京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

二尊院の普賢象桜2017。見頃や開花状況。

二尊院は、京都市右京区にある天台宗のお寺です。
秋の二尊院の参道は、紅葉の馬場と呼ばれ、京都の紅葉の名所として多くの参拝者が訪れます。

紅葉ほどではありませんが、美しく桜が咲く事でも知られています。
特に遅咲きの桜「二尊院普賢象桜」は、評判が良いです。

二尊院の桜の話をする前に、簡単に二尊院を紹介します。

創建は、平安時代初期の承和年間(834~847年)だと伝えられています。
嵯峨天皇の勅願により、慈覚大師が建立。

本尊は、釈迦如来と阿弥陀如来です。
感の良いか方は気づいたかもしれませんが、二尊院の寺名は、二如来を祀っている事が由来です。

そんな二尊院の桜を紹介します。
遅咲きの桜なので、後半に楽しめますよ。

【スポンサーリンク】



二尊院の普賢象桜。見ごろや開花状況

二尊院の桜

二尊院の桜の見所は、大きく分けて2つあります。
まずは、しだれ桜です。

参道・本堂・唐門付近に、紅色の美しい枝垂桜が咲き誇ります。
特に本堂前のしだれ桜は、綺麗でしすよ。

次に、遅咲きの二尊院普賢象桜。
本堂近くに植えられています。

f:id:sarunokinobori:20150226171423j:plain
(代用写真:引接寺の普賢象桜)

この普賢象桜の特徴は、花びらの多さです。
1つの花に、約140名程花びらが付いています。

二尊院普賢象桜の写真が無いので、引接寺の普賢象桜を貼っておきます。

京都観光歴は長いのですが、京都撮影歴はそれ程長くありません。
何で初期から写真を撮っておかなかったんだろうと、今更ながら後悔です。
まぁ、撮っていないものを嘆いても仕方がありません。

二尊院の桜の話に戻します。
しだれ桜と二尊院普賢象桜、実は開花時期と見ごろが違います。

しだれ桜の見ごろは、4月上旬~中旬。
一方、二尊院普賢象桜は、4月中旬~下旬です。

しだれ桜が散り始める頃に、普賢象桜が開花を始めます。
運が良ければ、同時に咲いている所を見れるかもしれませんが、多分どちらも咲きはイマイチだと思います。

二尊院の桜を見たいと思っている方は、どちちを観賞するか決め打ちした方が無難ですよ。
どちらがオススメかと問われれば、二尊院普賢象桜でしょうか。

しだれ桜が綺麗に咲くお寺は、京都にはたくさんあります。
しかし、普賢象桜が観賞できるお寺は、それ程多くはありません。

どちらも綺麗に咲くので、2回訪れるのもありの選択です。

二尊院の桜の見頃と開花情報

今年の二尊院の桜の見頃と開花情報です。

平成29年(2017)
平成29年(2017)4月9日:普賢象桜、つぼみ。参道、ほぼ見頃。

過去の二尊院の桜の開花状況

二尊院のしだれ桜の開花予想は、4月上旬です。
見ごろは、4月上旬~中旬頃ではないでしょうか。

二尊院普賢象桜は遅咲きなので、4月中旬頃と予想しています。

平成27年(2015)の開花状況
平成27年(2015)3月24日:咲き始め。
平成27円(2015)4月5日:普賢象桜以外が見ごろです。

平成28年(2016)
平成28年(2016)4月1日:咲き始め。
平成28年(2016)4月6日:見頃です。

二尊院までのアクセス

京都駅から電車に乗車、JR嵯峨嵐山駅で下車。
徒歩約10~15分で到着します。

f:id:sarunokinobori:20150226181533j:plain

他の京都の桜の名所はこちらから。
京都の桜。見ごろや開花時期。桜の名所も掲載中。