読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

大阪城梅林の開花情報、今が見頃【2015年3月中旬撮影】

大阪城公園の大阪城梅林が見ごろを迎えていると、公式HPに開花情報のページに掲載されていました。

2015年3月16日現在、早咲きの寒紅や冬至梅は見頃過ぎ。
普通咲きの古城や白加賀、夫婦梅。
遅咲きの淋子梅や豊後は、見ごろ。
大阪城梅林全体の開花状況は、満開という事でした。

1週間の大阪の天気予報を調べてみると、3月17日が晴れ。
それ以降が、雨また曇りとなっていました。

大阪城公園へ行くには、今日(2015年3月17日)しかない。
そう決意して、梅林の撮影へ向かう事に。

私の都合により、撮影時間は1時間程だったのですが、それでも満開で見ごろの梅を十分満喫できました。

今日は暖かく、絶好の花見日和。
梅を観賞しながらお弁当でランチを楽しんでいる人たちもいて、見ていてとても羨ましかったです。

それでは、京阪京橋駅からの行き方も含め、大阪城梅林の梅を紹介します。

大阪城梅林の開花状況とアクセス

大阪城梅林全体の写真

大阪城梅林の場所は、青屋門をくぐった先の右手に存在します。

f:id:sarunokinobori:20150317180913j:plain
こちらが青屋門です。
城内には地図も設置されているので、まず迷うことはないと思います。

最後にアクセス方法を掲載していますので、そちらも参考にして下さい。

f:id:sarunokinobori:20150317180944j:plain
ここが入口です。
石碑に大阪城梅林と刻まれています。

混雑はしていましたが、ストレスを感じる程の込み具合ではなかったです。

ゆったりの観賞、のんびりと撮影が出来ました。

f:id:sarunokinobori:20150317181037j:plain
全体的には、このような感じです。
奥にぽつんと建っている建物が、大阪城。

写真で見ると遠く感じますが、実際に見るともう少し大きく見えます。

f:id:sarunokinobori:20150317181052j:plain
残念ながら、早咲きの梅はほとんど散っていました。

f:id:sarunokinobori:20150317181107j:plain
手入れのためか、これより先は立ち入り禁止区域。
そのおかげで、人が写ることなく撮影が可能でした。

大阪城梅林個々の写真

石碑がある入口から入ると、最初に出迎えてくれる梅がこちら。

f:id:sarunokinobori:20150317181136j:plain
夫婦梅枝垂れです。
夫婦梅と書いて、「めおとうめ」と読みます。

八重咲きの華やかな梅の花でした。
枝垂れという事で、しゃがんで下から撮影。

f:id:sarunokinobori:20150317181205j:plain
思いのままです。
淡紅色・紅色・絞り・白と様々な花をつける珍しい梅です。

f:id:sarunokinobori:20150317181217j:plain
ちょっとアップ目で撮影。
確かに、1本の梅の木から様々な色の花が咲いてます。

本当に珍しい光景を見る事が出来る梅なので、訪れた際はぜひ探してみて下さい。
そこそこ植えられているので、すぐに発見出来ます。

f:id:sarunokinobori:20150317181229j:plain
緑萼枝垂れです。
公式HPでは、見頃過ぎとなっていました。

確かに過ぎていましたが、まだ見れる方ではないでしょうか。

f:id:sarunokinobori:20150317181245j:plain
紅千鳥。
その名に恥じない、濃い紅色をしていました。

f:id:sarunokinobori:20150317181256j:plain
遅咲きの淋子梅です。

f:id:sarunokinobori:20150317181328j:plain
その実は青いダイヤと呼ばれ、梅ジュースにに最適な古城(こじろ)。

f:id:sarunokinobori:20150317181342j:plain
鹿ノ谷紅梅。

大阪城と梅の写真

ここからは、大阪城と梅を一緒に写した写真を紹介します。

f:id:sarunokinobori:20150317181517j:plain
大阪城と紅梅。

f:id:sarunokinobori:20150317181544j:plain
混雑といっても、こんなものです。

f:id:sarunokinobori:20150317181601j:plain
梅の花の間から撮影した大阪城。

私が撮影したのは、このような感じです。
広い梅林を探せば、もっといい感じで撮影できる場所が発見出来ると思います。

梅の香りに包まれながら、ゆったりと場所探しをして下さい。

大阪城梅林でランチ

飲食が可能なので、優雅にランチが楽しめます。

f:id:sarunokinobori:20150317181621j:plain
お店があるので、ここでお弁当を購入するも良し。
持参したお弁当で、ランチを楽しむも良し。

f:id:sarunokinobori:20150317181633j:plain
このような場所に座って、食べる事が出来ますよ。
この前には、梅林が広がっています。

大阪城梅林を撮影した感想

早咲きから遅咲きまで、約1,300本の梅が植えられています。
様々な品種があり、撮影するのが楽しかったです。

また、大阪城と一緒に梅の花を撮る事が出来たので満足。

心残りは、時間がなく梅を見ながらお弁当が食べられなかった事ぐらいです。
来年は、花見をしながらランチをしたいと思います。

来週の半ばぐらいまでは、散らずに残っていそうです。
満開で見ごろの大阪城梅林に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

大阪城梅林までのアクセス

JR森ノ宮駅・大阪城公園駅で下車して、徒歩5~10分。
京阪京橋駅から、徒歩約15分~20分。

f:id:sarunokinobori:20150317181942j:plain
こちらが地図です。
赤丸の位置ぐらいに梅林があります。

JR両駅からは、すぐなので分かりやすいです。
ここでは、京阪京橋駅から徒歩での行き方は、写真付きで紹介します。

f:id:sarunokinobori:20150317182020j:plain
京阪京橋駅の片町口出口から出て下さい。
淀屋橋方面にあります。

f:id:sarunokinobori:20150317182036j:plain
改札を出て、赤矢印の方向へ。
階段、エスカレーター、お好みの方を利用して下さい。

f:id:sarunokinobori:20150317182102j:plain
上がったら、このような場所に出ます。
道なりに真っすぐ歩いて下さい。

f:id:sarunokinobori:20150317103842j:plain
歩いて行くと、赤矢印の先にある階段を発見すると思います。

f:id:sarunokinobori:20150317182136j:plain
降りて真っすぐ歩いて下さい。
しばらく歩くと、大阪城新橋という橋が出てきますので、渡って下さい。

f:id:sarunokinobori:20150317104451j:plain
橋を渡った先です。
赤矢印の方向に行くと、大阪城が見えてきます。

f:id:sarunokinobori:20150317182201j:plain
ここまで来たら、あと少し。
右に曲がって、大阪城の青屋門を目指します。

f:id:sarunokinobori:20150317105112j:plain
青屋門をくぐって、赤矢印の方向に行けば大阪城梅林です。

大阪城公園関連のページ(2015年)
大阪城公園の桃園の開花情報や見ごろ【2015年3月撮影】