読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

龍安寺の桜2017。見ごろや開花状況。

龍安寺は、京都市右京区にある寺院です。
京都の世界遺産の1つでもあります。

春の頃、龍安寺の石庭の土塀にかかる紅しだれ桜が美しく咲く事で有名です。
ライトアップされると、幻想的な光景になるんだろうなと思いますが、ライトアップはありません。

龍安寺の石庭は、とてもシンプルな方丈庭園。
白砂を敷き詰めた庭に、大小十五個の石が配置されています。

その配置は、五・二・三・二・三。
この庭の光景が、中国に伝わる虎の子渡しの説話を連想させるため、別名虎の子渡しの庭とも呼ばれています。

ところで、方丈庭園の方丈の意味をご存知ですか?
方丈とは、禅宗寺院の住職や長老の居室の事。
方丈の前にある庭という事で、方丈庭園です。

今回は、龍安寺の桜を紹介します。
見頃や開花状況、見所を掲載中です。

【スポンサーリンク】



龍安寺の桜。見頃や開花情報。

龍安寺の桜

龍安寺と言えば、誰もが石庭を思い浮かべるのではないでしょうか。
エリザベス女王がこの龍安寺の石庭を観賞して、感嘆したのは有名な話です。
世界的にも「ロックガーデン」と呼ばれ、国内外問わず多くの参拝者が訪れます。

しかし、龍安寺は石庭だけの寺院ではありません。
四季折々の風景が楽しめる事でも定評があります。
春には桜が咲き、多くの参拝者の目を楽しませてくれます。

龍安寺の桜の観賞ポイントは、私の中で大きく分けて3箇所です。
鏡容池と桜苑、そして方丈庭園(石庭)。

鏡容池の周辺や弁天島に、桜が植えられています。
池に映り込んだ桜は、とても綺麗です。

また、池の近くにある参道付近の八重紅枝垂れ桜は、人気撮影スポット。
ぜひ訪れた時は、ここで撮影して下さい。

次は、桜苑です。
龍安寺の桜苑には、しだれ桜や八重桜が咲き誇ります。
桜のみの美しさを楽しみたいのなら、この桜苑がおすすめです。

そして、石庭の枝垂れ桜です。
土塀の奥に植えられたしだれ桜は、春になると堀にかかるように咲きます。

石庭は、白砂と石と土掘で構成されたシンプルなもの。
全体的に、モノトーンな雰囲気の庭です。
そこに、紅枝垂桜の濃い桃色が加わる事により、石庭は輝きを増します。

白黒写真の一部が、カラーになった感じと似ているかもしれません。
何だかあれって、芸術作品みたいに見えませんか?

f:id:sarunokinobori:20130309162855j:plain

こんな感じですね。
なぜこの写真と思わるかもしれませんが、あくまで例なので気にしないで下さい。
ちなみに私が随分前に撮影させてもらった写真です。

せっかく撮影したのに、御披露目する所がなかったので、強引に掲載しました。
どうでもいいですね、そんな事は。

話を龍安寺の桜へと戻します。
ご近所には、京都の桜の名所で有名な仁和寺が存在しますが、龍安寺の桜もそこに劣らず良いものですよ。
趣のある桜を観賞したいなら、龍安寺はオススメの場所です。

龍安寺の桜の見頃と開花情報

今年の龍安寺の桜の見頃と開花情報です。
情報が分かり次第、更新します。

平成29年(2017)の開花状況
平成29年(2017)4月4日:咲き始め。
平成29年(2017)4月9日:鏡容池、見頃近し。石庭のしだれ桜、咲き始め。

過去の龍安寺の桜の開花状況

過去の龍安寺の桜の開花状況です。
今年の開花予想に役立てて下さい。

平成27年(2015)の開花状況
平成27年(2015)3月26日:咲き始め。
平成27年(2015)4月1日:見ごろ手前。
平成27年(2015)4月5日:見頃。

平成28年(2016)の開花状況
平成28年(2016)4月1日:咲き始め。
平成28年(2016)4月4日:見ごろ二・三歩手前。
平成28年(2016)4月9日:見頃、手前。

龍安寺へのアクセス

京都駅から市バス59番系統に乗車、龍安寺前下車すぐ。
あるいは、市バス50・55番系統に乗車、立命館大学前で下車して、徒歩7分程で到着します。

f:id:sarunokinobori:20150220130435j:plain

地図を見てもらえれば分かる通り、金閣寺から龍安寺へ行く事が出来ます。
木辻通をひたすら歩けば、到着です。

他の京都の桜の名所はこちらから
京都の桜。見ごろや開花時期。桜の名所も掲載中。