共交通機関を利用した方が、良いかもしれません。

宇治市植物公園へのアクセス

宇治市植物園への行き方です。

近鉄京都線「大久保駅」で下車、京阪バスに乗車。
植物公園停留所で降りてすぐ。

京阪宇治駅、JR宇治駅で下車、京阪バスに乗車。
同じく植物公園停留所で降りてすぐに到着します。

f:id:sarunokinobori:20150325164001j:plain

京都の蛍が観賞できる場所
京都のホタルの名所やスポット。