京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

神泉苑の桜2017。見頃や開花状況。ライトアップあり。

神泉苑は、京都市中京区にあります。
東寺真言宗のお寺です。

神泉苑は、花見発祥の地。
神泉苑の桜で、嵯峨天皇が初めて花見を行いました。

日本後紀に次のような一文があります。

「弘仁3年(812)、二月十二日。幸神泉苑。覧花樹。
命文人賦詩。賜綿有差。花宴之節始於此矣。」

「嵯峨天皇が神泉苑に行幸。
桜の木をご観賞。

文人に詩を作らせ、綿を賜わった。
花宴の節がこれより始まった。」

このような事が書かれています。
春の神泉苑を訪れると、花見発祥の地で桜を見る事が可能です。

今回は、そんな神泉苑の桜を紹介します。
少しでも役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



神泉苑の桜の開花情報

神泉苑の桜の見所

神泉苑の桜は、境内の至る場所で咲きます。
花見発祥の地の桜だけあり、美しい桜が観賞可能です。

鎮守稲荷社や平安殿の前には、染井吉野。
本堂前には、しだれ桜が咲き誇ります。

個人的には、善女竜王社周辺からの光景がオススメです。
池と建造物と桜を同時に見る事が出来ます。

なかなか絵になる光景ですよ。
下記の写真を掲載していますので、良ければ参考にして下さい。

神泉苑では、夜桜のライトアップも開催されています。
夜桜を楽しみたい方にも、オススメの場所ですよ。

神泉苑は、境内の拝観は無料。
拝観時間は、8時30分から20時です。

ただし、ライトアップ期間は、22時頃まで延長。
夜桜をゆったりと楽しめるようになっています。

境内は、それ程広くありません。
歩き回る事なく、のんびりとお花見が出来ますよ。

神泉苑の桜の写真

神泉苑の桜の写真です。

f:id:sarunokinobori:20160403180855j:plain
鎮守稲荷社の桜。

f:id:sarunokinobori:20160403180905j:plain
善女竜王社の手前から、池を見た光景です。
時期によっては、桜の花で池が染まると思います。

f:id:sarunokinobori:20160403180916j:plain
善女竜王社とそこに架かる法成橋です。
写真では分かり難いですが、法成橋の背景に桜が咲いています。

実際に見ると、とても綺麗な光景ですよ。
ぜひ、その目で確かめて下さいね。

f:id:sarunokinobori:20160403180931j:plain
善女竜王社から平安殿を見ると、このような感じです。

f:id:sarunokinobori:20160403180940j:plain
法成橋付近にも、桜が咲いています。

f:id:sarunokinobori:20160403180959j:plain
神泉苑の池に浮かぶ龍頭鷁首の船。
この船の一緒に、桜を見る事も出来ます。

神泉苑の桜の見頃と開花情報

今年の神泉苑の開花情報です。

平成29年(2017)の開花状況
平成29年(2017)4月3日:咲き始め。
平成29年(2017)4月6日:ほぼ見頃。
平成29年(2017)4月9日:満開です。

過去の神泉苑の桜の開花状況

平成28年(2016)の神泉苑の開花情報です。

平成28年(2016)の開花状況
平成28年(2016)3月23日:咲き始め。
平成28年(2016)3月30日:しだれ桜・染井吉野、見ごろ手前。
平成28年(2016)4月3日:見頃です。
平成28年(2016)4月9日:散り始め。

神泉苑の駐車場

神泉苑には、駐車場はありません
二条城前の駐車場を利用する事になります。

神泉苑へのアクセス

神泉苑への行き方です。

JR京都駅から市バス15の乗車、神泉苑前で下車すぐ。
JR二条駅より徒歩10分。
地下鉄二条駅前から徒歩2分。

詳しいアクセス方法は、こちらです。
神泉苑へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20150131233306j:plain
(周辺地図)

他の京都の桜の名所はこちらから。
京都の桜。見ごろや開花時期。名所や穴場も掲載。

神泉苑の祭事・行事
神泉苑の節分祭。しょうが湯や大根焚きの接待あり。
神泉苑の観月会。雨天決行。
神泉苑大念仏狂言。雨天決行。