京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

西本願寺と東本願寺の違い。


京都には、2つの本願寺があります。
どちらも京都駅から徒歩圏内に、存在しているお寺です。

どっちがおススメとかは、正直ありません。
どちらも歩いて行き来出来るので、両寺の観光がおススメです。

◆西本願寺についての簡単な説明◆

西本願寺は、京都市下京区にあるお寺です。
浄土真宗本願寺派の本山になります。

文永9年(1272)に、宗祖・親鸞聖人の末娘覚信尼が京都の東山大谷に建立した廟堂が始まりです。

その後、大阪や和歌山などに寺地を移します。
現在の地へ移ったのは、天正19年(1591)の事です。

現在の場所の寺地を寄進したのは、豊臣秀吉です。
そして、慶長7年(1602)に、東西に分立しました。

御影堂と阿弥陀堂は、国宝に指定されています。
また、桃山文化を伝える唐門も国宝の建造物です。

京都の世界遺産の1つに登録されています。

-終-

◆東本願寺についての簡単な説明◆

西本願寺は、京都市下京区にあるお寺です。
真宗大谷派の本山になります。

慶長7年(1602)に、本願寺から分立。
徳川家康から寺地を寄進され、現在の地に建立しました。

御影堂は、世界の中でも最大級の木造建築です。
また、阿弥陀堂には、本尊の阿弥陀如来を安置しています。

飛地境内地の渉成園は、石川丈山による作庭です。
京都の桜の名所にして穴場で、密かに人気があります。

-終-

今回は、西本願寺と東本願寺の違いを紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

白峯神宮の地主社。ご利益は、スポーツ上達。

白峯神宮の地主社。
スポーツ上達に、ご利益があります。

◆白峯神宮の地主社についての簡単な説明◆

白峯神宮は、京都市上京区にある神社です。
崇徳天皇が祀られています。

その白峯神宮の境内に、地主社は存在しています。
地主社に祀られているのは、精大明神です。

かつて、稀代の蹴鞠の名人に藤原成通という人物がいました。
成通は、千日間、鞠を蹴り続ける願掛けをします。

その願掛けが成就した時に出現したのが精大明神です。
この事から球技上達にご利益がある神様として信仰されています。

また、球技のみならずスポーツ全般の上達を願う方からも人気です。
他にも、受験生からも密かに人気を集めています。

蹴鞠は、鞠を落としません。
その事から、試験や受験に落ちないなど縁起が良いとされています。

-終-

今回は、白峯神宮の潜龍社と笑い龍を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

ゴールデンウィーク2018。京都のオススメ観光地、厳選4選。

もうすぐゴールデンウィークですね。
平成30年(2018)のゴールデンウィークは、最大9連休になります。

あくまで最大なので、3連休+4連休の所が多いのかもしれません。
そんなゴールデンウィーク2018を、京都で過ごす方はいませんか?

今回は、GWにおススメの京都の観光スポットを紹介します。
GW中に、綺麗に見る事が出来る花があります。

それは、つつじです。
まずは京都のおすすめのつつじスポットの紹介です。

そして、GWに開催される行事やイベントも気になるかと思います。
GW中に京都で開催されるオススメの行事やイベントも掲載しました。

ゴールデンウィーク中に、京都観光を考えている方。
そんな方の何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

白峯神宮の潜龍社と笑い龍。

白峯神宮の潜龍社。
その前に、口から水を出す笑い龍がいます。

◆潜龍社についての簡単な説明◆

白峯神宮は、京都市上京区にある神社です。
崇徳天皇が祀られています。

その白峯神宮の境内に、潜龍社は存在しています。
潜龍社は、潜龍大神が祀られている社です。

御火焚祭斎行中に、潜龍大神が火炎の中から出現。
聖徳太子が御堂を建て、観音像を安置したのが始まりと伝わっています。

本堂には、本尊如意輪観音像や毘沙門天立像が安置。
水神(潜龍大神)として御宮を創建されたのが、始まりです。

毎年、11月23日には、潜龍講大祭が斎行されます。
また、潜龍井から湧き出る水は、病気平癒などにご利益があります。

-終-

今回は、白峯神宮の潜龍社と笑い龍を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

女紅場址の石碑。

丸太町通りの鴨川西南詰に、ある石碑があります。
女紅場址の石碑です。

◆女紅場についての簡単な説明◆

女紅場とは、明治初期に設置された女子教育機関の事です。
女紅場と書いて、読み方は「にょこうば」になります。

女紅場では、読み書き算盤や裁縫・手芸を教えていました。
新島八重が、京都の女紅場で織物を教えていた話は有名です。

明治5年(1872)、新英学校女紅場が開設されます。
そして、女学校を経て、京都府立京都第一高等女学校になります。

京都府立京都第一高等女学校の開設は、明治34年(1901)の事です。
そして現在は、京都府立鴨沂高等学校になりました。

丸太町通りの鴨川西南詰に「女紅場址」の碑があります。
かつて、女紅場があった事を示す石碑です。

-終-

今回は、女紅場址の石碑を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

続きを読む