読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

大田神社のかきつばた2017、見頃や開花状況。

大田神社は、京都市北区にあります。
上賀茂神社の境外摂社です。

杜若(カキツバタ)が有名で、初夏には美しい色合いの花を咲かせます。
ちなみに大田神社のかきつばたは、国の天然記念物です。

大田神社は、昔は恩多社とも呼ばれていました。
恩多社と書いて、読み方は「おんたしゃ」。

祭神として天鈿女命(アメノウズメノミコト)が祀られています。
日本最古の踊り子ですね。

さて、そんな大田神社ですが、先ほども書いた通り、カキツバタが有名です。

【スポンサーリンク】



大田神社のカキツバタの開花情報

大田神社の杜若(かきつばた)

大田神社のかきつばたは、参道の左手に広がる沢地に広がっています。
約0.2ヘクタールの敷地に、約25,000株の杜若が自生。

0.2ヘクタールって狭く感じるかもしれませんが、畳に換算すると1212畳分。
そこそこの大きさです。

例年、5月上旬に開花、5月中旬に見頃、満開を迎え、多くの観光客で賑わいます。
多くと言っても、めちゃくちゃ混雑する程ではありません。

平安時代から有名だった大田神社のかきつばた。
平安時代後期の歌人である藤原俊成が、次のような歌を詠んでいます。

「神山(こうやま)や 大田の沢の かきつばた ふかきたのみは 色にみゆらむ」

そんな由緒ある大田神社の杜若。
昭和14年に、国の天然記念物に指定されました。

f:id:sarunokinobori:20150425114742j:plain
見頃の時期は、沢一面が紫と緑に染まり、本当に綺麗です。
私は、葵祭(5月15日開催)を観賞した後に、必ず訪れています。

葵祭開催と大田神社の杜若の見頃の時期が、ちょうど同じためです。
葵祭を見に行かれる方は、ついでに大田神社にも寄ってみて下さい。

大田神社は、上賀茂神社から東に約500メートル程歩いた位置に存在します。

上賀茂神社近くで葵祭を観賞した後に、ぷらりと訪れるには、ちょうど良い距離ではないでしょうか。

維持管理費として、300円が必要です。

大田神社の杜若の見頃や開花状況

今年の大田神社の開花情報です。

平成29年(2017)
平成29年(2017)5月9日:見頃を迎えています。


今年は約1週間ぐらい開花や見頃が早いそうです。
ゴールデンウィーク中に、見ごろを迎えるのはある意味良いのかも。

過去の大田神社の杜若の開花情報

こちらは、過去のかきつばたの開花情報。
今年の開花や見頃の時期の予想に、役に立てば幸いです。

平成27年(2015)の開花状況
平成27年(2015)4月30日:咲き始め。
平成27年(2015)5月1日:2分~3分咲き。
平成27年(2015)5月3日:4分~5分咲き。見頃です。
平成27年(2015)5月4日:5分咲き。見頃です。
平成27年(2015)5月7日:6~7分咲き。
平成27年(2015)5月10日:見ごろです。
平成27年(2015)5月14日:若干見頃は過ぎてすが、まだ大丈夫。

平成26年(2014)の開花状況
平成26年(2014)5月2日:開花。1分咲き。
平成26年(2014)5月5日:そこそこ咲き始めました。3分咲き。
平成26年(2014)5月6日:5分咲きです。
平成26年(2014)5月15日:満開で見頃です。見応え十分。

平成28年(2016)
平成28年(2016)5月9日:ほぼ見頃。
(ただし、今年は数的にかなり不作)

駐車場は?

大田神社には駐車場はありません。
上賀茂神社の摂社なので、上賀茂神社の駐車場を利用して下さい。

ただし、上賀茂神社も日によって駐車出来ない時があります。
参拝する前に、問い合わせて下さい。

大田神社へのアクセス

大田神社への行き方です。

JR京都駅から市バス4系統に乗車。
上賀茂神社停留所で下車して、東に徒歩約10分。

地下鉄北大路駅・北山駅より徒歩25~30分です。

f:id:sarunokinobori:20150425114952j:plain
(周辺地図)

京都の杜若の名所
京都のかきつばたの名所5選。