京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

閑院宮邸跡のさつき2018。

京都御苑には、様々な建物が存在しています
閑院宮邸跡も、その中の1つです。

閑院宮邸跡の前には、さつきが咲いていました。

◆閑院宮邸についての簡単な説明◆

閑院宮邸は、京都御苑内にあります。
閑院宮家の屋敷跡です。

閑院宮は、江戸時代の四親王家の1つです。
他の3つは、見宮家、宮家、有栖川宮家となります。

東山天皇の皇子直仁親王を始祖として、創立されました。
そして、御苑の南西部に屋敷を構えます。

建物は、1788年の天明の大火にて焼失。
その後、再建されます。

しかし、再建された建物と現在の建物との詳しい関係は、謎となっています。

閑院宮は、東京遷都に伴い、東京へと移ります。
そして残った閑院宮邸は、裁判所などとして利用されました。

現在は、京都御苑の自然と歴史についての写真・絵図・展示品・解説を備えた収納展示室となっています。

庭園や建物は、入館無料で見学可能です。

-終-

今回は、閑院宮邸跡のさつきを紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



閑院宮邸跡のさつきの概要

閑院宮邸跡のさつき

京都御苑で、新緑を観賞しました。
新緑の京都御苑を散策。

その時に、京都御苑内にある閑院宮邸跡も訪れました。
閑院宮邸は、江戸時代から続いた閑院宮家の屋敷跡です。

古建築や歴史資料、庭園が、無料で見学出来ます。

f:id:sarunokinobori:20180521221149j:plain
閑院宮邸の門も前に到着です。
場所は、京都御苑の西南にあります。

f:id:sarunokinobori:20180521221156j:plain
門をくぐると、閑院宮邸が見えます。
ここから中に入る事が出来ます。

まず入る前に、閑院宮邸のさつきを見る事にしました。
写真の左下のピンクの花が、さつきです。

f:id:sarunokinobori:20180521221205j:plain
初め見た時は、つつじかなと思いました。
しかし、つつじは時期的に、既に枯れています。

そうなると、次の候補はさつきです。

f:id:sarunokinobori:20180521221228j:plain
近づくと、まだ蕾のものがありました。
さつきは、ちょうど今の時期に咲く花です。

f:id:sarunokinobori:20180521221236j:plain
さらに、一つ一つの葉も小さ目です。
つつじとさつきの大きな違いは、葉の大きさにあります。

つつじが大きく、さつきは小さいです。
この事から、さつきだという事が分りました。

閑院宮邸跡は、無料で見学出来ます。
さつき以外にも、建物内や庭園も楽しめる所です。

京都御苑を訪れた時は、ぜひ遊びに行ってみて下さい。

また閑院宮邸跡に限らず、さつきはまだ見頃の場所が多いです。
京都に出かけた時は、さつきの花を楽しんで下さいね。

京都御苑の駐車場

京都御苑には、駐車場が存在しています。
車で行かれる方は、利用してみてはいかがでしょうか。

京都御苑へのアクセス

京都駅から地下鉄に乗車。
丸太町駅か今出川駅で下車、すぐに到着します。

f:id:sarunokinobori:20150220161051j:plain

京都御の四季
京都御苑の梅。見頃や開花状況。
京都御苑の桜。見頃や開花状況。近衛邸跡の糸桜を堪能。
京都御苑の紅葉、見ごろや現在の状況。