読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都駅前の羅城門。

京都観光 京都市下京区 京都の名所

京都駅に前に、羅城門が置かれています。
その羅生門を、撮影しました。

また、羅城門には、小銭が置かれているのを発見。
お賽銭か何かでしょうか?

その時の羅城門の写真は、「京都駅前の羅城門」の掲載しています。

羅城門は、平安京の南に建てられて門です。
正面33メートル、奥行8メートルの巨大な門でした。

その大きさ故に、大風が吹いたときに倒壊。
再建されましたが、また風により破損します。

その後、修繕される事無く朽ち果てました。
現在では、その跡地に石碑が残るのみです。

そんな羅生門が、京都駅前北口広場に再建されました。
もちろん、当時の大きさではありません。

10分の1程には、縮小されています。
それでも、見応えがある大きさです。

今回は、京都駅前の羅生門を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



京都駅前の羅生門の見所

京都駅前の羅生門

京都駅前にある羅城門の存在は、ニュースで知りました。
1度見たいと思ったいたのですが、その機会はなかなか訪れません。

しかし、遂にその機会が訪れました。

◆京都駅前の羅城門について◆

京都駅前にある羅城門は、当時の1/10のスケールで作られた模型です。
観光都市京都をアピールするために、設置されました。

もともと、1994年に宮大工らによって作られた羅生門の模型。
しかし、その大きさから展示する場所がなかったそうです。

そのため、とあるビルの地下へと保管されていました。

しかし、「明日の京都 文化遺産プラットフォーム」事業の一環で、防水加工などを施し、京都駅前に設置される事になりました。

製作費:約1億円。
事業費:約3千万円。

-終-

f:id:sarunokinobori:20170207225018j:plain
こちらが、京都駅前のある羅生門です。
確かに、この大きさだと、展示される場所が限られますね。

設置されたのは、2016年の11月。
それなりに、時間は経っています。

そのためでしょうか。
羅生門の前には、観光客の姿が1人もいませんでした。

f:id:sarunokinobori:20170207225025j:plain
このように門を警備している人もいます。
個人的に残念なのは、顔が描かれていない事です。

f:id:sarunokinobori:20170207225032j:plain
初め見て時は、コインかなと思ったのですが……。
よく見るとお金でした。

数枚の1円が、羅生門には、投げ入れられています。
多分ですが、外国の方がお賽銭として投げたのではないでしょうか。

全く知識がない人が見ると、羅城門は神社関連の建造物に見えなくもありません。

f:id:sarunokinobori:20170207225041j:plain
こちらは、平安神宮の応天門です。
結構、似ていますよね。

気になるのが、このお金はどうなるのかです。
拾得物として、警察に届けられるのでしょうか。

f:id:sarunokinobori:20170207225415j:plain
最後に、京都タワーと一緒に撮影。
大満足して、羅生門を後にしました。

羅生門の模型へのアクセス

羅生門の模型への行き方です。

JR京都駅中央改札口を出て、徒歩3分。