京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

宝蔵寺の御朱印と御朱印帳。

宝蔵寺は、京都市中京区にあります。
伊藤若冲に縁があるお寺です。

伊藤若冲の読み方は、「いとう じゃくちゅう」。
江戸時代中期に活躍した絵師です。

宝蔵寺は、伊藤家の菩提寺。
その縁で、若冲のドクロの限定御朱印が授与されています。

このドクロスタンプされた御朱印。
期間限定で、拝受する事が出来ます。

もちろん、通常の御朱印も頂く事が可能です。
他にも、髑髏図をモチーフにした御朱印帳も販売中。

今回は、宝蔵寺の御朱印を紹介します。
何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



宝蔵寺の御朱印と御朱印帳

宝蔵寺の御朱印の種類

宝蔵寺の御朱印は、通常と限定のものが存在します。
手に入れた御朱印の写真は、下記の参拝記録に掲載中です。

通常の御朱印
いつ参拝しても授与してもらえます。
墨書きの文字は、阿弥陀如来です。

ご住職がいらっしゃる時は、直接御朱印帳に書いてもらえます。
忙しい時は、書置きでの対応です。

伊藤若冲のドクロの御朱印
伊藤若冲筆、髑髏図をモチーフにした限定の御朱印です。
伊藤若冲生誕300年記念のご朱印となっています。

季節によって、スタンプの色が変化。
春はピンク、夏はブルーなどとなっています。

伊藤若冲生誕300年記念の御朱印。
平成28年(2016)を逃すと、今後手に入らないかもしれません。

宝蔵寺の御朱印帳

宝蔵寺の御朱印帳です。

髑髏図と竹に雄鶏図の御朱印帳

f:id:sarunokinobori:20160820205233j:plain
伊藤若冲筆「髑髏図」と「竹に雄鶏図」。
これらをモチーフにした御朱印帳となっています。

1冊2,000円。
少し高めですが、郵送でも対応しているのが嬉しいです。

宝蔵寺の御朱印巡り

伊藤若冲生誕300年。
そのため、色々な雑誌で特集が組まれています。

宝蔵寺の限定御朱印を目にしたのも、とある雑誌です。
伊藤若冲の髑髏図をスタンプした御朱印。

一目見て気に入りました。
そこで、時間を作って宝蔵院へ。

f:id:sarunokinobori:20160820205249j:plain
ここが、宝蔵寺です。
見た感じ、閉まってます。

しかし、安心して下さい。
画面の左、小さな扉を開けて入る事が可能です。

f:id:sarunokinobori:20160820205302j:plain
「お参り、ご朱印の方はインターフォンを鳴らさず、そのまま小門よりお入りください」と書かれています。

f:id:sarunokinobori:20160820205324j:plain
そして、無事に御朱印を手に入れました。
伊藤若冲生誕300年記念の御朱印です。

ロイヤルブルーとシアンが、7月・8月の限定色。
朱色は、1年通して手に入れる事が出来ます。

f:id:sarunokinobori:20160820205336j:plain
宝蔵寺のオリジナル御朱印帳も手に入れました。
こちらは、黒スタンプの上に金で文字が書かれています。

また9月・10月の限定色が出たら、宝蔵寺へ行く予定です。

-平成28年(2016)8月19日参拝-

限定御朱印を頂きに、宝蔵寺へ訪れました。
9月・10月の限定色の御朱印が目的です。

今回は、運よくご住職がおられました。
そこで御朱印帳に、通常の御朱印も書いて頂く事に。

f:id:sarunokinobori:20161006221601j:plain
まずは、宝蔵寺の通常の御朱印です。
阿弥陀如来と書かれています。

f:id:sarunokinobori:20161006221614j:plain
そして、ドクロスタンプが押された秋バージョンの御朱印です。
色は、トパーズとマリーゴールド。

こちらは、若冲と書かれています。

宝蔵寺では、10月後半に特別公開を実施。
その時に、過去に授与した色の御朱印も頂けるとの事です。

特別公開中に、また訪れたいと思います。

-平成28年(2016)10月4日参拝-

秋の京都非公開文化財特別公開が開催中。
宝蔵寺でも、このイベントが行われています。

宝蔵寺では、伊藤若冲の作品が公開。
「竹に雄鶏図」と「髑髏図」です。

f:id:sarunokinobori:20161104190236j:plain
時間があったので、見に行ってみました。
平日だったのですが、中々の混雑具合です。

f:id:sarunokinobori:20161104190245j:plain
こちらが、宝蔵寺の拝観券となります。
拝観記念に、撮影しました。

本堂から入り、本尊の前で伊藤若冲についての解説。
その後、別の部屋で、若冲作品を観賞。

撮影禁止なので、本堂や作品の写真はありません。
髑髏図は、限定御朱印のスタンプにも使われています。

そちらを参照して頂ければ幸いです。

拝観料金は、大人800円。
拝観時間は、約15分。

珍しい作品が観賞出来ます。
しかし、正直高い拝観料金です。

観賞出来る作品数が、とても少ない。
あっという間に、見終わってしまいます。

ただ、文化財の維持管理費を一部負担したと考えると、これはこれでありなのかもしれません。

さてこのイベントの期間中に、限定御朱印が授与されています。
これまで発行されたスタンプの全カラーが拝受可能です。

f:id:sarunokinobori:20161104190444j:plain
1人3枚までと枚数制限が設けられていました。
私は、ピンク・フレッシュグリーン・セージを選択。

これで、宝蔵寺の限定御朱印の全カラーを拝受。
欲しいカラーが完売していなくて、良かったです。

御朱印を頂いた後に向かった先は、同じくイベントが行われている瑞泉寺です。

(※瑞泉寺へ訪れた時の様子は、こちらを参照して下さい。
瑞泉寺の御朱印。)

-平成28年(2016)11月4日参拝-

宝蔵寺の駐車場

宝蔵寺には、駐車場はありません。
公共交通機関を利用して下さい。

宝蔵寺へのアクセス

宝蔵寺への行き方です。
阪急河原町駅で下車、徒歩7分。

詳しいアクセス方法は、こちら。
宝蔵寺へのアクセス。京都駅からの行き方。

写真付きで行き方を、紹介しています。

f:id:sarunokinobori:20160820205053j:plain
(周辺地図)