読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都鉄道博物館、ゴールデンウィークにオススメ!

京都鉄道博物館は、京都市下京区にあります。
グランドオープンは、ゴールデンウィークの前半。

4月29日に、開業されます。
京都でGW(ゴールデンウィーク)を過ごされる方。

そんな方に、オススメの場所の1つです。
ただ、GW中は混雑すると思うので、ご注意ください。

さて、そんな京都鉄道博物館。
グランドオープン前に行きたいと思い訪れました。

人があまりいないオープン前に、写真を撮影したかったからです。
もちろん、中に入れる事は出来ません。

そのため、外観(入り口)とプロムナードの展示車両のみを撮影。
それでも、楽しく撮影して、帰宅しました。

今回は、その時撮影した京都鉄道博物館と車両の写真を紹介します。
何となく雰囲気が伝われば幸いです。

【スポンサーリンク】



京都鉄道博物館と車両

京都鉄道博物館と車両の写真

それでは、京都鉄道博物館の写真を順番に掲載していきます。
外観とプロムナードの展示車両のみなのですが……。

f:id:sarunokinobori:20160414195749j:plain
こちらが京都鉄道博物館の外観(入り口)。
右手がプロムナードです。

プロムナードは、柵になっています。
そのため、柵越しから展示している車両を見る事が可能です。

f:id:sarunokinobori:20160414195800j:plain
柵越しから見たプロムナード。
左から「C62形26号機」「クハ86形1号車」「0系21形1号車」です。

f:id:sarunokinobori:20160414195811j:plain
正面から見た「C62形26号機」。
日本最大の旅客用蒸気機関車だそうです。

f:id:sarunokinobori:20160414195821j:plain
かつて、東海道本線や山陽本線を走っていました。

f:id:sarunokinobori:20160414195831j:plain
こちらが「クハ86形1号車」。
戦後初の長距離電車として活躍しました。

f:id:sarunokinobori:20160414195842j:plain
東海道本線や山陽本線を走っていたそうです。

f:id:sarunokinobori:20160414195853j:plain
そして、「0系21形1号車」。
私の中では、THE・昭和という感じの新幹線です。

正面から見ると、愛嬌がありますね。

f:id:sarunokinobori:20160414195902j:plain
営業運転時は、世界最高の200km/h以上を実現。
約600万kmを走行した後、現役を引退したそうです。

プロムナードの展示している車両のみ。
しかも、柵越しでの撮影でしたが、楽しめました。

グランドオープン後も、人が落ち着いたら行く予定です。
いつでも行けるので、GW(ゴールデンウィーク)の混雑時は避けます。

f:id:sarunokinobori:20160414195915j:plain
京都鉄道博物館の入り口の横には、旧二条駅舎が存在。

f:id:sarunokinobori:20160414195928j:plain
現役時代は、日本最古級の木造駅舎だったそうです。
梅小路蒸気機関車館の入り口でもありました。

以上で、グランドオープン前の京都鉄道博物館の紹介を終わります。

京都鉄道博物館の駐車場

京都鉄道博物館には、駐車場がありません。
周辺の有料駐車場を利用して下さい。

アクセスの良いので、公共交通機関の利用をオススメします。

京都鉄道博物館へのアクセス

京都鉄道博物館への行き方です。

京都駅前から市バス205・208系統に乗車。
梅小路公園前で下車して、徒歩約3分。

f:id:sarunokinobori:20160414195734j:plain
(周辺地図)