京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

下鴨神社の夏越神事(矢取神事)2017。

下鴨神社は、京都市左京区にあります。
京都の世界遺産の1つの神社です。

そんな下鴨神社で、夏に行われる神事があります。
下鴨神社の夏越神事です。

別名・矢取神事とも呼ばれています。
夏越ですから、茅の輪くぐりは存在。

ただし、他の神社の夏越とは一味違います。
勇ましさが加わっているのが特徴です。

今回は、下鴨神社の夏越神事を紹介します。
少しでも何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



下鴨神社の夏越神事(矢取神事)の見所

下鴨神社の夏越神事(矢取神事)の概要

下鴨神社の夏越神事は、一年の厄を払い、無病息災を祈願する神事。
今年の開催日程は、平成29年(2017)8月6日。

時間は、18時30分から。
誰でも無料で見学する事が可能です。

f:id:sarunokinobori:20160615200409j:plain
下鴨神社の末社・井上社の前にある御手洗池。
その池の真ん中に、斎串(いぐし)を立てられます。

この斎串を手にした者は、開運・長寿のご利益が授かると伝えられています。
下鴨神社の夏越神事では、氏子男子による斎串の争奪が行われるのです。

奉納された厄除けの人形が流されるのがスタートの合図。
池周辺の氏子男子が、斎串めがけてまっしぐら。

男達による壮絶な奪い合いが始まります。
そして、池に立てられた斎串が全て抜かれると終了。

その間、約1分。
あっという間に終わるので、瞬き厳禁で見学しましょう。

斎串は、見た目が矢に見えます。
その事から、矢取神事とも呼ばれるようになりました。

気になるのが、斎串は氏子男子しか入手出来ないのか?という事です。
そのような事はありません。

参拝者用に小さな斎串が作られています。
小さいからと言ってご利益に変化なし。

小さな斎串の料金は、500円。
気になる方は、ぜひ手に入れて帰って下さい。

また、夏越神事なので、茅の輪も設置されています。
茅の輪をくぐって、無病息災の祈願もして下さいね。

下鴨神社の駐車場

下鴨神社には、参拝者駐車場が存在しています。
下鴨神社西駐車場は、普通車約150台駐車可能で24時間営業。

料金は、基本30分毎に200円。
ただし、お正月や大文字などの特別な日は1時間500円となります。

車で参拝を考えている方。
ご注意ください。

下鴨神社へのアクセス

まずは、京都駅からの行き方です。
バスターミナルから市バス4番・205番に乗車、下鴨神社前で下車。

地下鉄北大路駅からでも、同じく市バス4番・205番に乗車して下さい。

京阪電車・叡山電車の出町柳駅からだと、徒歩で約10分。
糺の森までだと、5分くらいで到着します。

f:id:sarunokinobori:20150216143842j:plain
(周辺地図)