読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

大覚寺・大沢池の新緑2016、青もみじと心経宝塔。

大覚寺は、京都市右京区にあります。
中秋の名月に行われる「観月の夕べ」が有名です。

隣接する大沢池は、春には桜が楽しめます。
池を囲むように咲き誇る桜は、とても綺麗です。

桜が終わって少し経つと、新緑の季節となります。
大覚寺の境内のあちらこちらで、新緑や青もみじが楽しめますよ。

今回は、大覚寺の新緑と青もみじを紹介します。
少しでも何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



大覚寺(禅林寺)の新緑と青もみじの見所

大覚寺の新緑と青もみじの概要

大覚寺の新緑は、主に大沢池周辺で楽しむ事が出来ます。
見頃の時期は、5月上旬から6月上旬頃です。

大沢池は、日本最古の人工の林泉。
唐の洞庭湖を模して造られました。

その事から、庭湖とも呼ばれています。
そんな大沢池の周辺は、約1キロメートル。

散策するには、ちょうど良い距離です。
初夏に彩る青もみじやサツキ中、ゆったり散歩が出来ます。

また大沢池の畔には、朱色の心経宝塔が存在。
新緑に包まれ、水面に映る心経宝塔は、趣がありますよ。

f:id:sarunokinobori:20160429211120j:plain
大沢池の周辺を楽しんだら、次は五大堂・観月台から眺めましょう。
ここから見る大沢池の光景は、とても素晴らしいと評判です。

とくに晴天だと、その素晴らしさは増加。
いつまでも眺めていたい景色が、目の前に広がりますよ。

大覚寺の拝観料金は、大人500円・小中高生300円。
大沢池の拝観料金は、維持費として200円が必要です。

いずれも、拝観時間は9時から17時までとなっています。
基本年中無休です。

新緑に包まれる大覚寺は、この時期はとても過ごし易いです。
ゴールデンウィーク中に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

大覚寺の駐車場

大覚寺には、駐車場が存在しています。
普通車約50台を止める事が可能です。

有料で普通車2時間500円となっています。
利用を検討してみて下さい。

大覚寺へのアクセス

大覚寺への行き方です。

JR京都駅から電車に乗車。
嵯峨嵐山駅で下車して、徒歩約17分。

あるいは、京都駅から市バス28番に乗車。
大覚寺のバス停で下車、すぐ。

f:id:sarunokinobori:20150915224916j:plain
(周辺地図)