読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

豊国神社の桜。見頃や開花状況。

豊国神社を訪れて、桜の花を見てきました。
その時の写真は、「豊国神社の桜」に掲載しています。

豊国神社は、京都市東山区にあるお寺です。
祭神として、豊臣秀吉を祀っています。

境内は、無料で散策可能です。
ただし、宝物殿に入る場合は、拝観料金が必要となります。

宝物殿の拝観料金は、大人300円。
大学生と高校生が200円、小中学生が100円です。

豊国神社は、京都の桜の名所という訳でありません。
しかし、珍しい桜が唐門の前に植えられています。

その桜は、蜂須賀桜です。
蜂須賀桜は、江戸時代まで徳島城御殿にありました。

蜂須賀家が徳島藩を治めていた事から、蜂須賀桜と名付けられます。
蜂須賀家が豊臣秀吉に仕えていた縁で、豊国神社へ植えられました。

今回は、そんな豊国神社の桜を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

【スポンサーリンク】



豊国神社の満開の桜

豊国神社の桜

智積院で、満開の桜を鑑賞(※)。
その次に向かった先は、豊国神社です。

(※智積院の桜の写真は、こちらに掲載しています。
智積院の桜。見頃や開花状況。

f:id:sarunokinobori:20170418220728j:plain
智積院から歩く事、約5分。
豊国神社に、到着です。

f:id:sarunokinobori:20170418220802j:plain
鳥居の両端の桜は、見頃を迎えていました。
開花状況は、満開です。

f:id:sarunokinobori:20170418220808j:plain
満開で、見応えがありました。

f:id:sarunokinobori:20170418220816j:plain
参道を歩いて、唐門へと向かいます。
普段は、唐門より先に進む事が出来ません。

正月の三が日のみ、唐門をくぐって本殿前で参詣出来ます。
そのため、唐門の前で手を合わせました。

f:id:sarunokinobori:20170418220823j:plain
豊国神社の唐門前には、蜂須賀桜が植えられています。
この桜が、蜂須賀桜と思ったのですが……。

帰って調べてみると、違いました。

蜂須賀桜は、唐門の北側。
この桜の向かい側に、植えられているみたいです。

確か、既に花が散っている桜があったような……。
あの桜の木がそうだったのかも、しれません。

来年訪れる機会あれば、撮影したいと思います。

f:id:sarunokinobori:20170418220831j:plain
豊国神社の北側にある稲荷大明神。
ここにも、桜の木が植えられています。

蜂須賀桜は残念でしたが、他の満開の桜を見る事出来て大満足。
豊国神社を後にしました。

次に向かったのは、豊国神社の正面。
耳塚公園と耳塚です。

豊国神社の駐車場

豊国神社は、無料の駐車場を完備しています。
自家用車15台分を止める事が可能です。

豊国神社へ車で参拝を考えている方。
利用を検討してはいかがでしょうか。

豊国神社へのアクセス

豊国神社への行き方です。

JR京都駅から、市バスに乗車。
博物館三十三間堂前で下車、徒歩5分ほどで到着。

詳しいアクセス方法は、こちらを参照して下さい。
豊国神社へのアクセス。京都駅からの行き方。

写真付きで紹介しています。

f:id:sarunokinobori:20160810205805j:plain
(周辺地図)

京都の桜の名所
京都の桜。見ごろや開花時期。名所や穴場も掲載。

豊国神社の関連情報
豊国神社の御朱印と御朱印帳。
豊国神社の唐門。鯉の滝登りで立身出世。

豊国神社の祭事・行事
豊国神社の初詣。唐門をくぐり本殿前で祈願。

豊国神社の四季
豊国神社の雪、白い境内を散策。