読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都ハリストス正教会の聖障(イコノスタス)。見学は可能。

京都ハリストス正教会の聖堂を、訪れました。
その時の様子は、「京都ハリストス正教会を見学」に掲載しています。

京都ハリストス正教会の聖堂は、木造平屋建の教会堂です。
設計や監督は、京都府技師の松室重光によります。

聖堂の名称は、生神女福音聖堂です。
ロシア・ビザンチン様式で、建てられています。

注目なのは、聖堂内部の聖障(イコノスタス)です。
聖人や最後の晩餐の聖像(イコン)30枚が、壁のように飾られています。

20世紀初頭に、モスクワで制作。
その後、日本へと渡ってきました。

この聖堂の内部を見学する方法は、いくつかあります。

1.土曜日の夕方、日曜日の朝の礼拝中

土曜日は、17時から18時頃まで。
日曜日は、9時から12時30分まで聖堂拝観が可能です。

その場合は、普通の礼拝参祷となります。

平日は、事前予約が必要です。
いきなり訪れても、内部を見る事は出来ません。

2.京都非公開文化財特別公開など

毎年ではありませんが、特別公開が行われる時があります。
京都非公開文化財特別公開などです。

その時に、内部を見学する事が可能となります。

外観は、特に予約の必要もなく、いつでも見る事が可能です。

今回は、京都ハリストス正教会を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



京都ハリストス正教会の見所

京都ハリストス正教会を見学

京都ハリストス正教会へ、行ってきました。
秋の京都非公開文化財特別公開で、聖堂内部が公開されるからです。

京都ハリストス正教会は、このイベントに初参加となります。
今後参加するか、未定です。

これを逃したとしても、聖堂内部を見る機会が全く無くなる訳ではありません。
しかし、気軽に見る事が出来るのは、とても魅力です。

f:id:sarunokinobori:20170219214841j:plain
そういう訳で到着しました、京都ハリストス正教会。
京都市中京区にあります。

f:id:sarunokinobori:20170219214848j:plain
京都非公開文化財特別公開の立て看板です。

聖堂内部は、写真撮影は禁止。
そういう訳で、この立て看板を利用して、聖堂内部を紹介します。

f:id:sarunokinobori:20170219214855j:plain
こちらが、聖障(イコノスタス)です。

実際に見ると、とても荘厳で見応えがあります。
教会の清らかな空気と合間って、厳かな気分で見学出来ました。

ただ、教会の聖堂内部は、それ程広くありません。
見学する時間は、短いです。

f:id:sarunokinobori:20170219214903j:plain
外観は、見学自由。
そして、撮影も問題ありません。

f:id:sarunokinobori:20170219214911j:plain
斜めから見る、京都ハリストス正教会の聖堂です。

f:id:sarunokinobori:20170219214919j:plain
側面は、このようになっています。

f:id:sarunokinobori:20170219214927j:plain
こうして見ると、とても簡素です。
しかし、逆にそれが荘厳な美しさを演出しているような気がします。

f:id:sarunokinobori:20170219214943j:plain
十字がデザインされた門です。
これを撮影して、京都ハリストス正教会を後にしました。

外観も美しいのですが、やはりおススメは聖堂内部の拝観です。
聖障(イコノスタス)は、機会があれば、ぜひ見て下さい。

京都ハリストス正教会の駐車場

駐車場はありません。
公共交通機関を利用して下さい。

京都ハリストス正教会へのアクセス

京都ハリストス正教会への行き方です。

地下鉄「烏丸御池駅」下車。
あるいは、地下鉄「丸太町駅」で下車。

そこから、徒歩5分程で到着します。

f:id:sarunokinobori:20170219214957j:plain
(周辺地図)