読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

唐門のライトアップ。西本願寺で観賞。

西本願寺を、訪れました。
西本願寺花灯明の行事が、行われているためです。

西本願寺花灯明では、境内の建物がライトアップされます。
また、書院や飛雲閣の夜間拝観が行われます。

その西本願寺花灯明で、唐門のライトアップを見ました。
その時の写真は、「唐門のライトアップ」に掲載中です。

西本願寺は、京都市下京区にあります。
そして唐門は、西本願寺にある国宝の建造物です。

◆唐門について◆

西本願寺の唐門は、伏見城の遺構と伝わる門です。
檜皮葺・唐破風の四脚門となっています。

桃山時代の豪華な装飾や彫刻が、見事な事で有名です。
彫刻に見事さに、日が暮れるまで見飽きないと言われています。

この事から、別名「日暮し門」とも呼ばれている唐門です。

-終-

今回は、そんな西本願寺の唐門のライトアップを紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

飛雲閣のライトアップ。特別公開で観賞。

西本願寺を、訪れました。
今回訪れた理由は、西本願寺花灯明を見るためです。

西本願寺花灯明では、境内の建物がライトアップされます。
その中に、飛雲閣のライトアップも含まれています。

飛雲閣の写真は、「飛雲閣のライトアップ」に掲載中です。

飛雲閣を見るには、通常は予約が必要になります。
また、一般公開を狙って見るしかありません。

そして、写真撮影は禁止となっています。
しかし、今回は昼・夜とも写真を撮影が許可されています。

しかも、拝観料金は必要ありません。
昼は訪れれば、夜は整理券があれば見る事が可能です。

◆飛雲閣について◆

国宝の建造物で、金閣・銀閣とともに京都三名閣の1つに数えられています。
一説では、豊臣秀吉が建てた聚楽第の一部とも伝わっている建物です。

三層からなる楼閣建築で、建物の前面に池があります。
その池を船で渡って、出入り出来るように作られます。

-終-

今回は、そんな飛雲閣の昼と夜の写真を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

西本願寺花灯明。ライトアップされた境内。

西本願寺を訪れました。
目的は、西本願寺花灯明を見るためです。

ライトアップされた西本願の写真は、「西本願寺花灯明」に掲載しています。

西本願寺は、京都市下京区にあるお寺です。
京都市民からは「お西さん」と呼ばれ、親しまれています。

◆西本願寺花灯明について◆

西本願寺花灯明は、第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事で行われるイベントの1つです。

期間限定で、夜間拝観を開催。
書院が初めて、夜間拝観されます。

その名も「お西さんに行かなナイト」。

他にも、国宝の唐門や飛雲閣。
そして、御影堂がライトアップされます。

しかも、普段は撮影禁止の飛雲閣の撮影も可能です。
ちなみに、夜間の拝観料金は必要ありません。

公開時間は、19時から21時30分。
入場には整理券が必要です。

無料で、誰でも参加する事が出来ます。
書院のガイドブック、西本願寺の栞付きです。

-終-

今回は、そんな西本願寺花灯明を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

杉山谷不動尊(ひきめの滝)の新緑。

京都府八幡市を訪れた時、杉山谷不動尊を訪れました。
その時の写真は、「杉山谷不動尊の新緑」に掲載しています。

杉山谷不動尊は、京都府八幡市にあります。
場所は、八幡宮頓宮西側、神応寺のさらに奥です。

◆杉山谷不動尊について◆

杉山谷不動尊は、八幡神を男山に勧請した行教律師が男山の鎮守として建立したと伝えられています。

谷不動とも呼ばれている、神応寺の奥之院です。

本堂には、秘仏の不動明王が祀られており、厄除けのお不動様として信仰を集めています。

また、不動堂の横に谷川には、霊泉瀧(ひきめの滝)があります。

-終-

今回は、そんな杉山谷不動尊(ひきめの滝)の新緑を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

神応寺の新緑。

京都府八幡市を訪れた時、神応寺を訪れました。
その時の写真は、「神応寺の新緑」に掲載しています。

神応寺は、京都府八幡市にある曹洞宗のお寺です。
男山の北側に位置する場所に、存在しています。

◆神応寺について◆

神応寺は、貞観年間に創建されたと伝えられています。
創建したのは、行教です。

重要文化財の行教律師座像。
そして、豊臣秀吉の衣冠束帯の像が安置されています。

書院は、伏見桃山城の遺構です。
襖や杉戸は、狩野山雪筆による「竹に虎、御所車」が描かれています。

本堂の天井は、伏見城から移された血天井である事が有名です。

拝観には、事前予約が必要となっています。
予約なしに建物内に入る事が出来ないので、注意して下さい。

-終-

今回は、そんな神応寺の新緑を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む