京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

みなとこうべ海上花火大会2017、有料席やホテルで観覧。

みなとこうべ海上花火大会の始まりは、昭和46年。
ポートアイランドのコンテナバースで打ち上げられ、幕が上がりました。

今年で第46回みなとこうべ海上花火大会。
毎年多くの人が、美しい花火を一目見ようと会場へ訪れます。

その美しさは実際に見てもらうとして、ここでは事前に知っていると便利な情報を紹介します。

有料席や無料観覧場所、みなとこうべ海上花火大会が観賞できるホテルなどを掲載中です。

【スポンサーリンク】



みなとこうべ海上花火大会の観覧場所

みなとこうべ海上花火大会の概要

第45回みなとこうべ海上花火大会の概要です。
今年の開催は、平成29年(2017)8月5日の土曜日。

打ち上げ時間は、19時30分から20時30分。
打ち上げ場所は、神戸港です。

f:id:sarunokinobori:20150620190200j:plain
みなとこうべ海上花火大会では、打ち上げ数が公表されています。
その数は、10,000万発。

神戸の街を、水上スターマインや尺玉が美しく彩ります。
その光景を見ようと、神戸港に訪れる人の数は約25万人です。

それだけの人がいっぺんに訪れる訳ですから、会場は大変混雑します。
ゆったりと観賞したいなら、有料席やホテルを確保した方が良いでしょう。

ただし、どちらも多少の資金は必要です。
私ならホテルよりも安い有料席を選択します。

みなとこうべ海上花火大会が観賞可能なホテル

みなとこうべ海上花火大会が観賞可能なホテルを紹介します。
ずはり、メリケンパークオリエンタルホテルです。

メリケンパークオリエンタルホテルでみなとこうべ海上花火大会を楽しく観賞する方法は、大きく分けて2つ存在します。

1つは、ホテルのディナーと一緒に花火を観賞する方法。
もう1つは、ホテルに宿泊して花火を観賞する方法です。

ホテルでゆったりと花火を観賞したい方は、宿泊のキャンセル待ちを狙うよりもディナーの予約をしてみてはいかがでしょうか。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの公式HP
神戸メリケンパークオリエンタルホテル

みなとこうべ海上花火大会の有料席

みなとこうべ海上花火大会を比較的ゆったりと観賞したいのなら、有料席の確保がオススメです。
花火サポーター協賛席と企業・団体協賛席の2種類あります・

花火サポーター協賛席は、前売り3,100円・当日3,600円。
こちらは個人席です。

企業・団体協賛席は、1口10席5万円。
こちらは団体席で、個人席よりも1人分の値段が高くなっています。

チケットは、ローソンやセブンイレブン、ファミマなどの各種コンビニで販売中。
行く予定の方は、当日券より安い前売り券を確保しておきましょう。

みなとこうべ海上花火大会の無料観覧場所

有料席を確保しなかった場合、無料観覧場所で見る事になります。
こちらは、大きく分けて5か所存在。

新港第1突堤と新港第4突堤
ここは花火の打ち上げ場所に近いため、大変混雑します。

夜店(屋台)も出店。
花火大会独特の雰囲気を味わいたいならココです。

神戸ハーバーランドモザイクとメリケンパーク
花火と神戸のランドマークの夜景との共演が見れるとあって、人気のエリアです。
混雑は必至。

ここで良い観賞場所を確保したいのなら、早めに訪れましょう。
特にモザイクは、大混雑します。

ポーアイしおさい公園
上記に比べると比較的空いている観賞場所です。
最寄り駅は、ポートライナーの中公園駅。

無料シャトルバスや無料客船が運行しているのも、嬉しい点です。
混雑が嫌な方は、ここがオススメ。

現在と所は以上です。
他に良さそうな情報を入手したら、随時更新します。

関西のオススメ花火大会
大阪
なにわ淀川花火大会、最寄り駅や穴場はココ。有料チケットで観覧。
教祖祭PL花火芸術、バスツアーや穴場の観覧場所を紹介。
天神祭奉納花火、観覧スポットや穴場。ホテルで観賞。