読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

羅城門跡の石碑。

京都観光 京都市南区 京都の史跡(石碑)

羅城門跡の石碑を見てきました。
その時の様子は、「羅城門跡の石碑を発見」に掲載しています。

羅城門は、平安京の朱雀大路の南に建てられた大門です。
羅城とは、都城の城壁の事を指します。

平安京の正面玄関で、幅50m、高さ24m、奥行き21m。
平安京のシンボルの大門でした。

しかし、816年に強風により倒壊。
980年に再建されるものの、再び暴風で倒れます。

それ以降、再建される事無く朽ち果ててしまいました。
その後、羅城門周辺は荒廃し、死屍累々の場所となります。

そのため、羅城門では様々な怪奇譚が誕生しました。
有名なのが鬼の住処だったというものです。

その羅生門の鬼の名は、茨木童子。
頼光四天王の一人である渡辺綱と戦い敗れた鬼です。

今回は、そんな羅生門跡に立っている石碑を紹介します。
何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



羅生門跡の石碑の見所

羅生門跡の石碑を発見

京都には、がっかりスポットと呼ばれる場所が存在します。
期待して訪れたのに、期待を裏切る観光名所の事です。

京都がっかりスポットは、次のような場所が挙げられます。

本能寺跡、池田屋跡、五条大橋。
そして、羅生門跡も京都がっかりスポットの1つです。

私は、石碑があるだけまだ良い方だと思うのですが……。
逆に、ここに本能寺や羅城門があったのかと、少し感動します。

そんながっがりスポットの羅生門跡。
東寺の南大門を、西に少し歩いた公園内にあります。

f:id:sarunokinobori:20170209213503j:plain
赤い丸が、東寺の南大門です。

羅生門跡だけ見に行くには、さすがに物足りないと思います。
東寺で観光を楽しんだ後、向かって下さい。

それだと、東寺で楽しんでいるので、バランスは良いです。

それでは、羅城門跡の石碑を紹介ます。

f:id:sarunokinobori:20170209213509j:plain
羅城門跡の石碑です。
公園の中に、ビシっと立っています。

どうです、がっかりしましたか。

芥川龍之介の小説「羅生門」。
人間のエゴイズムを描いた名作です。

黒澤明の映画「羅生門」。
同じく人間のエゴイズムを追求した名作です。

その舞台となった跡地だと思うと、少しテンションが上がりませんか。

ただ、公園の中に石碑が立っているだけなので、羅生門がどのような門だったかは想像が難しいかもしれません。

そんな方は、京都駅前に行って下さい。
そこには、10分の1の大きさの羅生門の模型が、展示されています(※)。

(※京都駅前の羅生門の模型の写真は、こちらに参照して下さい。
京都駅前の羅生門。

ここでも、かなりがっかりスポットを強調しました。
これで、かなりハードルは下がったのではないでしょうか。

東寺へ観光へ行かれる方。
ぜひ、羅生門跡の石碑も見に行って下さい。

案外がっかりスポットも、楽しいですよ。