読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

地主神社の地主祭り(神幸祭)2017。白川女の行列を堪能。

京都観光 京都市北区 京都の祭事・行事 京都の神社

地主神社は、京都市北区にあります。
縁結びで有名な神社です。

そんな地主神社には、毎年5月に伝統あるお祭りが行われます。
GW(ゴールデンウィーク)中に開催される、例大祭 地主祭りです。

地主神社の地主祭りの起源は、約1,000年前まで遡ります。
天禄元年に、円融天皇の行幸が行われました。

その祭、勅命で臨時祭を開催。
それが、例大祭 地主祭り(神幸祭)の起源です。

今回は、その地主神社の地主祭りを紹介します。
少しでも何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



地主神社の地主祭りの見所

地主神社の地主祭りの概要

地主神社の地主祭りは、毎年5月に行われる恒例行事です。
今年の開催は、平成29年(2017)5月5日。

時間は、13時から。
拝観料金は、無料です。

f:id:sarunokinobori:20160413195654j:plain
ただ、地主神社は清水寺の境内に存在します。
そのため、清水寺の拝観料金400円が必要です。

地主祭りの見所。
それは、時代絵巻さながらの行列です。

雅楽の音色が鳴り響く中、神官・巫女・白川女・稚児武者などが地主神社を出発して、清水坂や三年坂などを練り歩きます。

白川女が参列に参加するのは、地主神社内に咲く地主桜を、御所に献上した故事によるものだそうです。

昔、白川女の花使いによって、御所へと地主桜が献上されました。

GW(ゴールデンウィーク)中に行われるとあって、大勢の観光客で賑わいます。
混雑しますが、見るだけの価値はあるのではないでしょうか。

GW中は、京都でも多くの行事(イベント)が行われます。
その中でも、地主神社の地主祭りはオススメの1つですよ。

地主神社の駐車場

周辺有料駐車場を利用する事になります。
駐車場を探すのが面倒な方は、公共交通機関の利用して下さい。

地主神社へのアクセス

地主神社への行き方です。

JR京都駅から市バス206・100系統に乗車。
五条坂か清水道(きよみずみち)で下車して、徒歩約10分。

清水寺の境内に、地主神社は存在しています。

f:id:sarunokinobori:20150320164315j:plain
(周辺地図)