読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

赤山禅院の紅葉2016、見頃や現在の状況。寒桜も観賞。

赤山禅院は、京都市左京区修学院にある天台宗の寺院。
都七福神の福禄寿のお寺として有名です。

また、京都の紅葉の名所としても人気があります。
赤山禅院の紅葉が美しい事から、もみじ寺とも呼ばれる程です。

赤山禅院の紅葉が見頃の時期は、境内は秋の色に包まれます。
その光景はもみじ寺の名の通りの光景です。

秋の京都へ旅行を考えている方。
赤山禅院は、オススメの場所ですよ。

今回は、そんな赤山禅院の紅葉の見頃や現在の状況の情報を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



赤山禅院の紅葉の色づき具合

赤山禅院の紅葉

赤山禅院の紅葉は、参道や境内で観賞が可能です。
また、地蔵堂の前に咲く寒桜とカエデの共演も楽しむ事が出来ます。

赤山禅院の寒桜は、11月から2月に花を咲かせる桜。
紅葉と桜が一緒に見る事が出来るのも、秋の赤山禅院の特徴の1つです。

f:id:sarunokinobori:20150928185729j:plain
例年の赤山禅院の紅葉の色づき始めが、11月上中旬。
そして、例年の見頃が11月下旬です。

赤山禅院は、境内は自由に拝観できる寺院です。
拝観料金の必要はありません。

拝観時間は、9時から16時30分まで。
時間が許す限り、心行くまで紅葉を観賞して楽しんで下さい。

赤山禅院の紅葉の観賞場所や撮影スポット

赤山禅院の紅葉の観賞場所や撮影スポットの紹介です。

参道

赤山禅院の参道は、秋になると紅葉のトンネルに変わります。
天を覆うように色づくモミジが楽しめますよ。

境内

境内の至る場所で楽しめる紅葉。
特に弁財天付近の紅葉が綺麗と評判で、人気が高いです。

三十三観音も十六羅漢

三十三観音や十六羅漢に降り積もるイチョウの黄葉。
秋の哀愁が漂う趣がある光景となっています。

赤山禅院の紅葉の見頃の時期と状況2015

今年の赤山禅院の紅葉の見ごろや色づき具合の紹介です。

平成28年(2016)
平成28年(2016)10月27日:色づき始め。
平成28年(2016)11月2日:一部見頃。境内全体では、青葉多し。
平成28年(2016)11月7日:境内全体、色づき進行中。
平成28年(2016)11月11日:地蔵堂前、ほぼ見頃です。
平成28年(2016)11月14日:境内全体、見頃です。
平成28年(2016)11月19日:境内全体、見頃継続中。
平成28年(2016)11月26日:散っています。

過去の赤山禅院の紅葉の見ごろ情報

過去の見頃を知る事により、今年の見ごろの予想に役立てて下さい。

平成26年(2014)の色づき具合
平成26年(2014)11月9日:色づき始め。
平成26年(2014)11月13日:あと一歩。
平成26年(2014)11月20日:ほぼ見頃です。

平成27年(2015)
平成27年(2015)11月1日:まだまだ青葉が多いです。
平成27年(2015)11月8日:全体的に色づき始め。蔵堂前は、真っ赤な紅葉あり。
平成27年(2015)11月14日:境内全体、見ごろ。ただ、雨のため少し散っています。
平成27年(2015)11月20日:若干散っていますが、まだ見頃継続中。
平成27年(2015)11月26日:散っていますが、まだ見れます。

赤山禅院の駐車場

赤山禅院には、参拝者用の駐車場はありません。
公共交通機関を利用して下さい。

赤山禅院へのアクセス

赤山禅院への行き方です。

市バス・修学院離宮道で下車、徒歩約15分。
または、叡山電車・修学院駅で下車、徒歩約20分。

f:id:sarunokinobori:20150917194426j:plain
(周辺地図)

京都の紅葉の名所
京都の紅葉、見頃や時期。名所や穴場も掲載。