京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

閑院宮邸のあやめ。

京都御苑内には、いくつか建物があります。
閑院宮邸跡も、その中の1つです。

邸内や庭園が、無料で見学可能。
また、庭園にはあやめが咲いていて楽しめます。

◆閑院宮邸についての簡単な説明◆

閑院宮邸は、京都御苑内にあります。
閑院宮家の屋敷跡です。

見宮家、宮家、有栖川宮家、そして閑院宮家。
この四家が、江戸時代の四親王家です。

閑院宮は、東山天皇の皇子直仁親王を始祖として創立されました。
屋敷は、御苑の南西部に建てられます。

創建当初の建物は、天明の大火(1788年)に焼失しました。
しかし屋敷は、その後に再建されます。

現在の建物とその再建された建物との詳しい関係は、判明していません。

閑院宮は、明治10年に東京へと移ります。
それにともない閑院宮邸は、邸宅ではなくなります。

華族会館や裁判所に、利用されました。
現在の建物になったのは、明治16年の事です。

現在は、京都御苑の自然と歴史についての写真・絵図・展示品・解説を備えた収納展示室となっています。

建物や庭園は、無料で見学可能です。

-終-

今回は、閑院宮邸のあやめを紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

霊源院の甘茶の庭。甘露庭特別公開。

霊源院で、枯れ山水庭園「甘露庭」が公開されています。
期間限定の特別公開です。

◆霊源院についての簡単な説明◆

霊源院は、建仁寺の塔頭になります。
甘茶の寺とも呼ばれるお寺です。

初夏には、甘茶が咲き境内を彩ります
この事から、甘茶の寺と呼ばれるようになりました。

霊源院は、通常は非公開のお寺です。
しかし、初夏の甘茶の時期だけ、「甘露庭」が公開されます。

創建は、室町時代です。
龍山徳見和尚を勧請開山として建てられました。

創建当初は、霊泉院と呼ばれます。
その後、霊泉院の瑞巌竜惺和尚の軒号「霊源」に因んで、霊源院とされました。

-終-

今回は、そんな霊源院の甘露庭特別公開を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

閑院宮邸の床みどり。

京都御苑内にある閑院宮邸跡。
その邸内で、床みどりが楽しめるのをご存知ですか。

邸内に「床に映える青モミジをお楽しみ下さい」という案内版が置かれていたので、私も知る事が出来ました。

◆閑院宮邸についての簡単な説明◆

閑院宮邸は、京都御苑内に建物です。
閑院宮家の屋敷跡になります。

見宮家、宮家、有栖川宮家、そして閑院宮家。
この4家は、江戸時代の四親王家に数えられます。

閑院宮は、東山天皇の皇子直仁親王を始祖として創立された家柄です。
屋敷は、御苑の南西部に建てられました。

創建時の建物は、天明の大火にて焼失します。
しかし屋敷は、その後に再建されました。

現在の建物と再建された建物との詳しい関係は、まだ分っていません。

閑院宮は、東京遷都に伴い、東京へと移ります。
それにともない閑院宮邸は、華族会館などに利用されました。

現在は、京都御苑の自然と歴史についての写真・絵図・展示品・解説を備えた収納展示室となっています。

建物や庭園は、無料で見学可能です。

※1週間ほど入院します。
これ以降の投稿は、退院するまで予約投稿となります。
退院後、この※は削除予定です。

-終-

今回は、閑院宮邸跡の床みどりを紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

閑院宮邸跡の新緑2018。

京都御苑内の閑院宮邸跡を、見学しました。
その時に、建物内と外(庭園)から新緑を楽しみました。

◆閑院宮邸についての簡単な説明◆

閑院宮邸は、京都御苑内にあります。
閑院宮家の屋敷跡です。

閑院宮は、江戸時代の四親王家の1つに数えれました。
見宮家、宮家、有栖川宮家、そして閑院宮家です。

閑院宮は、東山天皇の皇子直仁親王を始祖として創立されます。
そして、御苑の南西部に屋敷を構えました。

かつての建物は、1788年の天明の大火にて焼失します。
その後、再建されました。

しかし、再建された建物と現在の建物との詳しい関係は、謎のままです。

閑院宮は、東京遷都に伴い、東京へと移ります。
そして残った閑院宮邸は、裁判所などとして利用されました。

現在は、京都御苑の自然と歴史についての写真・絵図・展示品・解説を備えた収納展示室となっています。

庭園や建物は、入館無料で見学可能です。

-終-

今回は、閑院宮邸跡の新緑を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

閑院宮邸跡のさつき2018。

京都御苑には、様々な建物が存在しています
閑院宮邸跡も、その中の1つです。

閑院宮邸跡の前には、さつきが咲いていました。

◆閑院宮邸についての簡単な説明◆

閑院宮邸は、京都御苑内にあります。
閑院宮家の屋敷跡です。

閑院宮は、江戸時代の四親王家の1つです。
他の3つは、見宮家、宮家、有栖川宮家となります。

東山天皇の皇子直仁親王を始祖として、創立されました。
そして、御苑の南西部に屋敷を構えます。

建物は、1788年の天明の大火にて焼失。
その後、再建されます。

しかし、再建された建物と現在の建物との詳しい関係は、謎となっています。

閑院宮は、東京遷都に伴い、東京へと移ります。
そして残った閑院宮邸は、裁判所などとして利用されました。

現在は、京都御苑の自然と歴史についての写真・絵図・展示品・解説を備えた収納展示室となっています。

庭園や建物は、入館無料で見学可能です。

-終-

今回は、閑院宮邸跡のさつきを紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む