読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

石清水八幡宮の太夫道中。

石清水八幡宮は、京都府八幡市にあります。
「八幡のはちまんさん」の名で、親しまれている神社です。

そんな石清水八幡宮で、太夫道中が行われます。
以前は行われたいたのですが、しばらくの間途絶えていました。

それが神社の国宝指定により、太夫道中が復活。
30年ぶりに、境内にてお披露目する運びとなったのです。

久しぶりに復活となる太夫道中。
せっかくなので、友人と一緒に見学に行きました。

今回は、石清水八幡宮の太夫道中を紹介します。
撮影した写真を掲載中、少しでも雰囲気が伝われば幸いです。

【スポンサーリンク】



石清水八幡宮の太夫道中の見所

石清水八幡宮の太夫道中の概要

石清水八幡宮の太夫道中は、30年ぶりに復活した行事です。
八幡宮の大祭で、2人の島原太夫によりお披露目されます。

参道から本殿まで、禿や傘持ちと共に島原太夫が歩きます。
そして、舞を披露して、境内に花を添えるのです。

今回(平成28年)に太夫道中を披露したのは、葵太夫です。
撮影した写真は下記に、掲載しています。

石清水八幡宮は、京都市外にある神社。
そのためか、市内のこの手の行事に比べると、混雑度は低かったです。

13時から太夫道中が始まるのですが、私が訪れたのもちょうど13時。
それでも特に問題なく、観覧場所が確保出来ました。

さすがにベストポジションで見るには、場所取りが必要でしょう。
しかし、適度に写真が撮影出来る所なら、特に必要ありません。

京都らしい行事を、ゆったりと観賞出来ます。
石清水八幡宮の太夫道中は、かなりオススメですよ。

石清水八幡宮の太夫道中の写真

石清水八幡宮の太夫道中の写真です。
混雑度は低めなので、撮影は楽だと思います。

ただ、参道を歩くため、全く人を入れずに撮影するのは難しいです。
そのため、トリミングやモザイクをしています。

f:id:sarunokinobori:20160410193521j:plain
私が撮影場所に選んだのは、三ノ鳥居前。
ここが1番空いており、撮影及び見学が楽です。

一見混雑いているようですが、かなり隙間が空いています。

f:id:sarunokinobori:20160410193648j:plain
禿や傘持ちと共に歩く島原太夫です。
このような感じで歩いてきます。

f:id:sarunokinobori:20160410193758j:plain
後ろには、もう一人の島原太夫もいます。

f:id:sarunokinobori:20160410193808j:plain
場所を変えて撮影。

f:id:sarunokinobori:20160410193819j:plain
写真では伝わり難いですが、独特の歩き方をしています。
外八文字という足捌きです。

その足捌きを注目して見ると、より楽しめるのではないでしょうか。

先ほども書いた通り、場所取りしなくても写真は普通に撮る事が出来ます。
私は、特に問題なく撮影しました。

ただ、ほぼ真正面から島原太夫を撮影したい場合は、場所取りは必要です。
また、望遠レンズもあった方が良いと思います。

石清水八幡宮の駐車場

石清水八幡宮には、駐車場が用意されています。
普通車終日500円です。

車で参拝を考えている方。
利用してはいかがでしょうか。

石清水八幡宮へのアクセス

石清水八幡宮への行き方です。

京都駅から行く場合、近鉄電車に乗って下さい。
近鉄丹波橋駅から京阪丹波橋駅へ行き、京阪電車に乗り代えます。

駅同士は繋がっており、徒歩1分ぐらいで行き来可能です。
京阪八幡市駅で降りたら、徒歩またはケーブルカーで山頂へ。
徒歩の場合は、15分ぐらいで到着します。

f:id:sarunokinobori:20160110121248j:plain
(周辺地図)