京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

梅宮大社の睡蓮2017、見頃や開花情報。

梅宮大社は、京都市右京区にある神社です。
祭神として、酒解神・大若子神・小若子神・酒解子神が祀られています。

祭神の名から分かる通り、酒造にご利益がある神社です。
そのため、お酒に関係する方々が、多く参拝します。

また、檀林皇后が石(またげ石)をまたいだ所、皇子を授かったがある事から、子授け・安産にもご利益があります。

そんな梅宮大社には、神苑が存在。
四季折々の風景が楽しめる庭として、人気です。

拝観料は、大人500円、小人300円。
初夏の今の時期だと、睡蓮を観賞する事が出来ます。

【スポンサーリンク】



梅宮大社のスイレンの開花状況

梅宮大社の睡蓮(スイレン)

梅宮大社の睡蓮は、神苑の池に浮かぶように咲いています。
スイレンが咲く池は、東神苑の咲耶池と北神苑の勾玉池です。

f:id:sarunokinobori:20150512174457j:plain
見頃の時期は、5月中旬から8月中旬。
睡蓮らしく長く楽しめるのが特徴です。

また、この期間に神苑咲く他の植物とのコラボも魅力の1つ。
つつじ・杜若・花菖蒲・アジサイなどの一緒に見る事が可能です。

さすがに、梅と一緒に見る事は出来ません。

梅宮大社の睡蓮の見ごろや開花状況

今年の梅宮大社の睡蓮の開花情報です。

平成29年(2017)
平成29年(2017)5月:-。

過去の梅宮大社の睡蓮の開花状況

過去の梅宮大社の睡蓮の開花情報です。

平成27年(2015)
平成27年(2015)5月8日:咲耶池と勾玉池で睡蓮が咲き始め。
平成27年(2015)5月12日:変わらず咲いています。
平成27年(2015)5月20日:見頃です。
平成27年(2015)6月15日:見頃継続中。

平成28年(2016)
平成28年(2016)5月15日:見頃です。
平成28年(2016)6月18日:見頃継続中。

梅宮大社の駐車場

約10台ほど駐車できる駐車場を完備しています。
料金は無料です。

車で行かれる方は。
念のため、神社側に駐車場の有無を確認してからお出かけ下さい。

梅宮大社までのアクセス

梅宮大社への行き方です。

京都駅から市バス28・71系統に乗車、梅ノ宮神宮前で下車してすぐ。
阪急電車嵐山線の松尾大社駅で下車、徒歩10分程で到着します。

京都駅からタクシーで行くと、約30分ほどで到着します。
タクシー料金は、約2,500円です。

詳しいアクセス方法は、こちらとなります。
梅宮大社へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20150204161118j:plain
(周辺地図)