読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

法観寺(八坂の塔)の紅葉2016、見頃や現在の状況。

法観寺は、京都市東山区にあります。
五重塔がシンボルな事から八坂の塔も呼ばれるお寺です。

その五重塔周辺で紅葉が楽しめます。
拝観料金が必要なお寺なのですが、入る必要はありません。

紅葉を楽しむだけなら、むしろ外から見て下さい。
五重塔と紅葉と町並みを、同時に見る事が出来ます。

その時の様子を、撮影しました。
写真は、下記に掲載しています。

もちろん、中に入って、五重塔内部を楽しむのもありです。
二層目には窓があり、東山の風景を満喫する事が出来ますよ。

今回は、そんな法観寺(八坂の塔)の見ごろや色づき具合の紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



法観寺(八坂の塔)の色づき具合

法観寺(八坂の塔)の紅葉

法観寺の紅葉は、五重塔周辺で楽しむ事が可能です。
五重塔を彩る紅葉は、なかなか趣がありますよ。

例年の法観寺の紅葉の色づき始めが、11月上旬。
そして、見頃が11月中旬頃となっています。

京都の紅葉の名所ではありません。
ただ、京都観光の人気スポット。

そのため、観光客は多いです。。
法観寺周辺の道は、絶えず人が通っています。

人を入れずに撮影するには、ある程度の待つ心が必要です。
時間がある方は、人がいなくなった瞬間に撮影して下さい。

法観寺の拝観料金は、大人400円。
小学生以下は、拝観不可です。

法観寺(八坂の塔)の紅葉の観賞場所や撮影スポット

法観寺(八坂の塔)の紅葉の観賞場所や撮影スポットの紹介です。

五重塔周辺

法観寺の五重塔周辺で、紅葉を楽しむ事が出来ます。

五重塔へ近づいたり遠ざかったり。
あるいは、東から見たり西から見たり。

様々な角度から五重塔を楽しんで下さい。

法観寺(八坂の塔)の紅葉の写真

法観寺(八坂の塔)の紅葉を写真で紹介します。

f:id:sarunokinobori:20161107211620j:plain
法観寺を撮影する時の定番の構図です。
五重塔の二層付近に、紅葉した木があります。

人が写っていない方が、見栄えは良いのですが……。
東山でも人気がある場所だけあって、常に人が通っています。

写真の人がいる位置あたりで、記念写真を撮っている人が多いです。

f:id:sarunokinobori:20161107211631j:plain
人が入らないように、カメラを少し上に向けて撮影しました。

f:id:sarunokinobori:20161107211640j:plain
さらに五重塔へ近づいての撮影です。
近づけば近づく程、観光客を入れずに撮影する事が出来ます。

ただ、見上げる角度が急になるのが難点。
個人的には、引いて町並みと一緒に見る五重塔の方が好きです。

f:id:sarunokinobori:20161107211650j:plain
横で撮ってみました。

f:id:sarunokinobori:20161107211708j:plain
五重塔を西側に置いて撮影。

f:id:sarunokinobori:20161107211718j:plain
写真の手前の道に立って撮影すると、京都旅行の良い記念写真になると思います。
この辺りは、着物で撮影している方も多いです。

f:id:sarunokinobori:20161107211726j:plain
紅葉の写真ではないのですが、夏蜜柑と一緒に五重塔が撮影出来ます。

この時期の東山を訪れる方は、立ち寄ってみて下さい。
良い記念写真が撮影出来ると思いますよ。

-平成28年(2016)11月4日撮影-

法観寺(八坂の塔)の見頃の時期と状況

今年の法観寺の紅葉の見ごろや色づき具合を紹介します。

平成28年(2016)
平成28年(2016)10月25日:まだまだ。
平成28年(2016)11月4日:順調に色づいています。

法観寺(八坂の塔)の駐車場

法観寺には、駐車場がありません。
公共交通機関を利用して下さい。

法観寺(八坂の塔)へのアクセス

法観寺(八坂の塔)への行き方です。

市バス206系統に乗車。
清水道の停留所で下車。

そこから、徒歩5分程で到着します。

f:id:sarunokinobori:20161107211900j:plain
(周辺地図)

京都の紅葉の名所
京都の紅葉、見頃や時期。名所や穴場も掲載。