読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

吉祥院天満宮の吉祥院六斎念仏踊2016。

京都観光 京都市南区 京都の祭事・行事 京都の神社

吉祥院天満宮は、京都市南区にあります。
朱雀天皇が菅原道真を尊崇して勅祀した天満宮です。

境内には、菅原道真ゆかりの遺跡が残っています。
道真が参朝した時に顔を写した鑑の井。

道真のへその緒を埋めたと伝えられる菅公胞衣塚など。
菅原道真ファンなら、1度は訪れたい神社です。

そんな吉祥院天満宮で、夏に行事が行われます。
吉祥院天満宮の吉祥院六斎念仏踊です。

国の重要無形民俗文化財に指定されてる六斎念仏踊。
夏季大祭で奉納されます。

今回は、吉祥院六斎念仏踊を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

【スポンサーリンク】



吉祥院天満宮の吉祥院六斎念仏踊の見所

吉祥院天満宮の吉祥院六斎念仏踊の概要

吉祥院天満宮の吉祥院六斎念仏踊は、夏に行われる行事です。
今年の開催期間は、平成28年(2016)8月25日。

時間は、20時頃から。
拝観料金は無料です。

吉祥院六斎念仏踊には、多くの人で境内は賑わいます。
地域の人達が気軽に訪れるお祭りの日です。

境内には、約50の夜店が並んで、お祭りを盛り上げます。
この夜店を目当てに来る人たちもいる程です。

しかし、メインとなるのは、吉祥院六斎念仏踊。
「獅子と土蜘蛛」が舞台上で演じられると、非常に盛り上がります。

物語のクライマックスには、客席にも蜘蛛の巣撒きが。
その蜘蛛の糸を持ち帰るのも、楽しみに1つとなっています。

地域密着のお祭ですが、誰でも参加は可能です。
8月25日に、京都市内に宿泊予定の方。

夜にぷらりと吉祥院天満宮を運んでみませんか?
京都のお祭を楽しむ事が出来ます。

吉祥院天満宮の駐車場

広場に駐車が可能だそうです。
ただし、夜間やお祭の日に利用できるか分かりません。

車で参拝を考えている方。
確認の上、訪れて下さいね。

吉祥院天満宮へのアクセス

吉祥院天満宮への行き方です。

JR「西大路駅」で下車。
徒歩約15分。

f:id:sarunokinobori:20160809205416j:plain
(周辺地図)