読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

新熊野神社の雪、白く染まる大樟。

雪の新熊野神社に、訪れました。

雪化粧した大樟や本殿、狛犬などを撮影。
その時の様子は。「新熊野神社の雪景色」に掲載しています。

新熊野神社は、京都市東山区にある神社です。
京都三熊野(※)の1つで、後白河上皇によって創建されました。

(※残り2社は、熊野神社と熊野若王子神社)

新熊野神社に訪れて、まず目を引くのが影向の大樟です。
樹齢900年、後白河上皇の手で植えられたと伝えられています。

この影向の大樟は、新熊野神社のシンボル的存在です。
初めて見る方は、その存在の大きさに驚かれると思います。

空を覆うように枝を伸ばす姿は、雄大にして荘厳です。
そんな大楠にも、雪が積もっていました。

今回は、雪の新熊野神社を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



新熊野神社の雪景色の見所

新熊野神社の雪景色

東福寺で、雪に浮かぶ通天橋を撮影(※)。
次の目的地は、清水寺です。

(※雪の東福寺の写真は、こちらに掲載しています。
東福寺の雪、氷の雲海に浮かぶ通天橋。

東福寺から清水寺まで、徒歩で移動しました。
その道中、いくつかの寺社に立ち寄ります。

新熊野神社も、その寺社の1つです。

f:id:sarunokinobori:20170120182842j:plain
新熊野神社に、到着しました。
境内では、神社の方が雪かきをなされています。

f:id:sarunokinobori:20170120182850j:plain
見上げると、影向の大樟にも、雪が積もっていました。

f:id:sarunokinobori:20170120183010j:plain
新熊野神社の中へと入ります。
まずは、本殿への参拝です。

ここから先も、雪で転ばないようにとお願いをしました。

f:id:sarunokinobori:20170120183019j:plain
阿形の狛犬です。
雪で目隠しされています。

f:id:sarunokinobori:20170120183027j:plain
吽形の狛犬です。
こちらも、目が雪で覆われています。

口が閉じているので、雪の寒さに耐えているように見えました。
寒い中での神社の守護、ご苦労様です。

f:id:sarunokinobori:20170120183037j:plain
本殿の裏にある京の熊野古道。
その出口の雪景色です。

今回は時間の関係で、京の熊野古道には立ち寄りませんでした。

f:id:sarunokinobori:20170120183046j:plain
境内から見た、雪化粧の影向の大樟です。

大きいため、上の方だけ雪化粧。
下の方には、雪が積もっていません。

ただ、これぐらいがちょうど良いのかなと思いました。
あまり雪が積もりすぎると、その重さで枝が折れる危険性がありますから。

雪の大樟も撮影出来たので、新熊野神社を後にしました。
向かった先は、すぐ近くにある智積院です。

智積院は、新緑と紅葉の隠れた名所。
新緑と紅葉の名所は、雪の名所でもあります。

美しい光景を期待しながら、智積院を訪れました。

新熊野神社の駐車場

新熊野神社には、駐車場があります。
普通車約5台を止める事が可能です。

新熊野神社へのアクセス

新熊野神社への行き方です。

京都駅前から市バス208系統に乗車。
今熊野のバス停で下車、徒歩約3分。

詳しいアクセス方法は、こちらを参考にして下さい。
新熊野神社へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20160608203055j:plain
(周辺地図)

新熊野神社の祭事・行事
新熊野神社の夏越の祓と茅の輪くぐり。ぜんざい接待あり。