京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

金福寺の紅葉2017、見頃や現在の状況。穴場です。

金福寺は、京都市左京区一乗寺にあります。
福ちゃんという名の猫がいる事で有名なお寺です。

人懐っこい猫の福ちゃん。
猫好きの方やそれ程でもない方にも人気があります。

そんな金福寺は、知る人ぞ知る京都の紅葉の名所です。
金福寺の紅葉は穴場なので、ゆったりと観賞する事が出来ますよ。

今回は、そんな金福寺の紅葉の見ごろや現在の状況の紹介です。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



金福寺の紅葉の色づき具合

金福寺の紅葉

金福寺の紅葉は、枯山水の庭園や芭蕉庵などで観賞出来ます。
また金福寺の高台から、紅葉越しに京都市の町並みを見る事が可能です。

f:id:sarunokinobori:20151003183739j:plain
例年の金福寺の紅葉の色づき始めが、11月上中旬。
そして、例年の見頃が11月下旬です。

俳人である松尾芭蕉が滞在した金福寺。
境内はそれ程広くありませんが、風情や趣があるお寺です。

特に金福寺の紅葉の見ごろの時期は、さらに風情が増します。
思わず一句読みたくなる程の光景が、目の前に広がりますよ。

金福寺の境内に入るには、拝観料金が必要です。
拝観料金は、大人400円となっています。

金福寺の紅葉の観賞場所や撮影スポット

金福寺の紅葉の観賞場所や撮影スポットの紹介です。

枯山水の庭園

サツキの築山と白砂の枯山水の庭園。
規模はそれ程大きくありませんが、またそれが良い味を出しています。

そんな金福寺の枯山水の庭園に、築山や白砂を主張し過ぎない紅葉が彩ります。

心穏やかになる風景を、この庭では観賞可能です。
のんびりと金福寺の紅葉を観賞して下さい。

芭蕉庵

芭蕉庵へ至る山の道の紅葉は、とても美しいと評判です。
また、芭蕉庵の茅葺屋根をモミジが赤く彩る姿は、とても風情があります。

金福寺の紅葉は、派手さはありません。
しかし、落ち着いた雰囲気があります。

ゆったりと紅葉を楽しみたい方。
そんな方に、金福寺の紅葉はおすすめです。

金福寺の紅葉の見頃の時期と状況

今年の金福寺の紅葉の見ごろや色づき具合の紹介です。

平成29年(2017)
平成29年(2017)11月5日:色づき始め。
平成29年(2017)11月12日:順調に色づいています。
平成29年(2017)11月18日:見頃です。
平成29年(2017)11月24日:まだ楽しめます。

過去の金福寺の紅葉の見ごろ情報

過去の見頃を知る事により、今年の見ごろの予想に役立てて下さい。

平成26年(2014)の色づき具合
平成26年(2014)11月9日:色づき始め。
平成26年(2014)11月14日:見ごろまであと少し。
平成26年(2014)11月19日:見頃です。

平成27年(2015)
平成27年(2015)11月1日:境内全体、色づき始め。
平成27年(2015)11月7日:本堂前の庭園、一部見頃を迎えています。
平成27年(2015)11月13日:本堂前の庭園、見頃です。
平成27年(2015)11月20日:境内全体、見ごろ継続中。
平成27年(2015)11月26日:境内全体、一部散っています。

平成28年(2016)
平成28年(2016)10月27日:色づき始め。
平成28年(2016)11月3日:一部色づきが進行中。まだ青葉多い。
平成28年(2016)11月7日:本堂前、赤くなってきています。
平成28年(2016)11月12日:本堂前、さらに赤くなっています。
平成28年(2016)11月14日:本堂前庭園、見頃です。
平成28年(2016)11月19日:境内全体、見頃継続中。
平成28年(2016)11月26日:散っています。

金福寺の駐車場

金福寺には、駐車場が存在しています。
無料で利用可能可能で、普通車2台を止める事が可能です。

金福寺の紅葉が穴場と言っても、普段よりは人が訪れます。
駐車スペースが少ないので、止められない可能性が高いです。

公共交通機関を利用するか、周辺の有料駐車場に止めるのが無難かもしれません。

金福寺へのアクセス

金福寺への行き方です。

叡山電鉄・一乗寺駅で下車、徒歩約15分。
市バス・京都バスの場合、一乗寺下り松町で下車、徒歩約5分~7分。

f:id:sarunokinobori:20151004164406j:plain
(周辺地図)

京都の紅葉の名所
京都の紅葉、見頃や時期。名所や穴場も掲載。