京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

泉涌寺の紅葉2017、見ごろや時期。混雑は普通。

泉涌寺は、京都市東山区にあるお寺です。
東山三十六峰の南端、月輪山の山麓に存在しています。

山に囲まれた泉涌寺の境内は、とても自然が豊かです。
山麓にあるため泉涌寺の紅葉は、綺麗だと思う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、一部の場所を除いては、実はそれ程でもないというのが実情です。
北入口付近・泉涌水屋形付近・楊貴妃観音堂前は紅葉しますが、少し物足りないのも事実。

それでは、訪れる価値はないのでしょうか?
いえ、そんな事はありません。

先ほど書いた一部の紅葉は、大変美しく見応えがあります。
その一部の場所とは、御座所庭園の事です。

【スポンサーリンク】



泉涌寺の紅葉の見ごろや現在の状況

泉涌寺の紅葉

泉涌寺の紅葉は、私の中では一転突破型。
御座所庭園の紅葉のみ、わざわざ訪れてみる価値があると思っています。

異論は、あるとは思います。
しかし、もし御座所庭園がなかったとしたら、私の場合泉涌寺までわざわざ紅葉を見に行こうと思いません。

f:id:sarunokinobori:20150601235934j:plain
御座所庭園(泉涌寺)の紅葉です。
泉涌寺の紅葉の特徴は、色づきがよく色鮮やか。

見頃の時期の御座所庭園は、赤・黄・オレンジ・緑の鮮やかなコントラストが楽しめます。
ここの紅葉が見たいがために、毎年泉涌寺に訪れる人もいる程です。

見頃は、例年11月中旬。
京都市内の紅葉の中でも、早くに見頃を迎えます。

京都の紅葉の名所の中では、混雑は普通。
大混雑する訳ではありませんが、それなりに人はいます。

御座所庭園の紅葉は、とても美しいのですが1つだけ不満があります。
それは、入山料とは別途に庭園の拝観料が必要な所。

維持管理費と理解しつつ、入山料500円+庭園拝観料300円は、ちょっと高いかなと思ってしまいます。
新緑の時期は、そんな事は思わないのですが……。

いずれにしても、御座所庭園の紅葉はオススメです。
近くに、京都の屈指の紅葉の名所のこちらもあります。
東福寺の紅葉、見頃や現在の状況。

同時に参拝してみてはいかがでしょうか。

泉涌寺の紅葉の見頃の時期と状況

今年の泉涌寺の紅葉の見頃や色づき具合の情報です。

平成29年(2017)
平成29年(2017):-。

過去の泉涌寺の紅葉の色づき情報

過去の泉涌寺の紅葉の色づき情報です。
今年の紅葉の見頃予想に、役立てて下さい。

平成26年(2014)
平成26年(2014)11月7日:色づき始め。
平成26年(2014)11月15日:御座所庭園が赤・黄・緑に彩られ見応えあり。
平成26年(2014)11月18日:御座所庭園の紅葉が見頃。
平成26年(2014)11月20日:少し知ってますが、見頃継続中。落ち葉も美しいです。
平成26年(2014)11月30日:全体的に見頃過ぎ。

平成27年(2015)
平成27年(2015)11月1日:御座所庭園で色づき始め。
平成27年(2015)11月10日:御座所庭園、見頃です。
平成27年(2015)11月17日:御座所庭園、一部散ってますが見ごろ継続中。
平成27年(2015)11月21日:まだ見る事が出来ます。
平成27年(2015)11月26日:庭園の紅葉、散り始めています。

平成28年(2016)
平成28年(2016)10月27日:楊貴妃観音堂前・御座所庭園、色づき始め。
平成28年(2016)11月1日:御座所庭園、色づき進行中。
平成28年(2016)11月5日:楊貴妃観音堂前、色づき進行中。
平成28年(2016)11月12日:御座所庭園、ほぼ見頃。
平成28年(2016)11月17日:御座所庭園、見頃となりました。
平成28年(2016)11月19日:境内全体、見ごろ継続中。
平成28年(2016)11月23日:散り始めています。
平成28年(2016)11月26日:さらに、散っています。

泉涌寺の駐車場

泉涌寺には駐車場があります。
普通車約30台が駐車可能です。

泉涌寺へのアクセス

泉涌寺への行き方です。

JR・京阪東福寺駅から徒歩約10分。
京都駅から市バス(208)に乗車、泉涌寺道下車、徒歩約7分。

f:id:sarunokinobori:20150514190214j:plain
(周辺地図)

京都の紅葉の名所
京都の紅葉、見頃や時期。名所や穴場も掲載。