読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

西院春日神社の若菜節句祭2017。白馬飾りも公開。

京都観光 京都市右京区 京都の神社 京都の祭事・行事

西院春日神社は、京都市右京区にあります。
病気平癒・災難厄除にご利益がある神社です。

境内には、病気を癒すという伝説の霊石も存在。
その名も「疱瘡石」。

平安時代の話。
淳和天皇の皇女、崇子内親王が疱瘡に悩まされていました。

その時に、この石に祈願をされた所、崇子内親王の代わりに石へ疱瘡を生じ、内親王の病は治ったという言い伝えが残っています。

そんな西院春日神社で、1月に行われる行事があります。
若菜節句祭です。

今回は、その西院春日神社の若菜節句祭を紹介します。
少しでも何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



西院春日神社の若菜節句祭の見所

西院春日神社の若菜節句祭の概要

西院春日神社の若菜節句祭は、無病息災を祈願して行われます。
今年の開催期間は、平成29年(2017)1月7日。

10時から行事は開始されます。
ただし、若菜粥が振る舞われるのは11時から。

若菜粥は、300円。
無くなり次第終了です。

若菜粥と小芋、梅干に昆布。
そしてお茶がセットになっています。

箸袋には、干支にちなんだ印付。
毎年通って箸袋を集めるのも楽しいと思いますよ。

境内は無料で散策可能。
この日に京都へ訪れる方は、西院春日神社へ参拝してみてはどうでしょうか。

西院春日神社の白馬飾り

西院春日神社の若菜節句祭が行われる日。
この日には、本殿前に「白馬飾り」が飾られます。

白馬飾りと書いて、読み方は「あおうまかざり」。
平安時代は、この日に白馬を見る習慣がありました。

この日に白馬を見る事で、邪気祓いをしていたそうです。
それにあやかって、西院春日神社では「白馬飾り」が飾られます。

この日に西院春日神社へ参拝する方。
「白馬飾り」を、ぜひ拝んで帰って下さいね。

西院春日神社の勝栗守り

西院春日神社では、勝栗守りも授与されます。
風邪よけなどにご利益があるそうです。

栗のイガイガは、外敵(風邪?)から身を守ります。
また、形が宝袋に似ている事から、栗は縁起物の1つです。

気になる方は、西院春日神社へ参拝した時に見て下さい。
気に入ったら、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

西院春日神社の駐車場

西院春日神社には、無料の駐車場があります。
普通車約10台を止める事が可能です。

西院春日神社へのアクセス

西院春日神社への行き方です。

阪急・西院駅で下車。
徒歩約3分で到着。

あるいはJR京都駅から乗車。
二条駅で下車して、徒歩約15分。

f:id:sarunokinobori:20160103180052j:plain
(周辺地図)

西院春日神社の関連情報
西院春日神社で初詣。疱瘡石で病気平癒。