読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

宇治川鵜飼2016、食事は可能。予約は必要。駐車場は?

京都府宇治市を流れる宇治川。
この川の夏の風物詩と言えば、宇治川鵜飼です。

鵜飼とは、鵜を使って鮎などを獲る漁法の事。
鵜匠が絶妙は技術で鵜をコントロールして、アユを捕獲します。

歴史は古く、昔からある伝統的な漁法です。
宇治川の鵜飼は、平安時代から存在したと伝えられています。

伝統はあるのですが、現在では鵜飼だけで伝統を継続するのは難しい状況。
観光と結びついて、初めて成り立っている側面があります。

技の素晴らしさでお客を集める事から、芸能に近いのではないでしょうか。

もちろん、宇治川の鵜飼も観光と結びついています。
貸切船や乗合船の乗るのも、それなりの料金が必要です。
しかし、鵜匠と鵜の絶妙な技が堪能できるので、見る価値は十分あります。

【スポンサーリンク】



宇治川の鵜飼は、夏の風物詩

宇治川の鵜飼の概要

毎年夏に行われる宇治川の鵜飼。
今年の開催期間は、平成28年(2016)7月1日から9月30日まで。

観賞するには、2つの方法があります。
貸切船で観賞する方法と乗合船で観賞する方法です。

貸切船
貸切船の場合、事前予約が必要となります。
料金は、10人乗が27,500円、15人乗が41,250円。20人乗が55,000円。

乗合船と比べると、1人分の料金は若干高くなります。
しかし、必ず乗る事が可能です。
また、料理の手配も出来るので、飲食しながら鵜飼を楽しめます。

乗合船
一方乗合船の場合は、予約の必要はありません。
料金は、大人2,000円、小学生1,000円。

貸切船よりも安いですが、当日のチケットが購入出来ないと乗る事が出来ません。
特に土曜・日曜・休日は、乗合船が満席になる事が多々あります。
乗れない可能性が出てきますので、ご注意ください。

ちなみに、飲食は不可です。

人数が集まれば、確実に乗る事が出来る貸切船の方がオススメですよ。

場所は、宇治川・塔ノ島の喜撰橋周辺です。

船の予約先は、こちら。
f:id:sarunokinobori:20150611001951j:plain

宇治川の鵜飼の特徴

鵜飼を行っている地域は、全国にいくつか存在しています。
その中で、宇治川の鵜飼の特徴は、女性の鵜匠が2人いる事ではないでしょうか。

f:id:sarunokinobori:20150611001431j:plain
(宇治川の鵜飼のパンフレットより)

松明の明かりが灯る夕暮れ宇治川で、風折烏帽子に腰みの姿の鵜匠が6羽の鵜を巧みに操り、素晴らしい技を披露してくれますよ。

宇治川鵜飼の駐車場

車でお越しの方は、宇治川周辺の駐車場を利用する事になります。
宇治駐車場が、一番近くアクセスしやすいのではないでしょうか。

宇治川・塔ノ島へのアクセス

宇治川・塔ノ島への行き方です。

JR・京阪宇治駅で下車、徒歩約8分~12分。

f:id:sarunokinobori:20150611001422j:plain
(周辺地図)